【ニュージーランドトロフィー2016】最終追い切り・調教評価【アストラエンブレム】

newzealandtrophy02

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

ニュージーランドトロフィー2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

アストラエンブレムは南Wで終い好時計。美坂で自己ベストも出しています。

レインボーラインは栗坂でかるーい時計も、これは予定通り。

ボールライトニングは栗坂で馬場がボコボコの時間帯に安定感のある走りができています。

ダンツプリウスは前走時と同じくいまひとつ鈍い伸び脚でした。

評価基準

S:時計も動きも調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

アストラエンブレム 評価:A

4/6(水) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 5F68.2-52.0-38.1-12.4 】(7)

南W3頭併せの内。直線は併走馬2頭の2馬身後方で一度溜めを作り、馬なりのままスルスルと伸びてラストは同入でした。前肢の出が大きくバランスのいい走りができています。

前走フローラルウォーク賞500万下1着から中3週で5本の時計を出しています。間隔が詰まっていても意欲的に時計を出しています。

一週前は南W馬なり馬場の八分目で【 4F54.8-40.0-12.8 】のまずまずな時計。その後の4/3(日)に美坂馬なりで【 52.2-24.7-12.4 】の自己ベストを1.1秒更新する好時計&この日の1番時計。最終は南W馬なり馬場の七分目で終い好時計

前走500万下1着時や昨年のサウジアラビアロイヤルカップ3着時よりも良好な時計、過去最高級ともいえる時計が出ています。最終は馬なりのままいい伸び脚。叩き2戦目の上積みは大きいと思います。

レインボーライン 評価:B

4/6(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 58.3-42.6-26.4-12.6 】

栗坂単走。ハロー明け直後の時間帯。最終追い切りは時計を出さないことが多い厩舎、手綱を抑えてゆったりのんびりまったりと走らせました。頭が高かったり馬体が薄く見えたりするのは前走や前々走時と同じです。

前走アーリントンカップ1着から中5週で5本の時計を出しています。前走後はノーザンファームしがらきに短期放牧に出しています。

4/3(日)に栗坂一杯で【 51.2-24.9-12.7 】の自己ベストを0.6秒更新する好時計&この日の1番時計。最終は抑えを効かせて軽い時計

日曜日に速い時計を出す厩舎、実質レース一週間前の4/3(日)栗坂51.2が本追い切りで、開門直後の時間帯とはいえ自己ベストの好時計が出ています。全体時計も後半のラップも重賞勝ちの前走時よりもいいので、今回も展開ひとつで好走可能な状態だと思います。

ボールライトニング 評価:B

4/6(水) 栗東坂路 (良) 稍一杯

【 52.7-38.2-24.7-12.2 】

栗坂単走。開門から500頭ほどが走った馬場がボコボコの時間帯。荒れ馬場を苦にすることはなく脚元は力強く。終いに稍一杯に追われてラストまで伸び切りました。

前走アーリントンカップ8着から中5週で7本の時計にプールも併用しています。前走後はノーザンファームしがらきに短期放牧に出しています。

二週前は開門から470頭ほどが走った馬場がボコボコの時間帯に栗坂末強めで【 52.8-25.2-12.2 】のなかなかの時計。一週前はハロー明け間もない時間帯に栗坂強めで【 52.5-23.7-11.6 】の終い猛時計。最終は馬場がボコボコの時間帯に栗坂稍一杯でなかなかの時計

坂路では動く馬で、速い時計が出ないはずの時間帯に好時計が出る次世代の栗坂マイスター候補。この先は一流の短距離馬になるのか調教番長に落ち着くのか個人的には楽しみでもあります。

前走8着時も馬場がボコボコの時間帯に更に上の時計を出していたので今回が特別いいわけではないものの、前走時以上に安定感の増した走りで後半好ラップが出ています。調子はなかなかよさそうです。

