【弥生賞2016】出走予定馬と一週前追い切り評価

yayoisyou01

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

弥生賞2016の出走予定馬と一週前追い切り評価をお届けします。

弥生賞は日曜中山11R、芝2000m内回りの3歳G2です。

デビュー2戦目で朝日杯フューチュリティステークスを勝利して2歳王者になったリオンディーズがココに登場。前走後はノーザンファームしがらきに放牧に出されていました。

その朝日杯で1番人気に支持されるもリオンディーズに差されて2着に敗れたエアスピネルも出走予定。こちらは社台の山元トレーニングセンターに放牧に出されていました。

他にも父ディープインパクトと同じデビュー2戦目で若駒ステークスを勝った2戦2勝馬マカヒキなども出走予定です(*´ω`)

リオンディーズなど13頭がエントリー

全頭出走可能です。騎手は想定です。

馬 名 斤 量 騎 手
リオンディーズ 56.0 ミルコ
エアスピネル 56.0 武豊
アドマイヤエイカン 56.0 未 定
マカヒキ 56.0 ルメール
タイセイサミット 56.0 内田博幸
イマジンザット 56.0 未 定
ヴィガーエッジ 56.0 横山典弘
エディクト 56.0 大野拓弥
ケンホファヴァルト 56.0 未 定
シャララ 54.0 江田照男
プレイヤーサムソン 56.0 未 定
モウカッテル 56.0 未 定
モーゼス 56.0 蛯名正義

一週前追い切り評価

S:時計も調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 一週前は映像提供がないので某専門誌の時計を参考にしています。

リオンディーズ 評価:B

2/24(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 5F68.3-53.0-38.9-11.9 】(9)

※ リオンディーズのみ映像提供がありました。

CW単走。馬場の大外を周回して直線は馬なりのまま徐々に加速。ゴール直前で出されたゴーサインにもしっかり反応して馬なりのまま終い好時計を出しました。エンジンがかかってからの伸び脚はよく、バランスの取れた走りができています。

前走朝日杯フューチュリティステークス1着から約二か月、ノーザンファームしがらきから2/10(水)に帰厩して4本の時計を出しています。乗り込み量はまずまずです。

二週前はCW馬なり馬場の大外で【 5F71.2-39.7-12.1 】の終い好時計。一週前は二週前を上回る終い好時計。ただ一週前のほうが時計が出やすい馬場状態ではありました。この中間は大外周回で時計を出しているのは好印象も、ビッシリと負荷をかける追い切りはやっていないのでトライアル仕様の調整といった感じもします。もっとも動きはいいので状態はなかなかよさそうです。

最終追い切りは前走時がCWG前仕掛け馬場の八分目で【 6F83.1-39.9-12.4 】だったので、これを上回る後半好ラップを見せてほしいですね。

エアスピネル 評価:A

2/24(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 50.8-37.2-24.3-12.0 】

前走朝日杯フューチュリティステークス2着から約二か月、山元トレーニングセンターから2/4(木)に帰厩して6本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前はハロー明けの時間帯に栗坂馬なりで【 52.2-25.4-12.7 】のなかなかの好時計。一週前もハロー明けの時間帯に栗坂一杯で自己ベストタイの好時計、併せ馬で0.6秒追走して0.3秒先着しました。2走前の休み明け中8週デイリー杯2歳ステークス1着時の一週前も栗坂一杯で【 50.8-24.5-12.2 】の自己最速時計を出していて、今回も同等の時計が出ているので順調だと思います。

最終は過去3戦と同じく栗坂馬なり併せ馬だと思うので、前走時の【 52.3-24.4-12.1 】や2走前の【 52.0-25.0-12.1 】ぐらいの時計でキッチリ先着なら仕上がり良好と言えるでしょうね。

タイセイサミット 評価:B

2/24(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 54.4-39.0-24.8-12.1 】

前走寒竹賞500万下1着から中6週、グリーンウッドトレーニングから2/13(土)に帰厩して3本の時計を出しています。乗り込み量はまずまずです。

二週前はハロー明けの時間帯に栗坂馬なりで【 53.9-26.3-12.8 】のまずまずな時計。併せ馬で1.3秒先行してクビ差遅れました。一週前は開門後の時間帯に栗坂強めで終い好時計。併せ馬で0.6秒先行して0.2秒先着しました。今のところ栗坂で全体好時計が出る馬ではなく、一週前の終い好時計はなかなかいいと思うので悪くないこの中間です。

