ステイヤーズステークス2015の最終追い切り・調教評価

閲覧ありがとうございます(。・ω・)ノ゙

ステイヤーズステークス2015の最終追い切り・調教評価をお届けします。

約半年の休み明けになるファタモルガーナはやや物足りずな印象でした…。新興勢力ではアルバートが濃密な併せ馬で好時計を出しています。もう1頭、アノ馬が一週前に坂路で自己最速時計、最終追い切りも終い好時計を出しています(*´ω`)

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ファタモルガーナ 評価:C

12/2(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 54.3-39.7-26.2-13.2 】

栗坂単走。荒れ始めた時間帯の馬場に負けることはなく、終いに一杯に追われてしぶとく脚を伸ばしました。

前走目黒記念から約半年、坂路で6本の時計にプールも取り入れて調整しています。半年で6本だとちょっと少ないですね。好時計を出すタイプでもないので時計はこの馬比較でまずまずで、昨年のステイヤーズステークス2着時と比べても大差ないです。ただ今回は休みが長いので、せめてもう2本3本時計を出してほしかったところ。坂路で53秒台やラスト1F12秒台も1本もないので、これだとちょっと物足りずな印象です。

アルバート 評価:A

12/2(水) 美浦南W (良) G前仕掛け

【 4F52.7-38.6-12.9 】

Wコース3頭併せ。外ウムブルフ(牡2歳未勝利・馬なり)を0.6秒追走、内キャンベルジュニア(牡3歳1000万・馬なり)に0.2秒先行して頭差先着。3頭の真ん中を走ってコーナーを回り、直線の入りでは1馬身ほど遅れる形。そこから強めに追い出すとジワジワと伸び続け、ラストは頭差ほど先着しました。

この馬は併せ馬で遅れることもしばしばあるんですけど、この最終は両サイドの2頭を真ん中から追い抜く内容なので、濃密で実のある稽古だと思います。時計も連勝中の近3走よりもよく、この馬比較で好時計。グッドです(*´ω`)

スズカデヴィアス 評価:B

12/2(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 53.8-39.3-25.4-12.5 】

栗坂単走。左ラチ沿いを淡々と。終いに一杯に追われて真っ直ぐ綺麗に伸びました。

この馬は今年になって坂路で51秒台の好時計が頻繁に出せるようになり、前走から中3週のこの中間も一週前に栗坂一杯【 51.6-24.5-12.5 】の好時計を出しています。もっとも好時計が必ずしも好結果に繋がるわけでもなく、今回は最終の時計がやや控えめですけど、この動きなら状態自体はなかなかよさそうに思います。

ネオブラックダイヤ 評価:C

12/2(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F69.3-54.9-41.1-13.8 】

Wコース2頭併せ。エッケザックス(牡3歳500万・馬なり)に頭差先着。直線の入りで半馬身ほど前に出て、そこからは淡々とした走り。ピッチをあげるわけでも落とすわけでもなく、一定のリズムで走って頭差先着しました。

普段通りのネオブラックダイヤといったところで、今回もWコースで平凡な時計です。約三ヶ月の休み明けになりますけど時計は4本だけで、これもまた普段から乗り込まないネオブラックダイヤらしいです。これが平常運転なので悪いとも思いませんけど、別段いいとも思わずな感じです。

カムフィー 評価:C

12/2(水) 美浦南W (良) 一杯

【 5F68.0-53.4-39.4-13.8 】

Wコース2頭併せ。ブルーホール(牡4歳1000万・末強め)を0.5秒追走して同入。直線に入って相手は馬なり、カムフィーは一杯に追い出し、ジワジワと脚を伸ばして半馬身リードしたところで相手が追い出しを開始。即座に差を詰められて馬体が横に並んだところがゴール板。その後に交わされました。

この馬は稽古では動かないタイプなので、5F68.0ならまずまずです。ただ一杯に追われてラスト1F13.8はやや物足りず。可もなく不可もなくな印象です。

トゥインクル 評価:B

12/2(水) 栗東CW (良) 強め

【 6F86.2-69.2-54.4-40.4-12.6 】

Wコース単走。直線に入るまではゆったりと。徐々にピッチをあげて強めに追われ、一瞬だけ沈み込むフォームで見応えのある伸び脚でした。ただそれほど長くは続きませんでした。

この馬は稽古で動くほうでもないんですけど、一週前のWコース一杯【 6F84.0-38.9-12.3 】は終い好時計でいいと思います。馬券圏内に好走している近走と同等の時計です。中2週での出走になりますけど特に変わったところはなく、前走と同等の状態をキープできている印象です。

E ⇒ (メイショウカドマツでした) 評価:A

12/2(水) 栗東CW (良) 一杯

【 5F68.8-52.7-37.9-11.7 】

Wコース2頭併せ。ロードグリッター(牡3歳500万・末一杯)を0.4秒追走してハナ差先着。馬なりの相手に対して先に追い出しを開始し、エンジンのかかりにやや時間を要したもののしぶとい伸び脚。相手もゴール手前から追い出しを開始して競り合いになり、こちらがハナ差競り勝ったところがゴール板。ただその後に半馬身ほど交わされました。

ロードグリッターはWコースで終い好時計を出すタイプなので見劣ったことは問題ないと思い、こちらも後半に好ラップで走っています。前走から中3週での出走になるこの中間は意欲的な稽古を消化していて、一週前に栗坂一杯【 51.6-24.8-12.5 】の自己ベスト。Wコースでは走るタイプとはいえ最終も終い好時計。これだけ動けているなら状態に不安はないと思います。グッドです(*´ω`)

ケイアイチョウサン 評価:B

12/2(水) 美浦南W (良) 強め

【 5F69.4-53.7-39.1-12.6 】

Wコース単走。ピッタリと馬場の外ラチ沿いを走って直線に入り、強めに追われて軽快な伸び脚。四肢を小さく速く回転させて終い好時計を出しました。

この中間はwコースで終い好時計を2本出していて、普段から終い好時計を出してくるタイプでもないので、変わり身があってもよさそうに思います。まずまずよさそうな印象です。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
・アルバート
E ⇒ メイショウカドマツ(6着)でした。

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・スズカデヴィアス
・トゥインクル
・ケイアイチョウサン

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・ファタモルガーナ
・ネオブラックダイヤ
・カムフィー

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのEです。一週前に坂路で自己ベスト。好調だと思います(*´ω`)

以上、ステイヤーズステークス2015の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です