ダンツプリウス 評価:C

4/6(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.8-38.2-24.9-12.7 】

栗坂2頭併せ。ハロー明けから140頭ほどが走った馬場が荒れた時間帯。終いに一杯に追われて1馬身ほど先着したものの、やや鈍い伸び脚でラスト1Fのラップはそれほど出ませんでした。

前走アーリントンカップ2着から中5週で6本の時計を出しています。中6週前走時と同等の本数です。

一週前は開門から140頭ほどが走った馬場が荒れた時間帯に栗坂一杯で【 51.9-24.7-12.8 】の自己ベストを0.2秒更新する好時計。最終も馬場が荒れた時間帯に栗坂一杯でまずまずな時計

一週前の自己ベストは好感も、最終は追い出されてからややモタれる仕草も見せましたし、いまひとつ見栄えのしない走りでした。

ただ前走2着時の最終も追い出してからの反応が鈍くモタモタしていました。こういう馬なのだろうし、調子自体は悪くないと思います。

サーブルオール 評価:B

4/6(水) 美浦南W (稍重) 一杯

【 6F82.3-66.7-51.9-38.6-12.9 】(7)

南W2頭併せ…も、併走馬は直線の入りで脱落して実質単走状態。一杯に追われて反応よく加速、迫力のある伸び脚で大きく先着しました。

前走黄梅賞500万下1着から中4週で2本の時計を出しています。それほど乗り込まない馬、本数は中5週前走1着時と同等です。

4/2(土)に南W馬なりで軽めの時計。最終は南W一杯馬場の七分目で好時計

前走時から急激に追い切りの時計がよくなった馬で、この最終も前走時にはやや及ばないものの好時計が出ています。躍動感のある走りで伸び脚もいいので、引き続き良好な状態だと思います。

E ⇒ (ハレルヤボーイでした) 評価:A

4/6(水) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 5F67.0-52.2-37.8-12.4 】(5)

南W2頭併せの内。行きっぷりがよく、手綱を抑えてブレーキをかけたり外したりの内容。直線で手綱を緩めると反応よく加速、馬なりのまま軽快な伸び脚で抜け出すも、再びブレーキをかけてラストは同入でした。

一週前は美坂馬なりで軽い時計。最終は南W馬なり馬場の五分目で好時計

ウッドチップで動く馬ではありますけど、最終は控えめな内容ながらも後半のラップが出ています。動きも素軽く反応もよく。間隔が詰まっていても好調だと思います。

キャプテンペリー 評価:A

4/6(水) 美浦南W (稍重) G前仕掛け

【 5F66.1-51.6-38.0-12.1 】(4)

南W3頭併せの内。直線の入りで先頭に立ち、やや溜めを作ってから強めに追い出しを開始。グイグイ伸びて大きく先着しました。

前走500万下1着から中3週で4本の時計を出しています。昨年の中3週芙蓉ステークス3着時と同等の本数です。

一週前は南W馬なり馬場の八分目で【 5F68.0-40.1-13.1 】のまずまずな時計。最終は南Wゴール前仕掛け馬場の四分目で好時計&好ラップ

南Wで5F66秒台は以前もありましたけど、後半のラップがこれだけ出たのは初めてです。手前が決まってからの伸び脚は素晴らしく、前肢の掻き込みも後肢の蹴りも十分です。叩き2戦目でグンと上向いていると思います。

ニュージーランドトロフィー評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

・アストラエンブレム

E ⇒ ハレルヤボーイ(6着)でした

・キャプテンペリー

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・レインボーライン

・ボールライトニング

・サーブルオール

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・ダンツプリウス

アストラエンブレムは美坂と南Wで過去最高級ともいえる時計が出ています。叩き2戦目の上積みは大きいと思います。

キャプテンペリーはグイグイ伸びて好時計。後半のラップも上々です。

人気ブログランキングのEは控えめな内容ながらも好時計。好調だと思います。

以上、ニュージーランドトロフィー2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

【 追記:4/9(土) 】

ニュージーランドトロフィーの予想を更新しましたー。

【ニュージーランドトロフィー2016予想】追い切りと展開を重視してちょい穴馬から

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です