【皐月賞2016】出走予定馬と一週前追い切り評価【リオンディーズ】

diamond01

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

皐月賞2016の出走予定馬と一週前追い切り評価をお届けします。

皐月賞は4月17日(日)の中山11R、芝2000m内回りの3歳G1、牡馬クラシックの第一弾です。

今年の牡馬クラシック路線は有力馬が揃っていますよね。ともに3戦3勝でディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドマカヒキ、2歳王者リオンディーズ、強敵には一歩及ばずも大崩れはないエアスピネルロードクエストなど、粒揃い、というか大粒揃いですよねー。

一週前追い切りではアノ馬が猛時計を出しています(*´ω`)

皐月賞の予想と最終追い切り評価は↓コチラです。

【皐月賞2016予想】追い切り好調のリオンディーズを本命に

皐月賞2016 最終追い切り 調教評価 | サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンドなど22頭がエントリー

フルゲートは18頭です。騎手は想定です。

優 先 出 走 馬
マカヒキ 57.0 川田将雅
リオンディーズ 57.0 デムーロ
エアスピネル 57.0 武豊
マウントロブソン 57.0 ベリー
ロードクエスト 57.0 池添謙一
アドマイヤダイオウ 57.0 福永祐一
ナムラシングン 57.0 田辺裕信
賞 金 上 位 馬
プロフェット 57.0 北村宏司
サトノダイヤモンド 57.0 ルメール
ディーマジェスティ 57.0 蛯名正義
ドレッドノータス 57.0 藤岡佑介
ジョルジュサンク 57.0 吉田隼人
アドマイヤモラール 57.0 内田博幸
リスペクトアース 57.0 石川裕紀人
サイモンゼーレ 57.0 三浦皇成
ミライヘノツバサ 57.0 柴田大知
抽 選 対 象 馬 (2/6)
ウムブルフ 57.0 未 定
トーアライジン 57.0 未 定
ミッキーロケット 57.0 横山典弘
ユニゾンデライト 57.0 未 定
ラグルーラ 57.0 吉田豊
ワイルドゲーム 57.0 柴田善臣

一週前追い切り評価

  • S:時計も動きも調教過程も文句なし!
  • A:ほぼ文句なく、順調だと思う
  • B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
  • C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
  • D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
  • E:調子悪そう or 大きな不満がある

サトノダイヤモンド 評価:B

4/6(水) 栗東CW (稍重) 一杯

【 6F83.2-67.2-52.3-38.8-11.7 】(5)

CW2頭併せの内。直線は馬なりのまま前に出て、一杯に追われて力強い伸び脚。前走きさらぎ賞1着時の最終追い切りのようなキレや軽快さは感じませんけど、重戦車の如く迫力のあるフットワークで2馬身半ほど先着しました。ゴール後も一杯に追い続けていました。

前走きさらぎ賞1着から約二か月で7本の時計を出しています。前走後はノーザンファームしがらきに放牧に出しています。

二週前はCW馬なり馬場の七分目で【 6F84.6-40.5-12.4 】のまずまずな時計。一週前はCW一杯馬場の五分目で終い好時計

一週前の時計は一応は自己最速時計、前走1着時よりもしっかりめの時計を出してきました。全体時計はそれほど速いというわけでもないですけど、それでもこの馬にしては出してきたほうです。後半にビッシリと追いましたし、この1本で上向きそうな稽古内容です。

リオンディーズ 評価:A

4/6(水) 栗東CW (稍重) 馬なり

【 5F66.7-51.7-38.1-11.6 】(8)

Cw2頭併せの内。直線は併走馬の1馬身ほど後ろからじっくりと。軽いゴーサインにスッと加速、強めに追う併走馬を悠々と抜き去り1馬身半ほど先着しました。反応のいい軽快な走りができています。

前走弥生賞2着から中4週で7本の時計を出しています。休み明けの約二か月半ぶり前走時よりも多く時計を出しています。

二週前は栗坂馬なりで【 54.6-25.8-13.1 】のまずまずな時計。一週前はCw馬なり馬場の八分目で好時計

一週前の時計は過去最高級の好時計で、速い時計が出やすくなっているCWとはいえ馬なりで楽々とラスト1F11.6はさすがといったところ。馬なりのままなのでそれほど派手さのない静かな追い切りではありますけど、抜け出すときの反応も伸び脚もいいです。一度レースを使って順当に上向いていると思います。

エアスピネル 評価:C

4/6(水) 栗東CW (稍重) 強め

【 6F81.0-65.2-51.2-37.7-12.0 】(5)

CW2頭併せの内。直線は馬なりのまま抜け出して、強めに追われて大きく先着しました。ただ強めに追われたわりには動きがこじんまりとしていていまひとつ余裕を感じない伸び脚。坂路だと悠々と好時計を出す馬ではあるんですけど…。

前走弥生賞3着から中4週で9本の時計を出しています。本数は昨年の中4週朝日杯フューチュリティステークス2着時よりも多く、随分と意欲的に時計を出しています。

二週前は栗坂馬なりで【 50.7-24.5-12.2 】の好時計。開門間もない時間帯とはいえ自己ベストを0.1秒更新しました。一週前はCW強め馬場の五分目で好時計。これまでCWで速い時計を出したことがなかったので、こちらも自己ベストになります。

