ターコイズステークス2015の最終追い切り・調教評価

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

ターコイズステークス2015の最終追い切り・調教評価をお届けします。

上位人気に支持されそうな中ではカフェブリリアントがWコースで終い好時計。馬体重の維持に悩まされているキャットコインもダートコースで好時計を出していましたー。ディープジュエリーあたりも地味によさそうな感じです(*´ω`)

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

カフェブリリアント 評価:B

12/16(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F55.4-39.9-12.1 】

Wコース単走。コーナーでは行きたがって折り合いを欠く仕草を見せるも、直線でまともに走らせてからは動きが一変。大きなフットワークで軽快に伸びていきました。伸び脚十分で終い好時計です。

強い稽古はあまりやらない堀厩舎、この中間は内容は軽めでも乗り込み量は豊富です。この最終追い切りを見る限り状態はよさそうです。折り合いに問題のある馬で行きたがる素振りを見せていましたけど、そこに目を瞑ればA評価にしてもいいぐらいです。

キャットコイン 評価:B

12/16(水) 美浦北C (良) 馬なり

【 5F66.3-51.3-38.2-12.3 】

美北C(ダートコース)2頭併せ。僚馬の内を0.8秒追走して0.2秒先着。直線で馬体を並べてからの反応がよく、スッと加速してそのまま1馬身ほど先着しました。ダートコースでなかなかの好時計です。

この馬は神経質なステゴ産駒、毎回毎回馬体重の維持に陣営は手を焼いていますよね。トレセンに長く滞在すると馬体重が減ってしまうとのことで、今回は放牧先から帰厩→早めにレースに出走させるというプランの模様。そのためダートコースで2本の時計だけでの出走になります。

映像を観る限り動きはなかなかよさそうで、明らかにガレていたオークス時の追い切り映像と見比べると少しは馬体が戻っているようにも見えます。といってもまだまだ細く標準の馬体には見えませんね…。せめてクイーンカップ勝利時の440キロ程度あるといいですけど、どうでしょうか。

レッドリヴェール 評価:C

12/16(水) 栗東芝 (稍重) 末強め

【 6F78.3-62.8-49.4-36.8-12.8 】

芝コース2頭併せ。同じくターコイズステークスに出走予定のオツウとの併せ馬で、2頭ゆったりと走って直線へ。先に仕掛けたオツウが頭差ほど前に出て、遅れて仕掛けたレッドリヴェールがジワッと加速して横に並んだところがゴール板。そのまま前に出ました。

前走マイルチャンピオンシップは結果こそ伴いませんでしたけど最終栗坂馬なりで【 51.7-24.3-12.3 】の好時計を出していたように好調だったと思い、それと比べるとこの中間の時計は普通な感じです。一週前の栗坂強め【 54.3-24.7-12.3 】は終い好時計で悪くないですけど、この最終はそれほど反応がいいわけでもないので、良くも悪くも普段通りのレッドリヴェールといった印象です。

オツウ 評価:C

12/16(水) 栗東芝 (稍重) 強め

【 6F78.3-62.8-49.4-36.8-12.8 】

芝コース2頭併せ。レッドリヴェールとの併せ馬。肩にステッキを入れて追い出されるも、ピッチをあげきることができずにレッドリヴェールに盛り返されてラストは同入。その後に交わされました。

前走から中2週で3本の時計を出しているのは元気がある証拠でいいと思い、一週前の栗坂馬なり【 54.1-24.5-12.1 】も終い好時計でいいと思います。ただこの最終はそれほど目立った動きではないのが残念なところ…。もう少しピリッとしたところがあればと思います。

ディープジュエリー 評価:B

12/16(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F55.1-40.1-12.5 】

Wコース2頭併せ。僚馬の内を同入。2頭並んでコーナーを深く回り、直線も馬体を併せて馬なりのまま競り合いに。ディープジュエリーが頭差ほど前に出たところで相手が強めに追い出しを開始、ジワジワ差を詰められリードがなくなったところがゴール板でした。全体時計は平凡ですけど直線は馬なりのまま抜かれそうで抜かれない好内容で、伸び脚もよく終い重点好ラップです。

