【チューリップ賞2016】最終追い切り・調教評価

tulip02

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

チューリップ賞2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

シンハライトは栗坂でなかなかの好時計…も、トライアル仕様の仕上げといった感じです。

レッドアヴァンセは栗坂で軽く流す程度。控えめな追い切りでした。

ウインファビラスは南Wでなかなかの好時計…も、内容的には軽めです。

ブランボヌールは栗坂でなかなかの好時計。荒れ馬場に負けない力強い走りを見せました。

評価基準

S:時計も動きも調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

シンハライト 評価:B

3/2(水) 栗東坂路 (重) 末強め

【 52.9-38.4-24.8-12.4 】

栗坂2頭併せ。ゴール前で軽く仕掛けられて併走馬を突き放し、2馬身ほど先着しました。脚元の力強さは併走馬にやや劣るものの、2馬身先着なので悪くない内容です。

前走紅梅ステークス1着から中6週、ノーザンファームしがらきから2/10(水)に帰厩して3本の時計を出しています。約三か月ぶり前走時とほぼ同等の乗り込み量でしがらき帰りなので問題ないと思います。

一週前は栗坂一杯で【 53.9-25.8-12.7 】、終い重点でまずまずの時計を出しました。最終はこの馬比較でなかなかの好時計。緩い仕上げだった前走時よりは時計が出ているので今回のほうがよさそうな印象も、ビッシリ攻めて仕上げてきた感じもそれほどなく…。多少は余力残し、トライアル仕様の仕上がりだと思います。

レッドアヴァンセ 評価:B

3/2(水) 栗東坂路 (重) 馬なり

【 55.3-40.6-26.2-12.6 】

栗坂2頭併せ。終始手綱を抑えた控えめな内容も、集中力を保った走りで終盤に余裕で抜け出し半馬身ほど先着しました。気合いが程よくのって安定感のある走りができているのでなかなかよさそうな印象です。ただ軽く流す程度なので時計は平凡です。

前走エルフィンステークス1着から中3週で4本の時計を出しています。中3週前走時とほぼ同等の乗り込み量なので問題ないと思います。

一週前は栗坂馬なりで【 52.8-25.1-12.6 】のなかなかの好時計も、最終はまともな時計を出しませんでした。使い詰めでも前走時の最終はしっかりめの時計を出していたので、今回はやや余力残しの仕上げをしてきた感があります。もっとも動きはいいのでデキ落ちの類は感じません。

ウインファビラス 評価:B

3/2(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F67.0-52.2-38.0-12.9 】(4)

南W3頭併せの内。直線のゴーサインにスッと反応して加速。そのまま突き抜けるのかと思いきや、鞍上は併走馬の動きを見つつ馬なりのまま控えめに走らせました。早々に脱落した真ん中の馬には大きく先着も、外の馬とは同入でした。

前走阪神ジュベナイルフィリーズ2着から約二か月半強、放牧を挟んで3本の時計を出しています。乗り込み量はやや少なめも、それほど乗り込まない馬、2走前の約二か月ぶりアルテミスステークス5着時とほぼ同等なので悪くはないです。

一週前は南W強め馬場の大外周回で【 6F84.3-39.4-13.0 】のまずまずな時計。最終は馬場の四分目とはいえ馬なりのままなかなかの好時計…も、内容的には控えめでした。仕掛けに反応よく加速したので状態自体はなかなかよさそうですけど、こちらもトライアル仕様の仕上げだと思います。

B ⇒ (ジュエラーでした) 評価:A

3/2(水) 栗東P (良) 一杯

【 5F63.6-49.2-36.0-11.2 】(6)

ポリトラック2頭併せ。直線は一度溜めを作ってから追い出しを開始し、即座に反応して鋭い伸び脚。2馬身ほど先着しました。ポリトラックとはいえなかなかの好時計です。

前走から中7週、山元トレーニングセンターから2/4(木)に帰厩して6本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

