秋華賞の傾向 | 過去の傾向ではほぼハイペース必至…今年は?

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

秋華賞の傾向をお届けします。

結論から先に書きますと…基本的にはハイペースになることが多いので差し馬有利。だけどあまり後ろすぎると脚を余すことになる。中団前後からうまく立ち回った馬が勝つことが多い。そんなレースです。

秋華賞の傾向

秋華賞の舞台は京都芝2000m内回りコースです。

メインスタンド前の直線半ば辺りが発走地点で、最初の1角までは300mほど直線部分を走ることになります。その後に1角2角向こう正面を走って3角からは内回りコースに突入。4角出口からゴールまでの直線距離は約330mと短めなので、後方待機で悠長に構えていると脚を余すことになります。

おそらくスタートから最初の1角までが300mほどと微妙な距離になっていることが要因だと思いますけど、前に行きたい馬が多いと最初の1角目指してテンのポジション争いが激化しやすく、1角2角も緩まずに向こう正面に入ってようやくペースが落ち着く、なんてケースもあります。こうなった場合は当然前傾ラップ、ハイペースになりますね。

前に行きたい馬が少なければ後傾ラップ、スローペースになることももちろんありますので、出走馬や頭数によるところも大きいです。ペースがどちらに転ぶのか、事前の見極めは必要になります。

もっとも秋華賞に限ればほぼハイペース必至のレースと言えるかと思います。

魔の秋華賞ペース

過去10年の秋華賞では、ザックリと分けてハイペース8回、スローペース2回となっています。ハイペースになることが多いので、「秋華賞=ハイペース」と認識している方もいるかと思います。

最近は「魔の桜花賞ペース」ならぬ「魔の秋華賞ペース」なんて言葉もあるようで、G1なのでフルゲート18頭は確実、頭数が多ければ最初の1角に向けて好ポジションを取りに行く馬も多くなりますので、否応無しにも序盤から速くなりがちなレースになっています。

とはいえスローペースになることもありますので、必ずハイペースになると決め付けるのはちょっと危険かな。ジェンティルドンナが牝馬クラシック3冠を達成した2012年は、スタートからむちゃくちゃに追ってハナを奪ったヴィルシーナ&内田Jが1角過ぎからしれっと超絶スローに落とし込んだりもしましたので(その後にチェリーメドゥーサ&小牧Jの大マクリでジェンティルの3冠危うし!!と思った人は多いはす…笑)、今年は折り合い難で逃げることの多いレッツゴードンキがどんな競馬をするのかを予想することも必要になってきますね(*´ω`)

脚質は差し馬優勢

ハイペースになりやすいレースですので、逃げ先行馬は苦戦気味ですね。取り分け逃げ馬には厳しいレースになっています。3着以内になった馬たちの多くは中団前後の馬(好位~後方)なので、傾向を重視するなら馬券の中心は差し馬にするのが無難でしょうか。

ただ直線が短めの京都内回りコースなので、あまり後ろすぎると先に抜け出した馬を捕らえきれずに脚を余してゴール、なんてこともあります。過去10年の勝ち馬に限れば4角10番手以内から出ていますので、後方待機馬は向こう正面や3角からマクってポジションを押し上げないと勝ち切るまでには至りません。後方のまま4角を向かえたのでは良くて2着や3着ですね。

またハイペースでも2007年にはダイワスカーレットが2番手追走から押し切り勝ち(後方待機のウオッカは差し届かずの3着)。2011年には2.3番手追走のアヴェンチュラが同じく押し切り勝ち(このときは稍重馬場)をしているので、力関係や馬場次第では番手の馬でも狙えます。

前走ローズステークス組をとりあえず買っておくといいかも…

前走の路線別ではローズステークス組が圧倒的です。ローズステークスが1800mに距離変更された2007年以降の過去8年では、前走ローズステークス組が毎年2頭3着以内になっています(うち勝ち馬は6頭)。必ず1頭は1着or2着になっていますので、軸馬はローズステークス組から選ぶのもアリかもしれません。

もっともローズステークスは主要路線のトライアルレースで、前走ローズステークス組からの出走頭数も多いので、活躍馬が多く出るのは当然でしょうけどね(*´ω`)

ちなみに今年のローズステークス組は以下の9頭です。当然のことながら多いです…笑

・タッチングスピーチ(1着)
・ミッキークイーン(2着)
・トーセンビクトリー(3着)
・レッツゴードンキ(4着)
・クイーンズリング(5着)
・アンドリエッテ(6着)
・ディープジュエリー(7着)
・テルメディカラカラ(10着)
・シングウィズジョイ(14着)

傾向に一致する馬は?

これまで見てきた傾向に一致するのはAだと思います。

 A ⇒ (トーセンビクトリーでした)

前走はもちろんローズステークスに出走。結果負けちゃいましたけど、あくまで本番に向けた試運転のような差し競馬をしました。この馬は古馬を撃破した2走前のようにポジションを取ろうと思えば取れる馬だと思うので、ココでも中団ぐらいに取り付いて有力馬に対してポジション差で優位に立つことは可能です。スタートが安定しないミッキークイーンはもちろんのこと、タッチングスピーチも近走のように後方からの競馬になるのなら脚を余すことも考えられますし、この馬が先に抜け出して後続の追撃を振り切るケースもあるのかなと思います。


以上、秋華賞の傾向でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です