この中間はプールを多く取り入れていて、乗り込み量もこの馬比較で豊富です。派手な時計はないけどそれは今までも同じことで、地味ながら立て直しを図るためにやるべきことをやっている感じです。これなら巻き返しがあってもよさそうです。

ノボリディアーナ 評価:B

12/16(水) 栗東坂路 (稍重) 馬なり

【 55.1-40.1-26.2-13.0 】

栗坂単走。軽く流す程度の内容で、一定のリズムで淡々と走り。馬場が荒れた時間帯に負けないだけの力強さがあり、軽めながらもまずまずよさそうな印象です。

一週前の栗坂一杯【 54.8-24.3-12.0 】は終い好時計。一週前にしっかりやって最終で流す程度は近走でよくあるパターンで、それで2走前府中牝馬ステークスを勝っているのだから今回もそれに近い形です。乗り込み量も問題なく軽めでもしっかりとした脚取りで走れているので、これなら好走があってもと思います。

C ⇒ (カレンケカリーナでした) 評価:A

12/16(水) 栗東坂路 (稍重) 末強め

【 55.4-39.7-24.9-12.1 】

栗坂単走。馬の多い時間帯。表記は末強めでも軽く追われた程度です。終盤に鞍上に促されてしっかり加速。他の馬たちを気にすることもなく、黙々と走って他厩舎の馬を1頭追い抜いてゴール。終い重点で終い好時計を出しました。

一週前の栗坂一杯【 51.5-24.8-12.5 】は自己最速時計で、最終はラスト1F12.1の終い好時計。2走前に勝利したときにも好時計を出していて、今回もそれと同じような好時計が出せているので好調だと思います。グッドです(*´ω`)

アルマディヴァン 評価:B

12/16(水) 美浦坂路 (良) 一杯

【 59.3-41.9-27.6-14.3 】

美坂2頭併せ。僚馬を0.7秒追走して0.1秒遅れ。先導する相手を目標に一杯に追われる内容も、徐々に失速して頼りない脚取りに。相手は馬なりのままアルマディヴァンの走りに付き合って待ってくれましたけど、結局は並ぶことはできずにクビ差ほど遅れました。

一週前は美坂末強めで【 54.9-25.4-12.7 】の好時計。この日の2番時計を出しました。最終はバテて失速…。一週間でこうも変わるのかと思いますけど、これは一週前はハロー明け直後の時間帯に好時計。最終は馬場が荒れた時間帯に失速なので、馬場差によるところが大きいと思います。一週前には時計が出やすい時間帯とはいえ2番時計が出せているので、叩き2戦目の上積みはあると思います。もっとも最終は荒れ馬場に苦戦してバテバテになったので、オーバーワークにならないかちょっと心配ではあります。

シングウィズジョイ 評価:C

12/16(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 54.6-39.7-25.4-12.5 】

栗坂単走。馬場の左ラチ沿いを馬なりのまま淡々と。やや活気がない印象も、まずまずの脚取りで走り終えました。

この中間は乗り込み量はまずまずで一週前のWコース馬なり【 6F86.6-38.7-11.9 】は終い好時計で好印象も、これまでの稽古で必ず1本はあったWコースor坂路の全体好時計が1本もないのは気になるところ。一週前以外の時計はどれも平凡で、調教パターンを負荷をかけないものに変えてきたのか物足りない時計ばかりです。約二ヶ月ぶりの出走でこれでは強調材料に欠けます。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
C ⇒ カレンケカリーナ(10着)でした。

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
カフェブリリアント
キャットコイン
ディープジュエリー
ノボリディアーナ
アルマディヴァン

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
レッドリヴェール
オツウ
シングウィズジョイ

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのCです。このメンバーで中間の時計が目立っていたのはこの馬ですね。一週前に坂路で自己最速時計、最終も終い好時計で状態はよさそうです(*´ω`)

以上、ターコイズステークス2015の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です