一週前は栗坂末強めで【 54.8-25.0-12.1 】の終い好時計。終い重点とはいえ開門から1時間後ぐらいの馬場がボコボコの時間帯にラスト1F12.1はなかなかの好時計、今のところ坂路で好時計が出るタイプでもないので地味に評価できると思います。最終がポリトラックなのは過去2戦と同じで、一応は5F自己最速時計でラスト1F11.2の伸び脚も十分。緩い仕上げだった前走時よりは今回のほうがキッチリ仕上げてきたといえる内容で、動きもいいので好調だと思います。グッドです(*´ω`)

ブランボヌール 評価:A

3/2(水) 栗東坂路 (重) 強め

【 52.6-37.8-24.8-12.3 】

栗坂単走。今回も開門から45分後ぐらいの馬場が荒れた時間帯に登場。荒れ馬場に負けることなく脚元はしっかりと。ゴール直前でステッキが2発入り、最後まで鈍ることなく脚を出し切りました。この時間帯にしてはなかなかの好時計が出ました。

前走阪神ジュベナイルフィリーズ3着から約二か月半強、大山ヒルズから2/17(木)に帰厩して3本の時計を出しています。調教の開始時期が遅く乗り込み量は少なめも、2走前の約三か月強ぶりファンタジーステークス3着時も乗り込み量は少なめで3着に好走したので悪くはないです。

一週前は栗坂馬なりで【 52.2-24.7-12.4 】の好時計。馬場が荒れた時間帯に自己最速時計を出しました。最終も同じ時間帯に好時計で、時計的には過去最高にいいこの中間。以前は荒れ馬場に苦戦して時計が出なかった馬、パワーアップを感じますし、休み明けで乗り込み量は少なくても放牧先の大山ヒルズでいい稽古を積んできた感があります。これなら前進があってもよさそうです。

クロコスミア 評価:C

3/2(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 56.1-41.2-26.5-12.4 】

栗坂単走。開門から35分後ぐらいの馬場が荒れた時間帯。ラスト2Fまではゆったりと走り、ラスト1Fから一杯に追う内容。追われてからの伸び脚、加速度ともによく、荒れ馬場を苦にしない力強さも見せました。ただほぼラスト1Fのみの追い切りで、全体時計は平凡です。

前走阪神ジュベナイルフィリーズ8着から約二か月半強、放牧を挟んで2月上旬から稽古を始めています。乗り込み量はなかなか豊富です。

この馬は稽古で動くタイプではないとはいえ、この中間はどれも全体時計がゆるゆるです。この最終もラスト1Fの急激なラップの上昇、加速度は立派ですけど、ラスト2Fまでは緩すぎます。強調材料は乗り込み量がなかなか豊富ということぐらいです。追い切りを見る限りやっぱりこの馬は2走前に快勝した赤松賞のように前半ゆったり入って後半の急激なペースアップに強そうなタイプ。そんな流れになれば或いは…といった感じでしょうね。

カイザーバル 評価:A

3/2(水) 栗東坂路 (重) 末強め

【 51.5-37.3-24.2-11.9 】

栗坂2頭併せ。終いに強めに追われて一杯に追う併走馬を競り落とし、ラストは流しながら頭差先着しました。開門直後の時間帯とはいえ随分と速い時計が出ました。

前走こぶし賞500万下7着から中2週で3本の時計を出しています。前走後も順調に稽古を積んでいます。

一週前はCW馬なり馬場の七分目で【 6F85.2-39.0-12.3 】の終い好時計。最終は栗坂で自己最速の好時計。休み明けの前走時は併せ馬で遅れて時計もイマイチだったので、状態はよくなかったと思います。今回は好時計に併せ馬でキッチリ先着と、叩き2戦目の上昇は確実にありそうな感じ。この馬は毎回CWで最終追い切りをやっていて、今回は坂路に替えてきたことがどうかとは思いますけど、この馬なりに状態はよさそうです。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

B ⇒ ジュエラー(2着)でした

・ブランボヌール

・カイザーバル

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・シンハライト

・レッドアヴァンセ

・ウインファビラス

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・クロコスミア

以上、チューリップ賞2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です