普段は坂路調教が主体の馬、一週前にCWで追い切るのはこれが初めてのことで、おそらく2000mの距離を持たせるために長めから追い切っているのだと推測されます。CWでの追い切りに慣れていないこと、長めから負荷をかけていることも多分に影響していると思いますけど、直線の伸び脚はそれほど推進力を感じずやや物足りなく映りました。ただ二週前の栗坂自己ベストはいいですし、一週前も負荷がかかっています。決して悪くはないので、最終は坂路でもCWでも調子のよさを示す余裕の走りを見せてほしいですね。

ロードクエスト 評価:B

4/6(水) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 5F65.6-51.5-37.1-13.1 】(3)

南W3頭併せの外。コーナーでの行きっぷりがよく、直線は早々に先頭に立つも、鞍上は手綱を引いて猛ブレーキ。外の併走馬を先にいかせて、遅れていた真ん中の併走馬と馬体を併せるも手綱は絞ったまま。最後まで手綱を緩めることなく外には1馬身遅れ、真ん中にはハナ差先着しました。

前走スプリングステークス3着から中2週で4本の時計を出しています。普段から乗り込み量が多い馬、間隔が詰まっていても本数は豊富です。

二週前は美坂強めで【 51.6-26.1-13.4 】の好時計。ハロー明け直後の時間帯に自己ベストを大きく更新&この日の2番時計を出しました。一週前は南W馬なり馬場の三分目で好時計。馬場の内目とはいえこちらも自己ベストを大きく更新、直線は手綱を引っ張り通しで速い時計が出ました。

それほど時計は出さない馬、この中間はやけに速い時計が出ています。一週前は時計を出しすぎたくないのか手綱を抑え通しの調教内容には疑問も、調子自体はかなりよさそうに思えます。

A ⇒ (マカヒキでした) 評価:S

4/6(水) 栗東CW (稍重) 一杯

【 7F94.6-78.0-62.8-48.7-35.2-11.7 】(4)

CW3頭併せ。2.5秒も先行した併走馬2頭を捕まえるためか、テンから意欲的に攻めていく内容。直線で射程圏に入れて馬なりのまま並びかけると、一杯に追われて反応よく加速。そのまま突き抜け大きく先着しました。この日の1番時計、かなり凄めの猛時計が出ました。

前走から中4週で7本の時計を出しています。中5週前走時よりも多く時計を出しています。

二週前はCW馬なり馬場の大外で【 6F85.8-37.7-11.4 】の終い好時計。一週前はCW一杯馬場の四分目で猛時計&好ラップ

ウッドチップでは動く馬、これまでも一週前にCWで好時計を出すことはありました。ただ今回の一週前は断トツ自己ベストの素晴らしい時計で、まったく隙のないラップも優秀。G1の一週前追い切りとしては文句なし、グッドです(*´ω`)

マウントロブソン 評価:D

4/7(木) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 5F69.7-55.3-40.5-13.7 】(6)

南W単走。活気を感じない追い切りで、直線で軽く追われてもそれほどピッチをあげることなく流す程度に走りました。クビの使い方はいいですけど、脚元は力強さがなく物足りずな印象です。

前走スプリングステークス1着から中2週で2本の時計を出しています。近走は本数少なめの馬、中2週で2本なら問題ないです。

4/3(日)に美坂で軽い時計。一週前は南W馬なり馬場の六分目でまずまずな時計

それほど時計は出さない馬ではありますけど、一週前はこの馬比較で見ても後半のラップがイマイチです。間隔が詰まっているので時計を出したくないというのもあるんでしょうけど、時計だけではなく動き自体もパッとせず…。これでは物足りないので、最終は併せ馬で活気のあった前走1着時の南Wゴール前仕掛け馬場の四分目で【 4F54.7-39.7-12.3 】ぐらいの終い好時計で軽快な伸び脚を見せてほしいですね。

ディーマジェスティ 評価:B

4/7(木) 美浦南W (稍重) G前仕掛け

【 5F65.7-51.0-37.0-12.5 】(2)

南W4頭?併せの最内。直線は強めに追われてスルスルと加速。隣で馬体を併せていた併走馬にキッチリ頭差ほど先着しました。

前走共同通信杯1着から中7週で9本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前は南W馬なり馬場の六分目で【 5F67.9-37.5-12.1 】の終い好時計。一週前は南Wゴール前仕掛け馬場の二分目で好時計

前走1着時も南W馬場の内目で好時計を出していて、一週前はゴール前仕掛け馬場の三分目で【 5F66.6-37.5-12.7 】、最終は馬なり馬場の三分目で【 5F64.8-37.4-12.7 】でした。特に最終は優秀な時計でしたね。今回は一週前の時計は前走時以上で、二週前の後半のラップもなかなか優秀。順調に仕上がりつつあると思うので、最終も前走時ぐらいの好時計に期待です。

評価まとめ

S:時計も動きも調教過程も文句なし!

A ⇒ マカヒキ(2着)でした

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

・リオンディーズ

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・サトノダイヤモンド

・ロードクエスト

・ディーマジェスティ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・エアスピネル

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

・マウントロブソン

サトノダイヤモンドはこの馬にしては時計を出してきました。この1本で上向いてくると思います。

リオンディーズは反応よく軽快な伸び脚。一度レースを使った上積みがありそうです。

人気ブログランキングのAはビッシリやって猛時計。これぞG1の一週前追い切りという感じでいいですね(*´ω`)

以上、皐月賞の出走予定馬と一週前追い切り評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です