東京スポーツ杯2歳ステークス2015の予想 | 地味なアノ馬を本命に

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

東京スポーツ杯2歳ステークス2015の予想をお届けします。

東京スポーツ杯2歳ステークスは東京芝1800mの2歳G3です。来年のクラシックに直結しやすい出世レースで、2013年の勝ち馬イスラボニータは皐月賞を勝利、2011年の勝ち馬ディープブリランテはダービーを勝利しています。

ココはクラシック候補生を買うのが正解なんでしょうけど、妙味も込みで中穴狙いの予想にしましたー。

※ 当ブログは追い切り診断もやっています。参考程度にどうぞ(*´ω`)

東京スポーツ杯2歳ステークス2015の最終追い切り・調教診断

東京スポーツ杯2歳ステークス2015の予想

まだキャリアの浅い馬たちなので決め付けるのも恐いですけど、逃げ経験があるのは前走新馬戦で逃げ勝ったキラージョー1頭だけです。キラージョーはドスローにコントロールして逃げていて、キレる脚のあるところを新馬戦でも追い切りでも見せているので、必ずしもハナにこだわるわけではないのかなと。ただ少頭数でこのメンバー、どれが逃げることになってもペースが上がる要素は小さく、ココはスローペースになると予想。

雨が降るのかどうかわかりませんけど、週中に考えていた予想を変えずにいくことにしましたー。

予想の印はこんな感じになりましたー

B (マイネルラフレシアでした)
4 ロスカボス
6 キラージョー
8 レインボーライン
10 スマートオーディン
3 ハレルヤボーイ
9 プロディガルサン
2 アグレアーブル

軸馬1頭目は人気ブログランキングのB

軸馬1頭目は人気ブログランキングのBにしましたー。

B ⇒ (マイネルラフレシアでした)

前走は芝1800m。前半後半4Fが【 48.4-47.2 】のスローペース戦で、好位追走から直線も馬なりのままついていってラスト2F過ぎから追い出しを開始。ゴール前で先頭を捕らえ、後続をキッチリ封じ込んで勝ちました。このレースは決してレベルが低かったわけではないので、ココでもスローペースの好位追走で同じシシュエーションが望めるのならば積極的に狙ってみたいです。好位抜け出しが嵌れば勝ち負けになってもと思います。来年のクラシックで活躍するような馬がいれば太刀打ちできないでしょうけど、この馬はそんなに人気にもなっていないので、妙味も込みで本命です。

軸馬2頭目はロスカボス

軸馬2頭目はロスカボスにしましたー。

現状での地力を評価すればこの馬かなーと思います。ただ今のところ壮絶に出遅れていますからね。それが理由でいまひとつ強気にはなれませんけど、スロー濃厚のココなら出遅れも挽回しやすいでしょうし、新馬戦も野路菊ステークスも底知れずの末脚でゴールまで伸び続けますので、それは直線の長い府中でも十分に脅威になると思います。地力ならこの馬が一枚上手だと思います。

東京スポーツ杯2歳ステークス2015の買い目

■ 三連単軸2頭マルチ36点

◎○ – △ = 36点 × 100円

以上、東京スポーツ杯2歳ステークス2015の予想でしたー。

【 結果 】

相手を間違えた( ノД`)

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です