シンザン記念2016の最終追い切り・調教評価

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

シンザン記念2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

アストラエンブレムは休み明けでも乗り込み量は豊富。ジュエラーは一週前に好時計。ラルクは平凡な時計も…、ノーザンファームしがらき帰りです(*´ω`)

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 追い切り評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

アストラエンブレム 評価:B

1/6(水) 美浦坂路 (良) 馬なり

【 54.9-40.5-26.5-13.3 】

美坂3頭併せの真ん中。内で強めに追われた馬には遅れたものの、外の馬には0.3秒追走してラストは同入。長距離輸送があるためか速い時計を出す気がなかったようで、手綱が動くことはなく抑えを利かせた控えめな内容でした。

今の美坂は時計が出やすくなっているので、全体54.9は至って普通の時計です。中間に出している時計もそれほど目立つものはなく…。ただこれまでも好時計を出してビッシリ仕上げてくる馬ではないですし、この中間は乗り込み量は豊富で8本の時計、内7本が併せ馬なので、この馬なりにやることはやっています。万全ではないにせよ、休み明けでもまずまずの仕上がりでしょう。

ジュエラー 評価:B

1/6(水) 栗東P (良) 馬なり

【 5F66.8-51.8-38.6-11.7 】

ポリトラック2頭併せ。0.6秒追走して頭差先着。馬場の外ラチ沿いを通って直線へ。一杯に追い出した僚馬を馬なりのまま交わして頭差先着したところがゴール板でした。

前走新馬戦1着から中5週で5本の時計。一週前の栗坂強め【 53.9-25.1-12.4 】は馬場が荒れ出した時間帯にしてはなかなかの好時計。最終は全体時計はまずまずも、直線の伸び脚には見どころがありました。これなら2戦連続の好走があってもよさそうです。

ラルク 評価:C

1/6(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 56.3-40.0-25.4-12.5 】

栗坂2頭併せ。0.3秒追走して同入。一杯に追う僚馬に対して馬なりのまま余裕の同入は好印象も、真っ直ぐ走れなかったり集中力を欠いていたり幼さを感じる内容でした。時計も平凡です。

前走新馬戦1着から二か月、ノーザンファームしがらきに放牧に出されて帰厩後は4本の時計。しがらき帰りなので本数は問題ないにしても、前走時は一週前Wコース一杯【 6F83.3-37.7-11.9 】の終い好時計、最終栗坂一杯【 52.2-25.6-13.2 】の全体好時計を出していました。この中間は一週前Wコース一杯【 6F83.9-39.1-12.6 】の普通な時計、最終も平凡な時計。強調材料はしがらき帰りということぐらいですね…。

A ⇒ (ピースマインドでした)

1/6(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.3-38.6-25.1-12.4 】

栗坂単走。開門から30分ほど経過した馬場が荒れた時間帯に終い一杯で脚を出し切りました。荒れ馬場に負けないだけの安定感はまだないものの、この馬なりによく動けています。

この中間は中3週で4本の時計を出していて、最終は馬場が荒れた時間帯に好時計。これまでのところ坂路で動くタイプではなく、これだけの時計が出せる馬でもなかったので、過去2戦と比べれば着実に前進しています。使われて上昇している感があります。グッドです(*´ω`)

レオナルド 評価:B

1/6(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 5F72.1-56.2-41.1-11.9 】

Wコース2頭併せ。0.5秒追走して同入。ゆったりとコーナーを回って直線へ。お互い馬なりのまま競り合いになり、ラストは同入でした。全体時計は平凡も、終い好時計です。

前走未勝利戦1着から中3週で3本の時計。これまでのところ5Fから終い重点終い好時計を出すのがこの馬の調教パターンで、今回も馬なりのままラスト1F11.9が出ているのでまずまずよさそうな感じす。特に硬さもなく、この馬なりによく動けています。

レインボーライン 評価:C

1/6(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 57.4-41.0-26.6-12.9 】

栗坂単走。時計が示すように終い重点というか流す程度というか、内容的には軽いです。ただキャリアを積んでいるためか安定感は随一で、テンポのいい走りでした。

前走千両賞1着から中1週、間隔が詰まっているので時計はこの1本だけになります。やれば速い時計が出せる馬ではありますけど、さすがに中1週、時計を出しませんでした。安定感のある走りは好印象も、前肢の出に硬さを感じるのが気がかりです…。

ツーエムレジェンド 評価:A

1/7(木) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 54.7-38.9-24.9-12.4 】

栗坂単走。終盤に鞍上が仕掛けたときに体が左に流れる若さを見せたものの、それ以外は前肢の出も大きく掻き込みも力強く活気のある走りができています。

前走朝日杯FS6着から中2週で2本の時計。1月3日の栗坂一杯【 52.2-24.7-12.4 】は過去3戦にはなかった好時計で、最終も力強い走りで好印象です。ラスト2F25.0を上回ってきたのは初めてで、それが2本連続なので着実にレベルアップしている感があります。グッドです(*´ω`)

ロジクライ 評価:B

1/6(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 50.4-36.5-24.2-12.4 】

栗坂2頭併せ。僚馬は後述ショウナンアヴィド。終盤に仕掛けられてもピッチをあげきることができず、徐々に差を広げられて1馬身遅れ。ステッキ連打でも盛り返すことができませんでした。ただ遅れは0.3秒追走していたぶんもあります。

前走千両賞4着から中1週で3本の時計を出しています。間隔が詰まっているのに随分とハードワークをしていますね。最終はこの日の2番時計をマーク。もっともこの馬は攻め駆けするタイプで、必ずしも好時計が好結果に繋がっているわけではないです。といっても自己最速時計を1.0秒も縮めてきたので、悪いなんてことももちろんなく。変わらずに力が出せる状態にありそうです。

ショウナンアヴィド 評価:A

1/6(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 50.5-36.4-24.1-12.3 】

栗坂2頭併せ。僚馬はロジクライ。追い出されてからややフラつくところがあったものの、ステッキも入ってキッチリ1馬身先着。0.3秒先行していたとはいえ併せ馬で競り勝つ根性を見せました。

前走未勝利戦1着から中3週で4本の時計。中間に速い時計を出していなかったので最終でビッシリ攻めてきたといったところで、この日の3番時計で自己最速を1.1秒短縮で併せ馬で競り勝ったという好材料が並びます。この馬は前走時から坂路で速い時計が出るようになって、それが未勝利戦1着の好走に繋がりました。今回は相手が大幅強化も、この内容なら叩き2戦目のさらなる上昇が見込めそうです。グッドです(*´ω`)

シゲルノコギリザメ 評価:B

1/7(木) 栗東坂路 (良) 強め

【 51.5-37.9-25.3-12.8 】

栗坂単走。馬場が荒れた遅い時間帯に登場。テンから意欲的に飛ばしたこと、荒れ馬場に苦戦したことでラストは真っ直ぐ走れずにバタバタになりました。それでも全体時計は立派、好時計です。

前走500万下1着から中2週で2本の時計。10月デビューで既に5戦もしていて使い詰め状態、さすがに上積みは望めないだろうと思いますけど、時計は自己最速を1.5秒も縮める好時計。ラストにバタバタにならずに伸びきることができれば言うことなしでしたけど、調子自体はよさそうです。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
A ⇒ ピースマインド(14着)でした( ノД`)
ツーエムレジェンド
ショウナンアヴィド

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
アストラエンブレム
ジュエラー
レオナルド
ロジクライ
シゲルノコギリザメ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
ラルク
レインボーライン

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。坂路で過去2戦を上回る自己ベスト。着実に前進しています(*´ω`)

以上、シンザン記念2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です