最終も強めないし一杯に追ってくることが多く、今回は放牧明けでもありますので、最終は過去最高級によかった2走前の栗坂一杯【 52.8-24.5-12.3 】ぐらいは出してほしいですね。

A ⇒ (マカヒキでした) 評価:A

2/24(水) 栗東CW (良) 強め

【 7F97.4-82.5-66.7-52.5-38.6-12.0 】(4)

前走から中4週で4本の時計を出しています。前走後も在厩で調整を続けているので乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前は馬場が荒れ出した時間帯に栗坂馬なりで【 51.1-25.0-12.8 】の好時計。自己ベストをサクッと2.0秒更新しました。一週前は馬場の四分目とはいえCW強めで長めからなかなかの好時計。併せ馬で1.2秒追走して1.3秒先着しました。休み明けの前走時の一週前はCW末一杯馬場の三分目で【 6F80.0-37.7-12.0 】と更に上の時計を出していましたけど、叩き2戦目なので前走時ほどの強い負荷をかける必要はないでしょうし、二週前の栗坂51.1は着実にレベルアップを感じる好時計なのでいいと思います。

これまでのところ最終はゆるゆるの時計を出してくることが多く、前走時が栗坂馬なりで【 58.8-28.2-13.6 】、2走前がCW馬なり馬場の四分目で【 6F89.5-42.0-13.8 】、どちらもド平凡な時計でした。今回も一週前や二週前以上の速い時計が必要とは思いませんけど、相手は強化されますので、抜かりない仕上げ、過去2戦の最終は上回ってほしいですね。

ヴィガーエッジ 評価:B

2/24(水) 美浦南W (稍重) 一杯

【 5F68.2-53.5-39.8-13.5 】(7)

前走未勝利戦1着から中5週、放牧を挟んで4本の時計を出しています。普段から本数少なめの馬、乗り込み量は問題ないです。

二週前は南W強め馬場の大外で【 5F70.9-41.8-13.4 】のボチボチな時計。併せ馬で1.2秒先行して0.2秒遅れました。一週前は南W一杯馬場の七分目でまずまずの時計。併せ馬で0.8秒追走して0.1秒先着しました。まだウッドチップでは時計が出ない馬、一週前の南W5F68.2は一週前限定では過去最高級の時計なので悪くはないです。

最終は前走時が南W一杯馬場の七分目で【 5F68.2-38.8-13.3 】だったので、これを上回る後半好ラップを出してほしいですね。

モウカッテル 評価:C

2/26(金) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 52.8-38.8-25.2-12.5 】

前走きさらぎ賞6着から中2週でこれが1本目の時計です。前走は連闘だったので、連闘後の中2週で1本なら悪くないです。

一週前は開門直後の時間帯に栗坂馬なりでまずまずの時計、併せ馬で0.7秒先行してクビ差先着という内容。この馬は毎度のようにビシッと攻めて栗坂51秒台の全体好時計を出してくるので、時計的にはやや物足りずな印象です。まあ使い詰めで間隔が詰まっているので最終追い切り次第だと思います。

最終は栗坂で51秒台、ラスト2F24秒台が出れば好調と言えるでしょうね。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

・エアスピネル

A ⇒ マカヒキ(1着)でした

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・リオンディーズ

・タイセイサミット

・ヴィガーエッジ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・モウカッテル

一週前の時点で時計を出していない馬が何頭かいますので、なんだか少頭数になりそうな予感。強い馬もいますしね。

リオンディーズはビッシリ感はありませんけど、しがらき帰りで動きもいいので前走と同等ぐらいの状態で出走してくるのではないでしょうか。

エアスピネルは意欲的に攻めて好時計が出ているので今回もよさそうです。

人気ブログランキングのAもレベルアップを感じる好時計が出ているので好感度大ですね(*´ω`)

以上、弥生賞2016の出走予定馬と一週前追い切り評価でしたー。

【 追記:3/5(土) 】

弥生賞の最終追い切り評価更新しましたー。

【弥生賞2016】最終追い切り・調教評価【リオンディーズ】

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です