【ニュージーランドT2016】出走予定馬と一週前追い切り評価

newzealandtrophy01

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

ニュージーランドトロフィー2016の出走予定馬と一週前追い切り評価をお届けします。

ニュージーランドトロフィーは4月9日(土)の中山11R、芝1600m外回りの3歳G2です。

アーリントンカップの勝ち馬レインボーライン、京王杯2歳ステークスの勝ち馬ボールライトニング、前走フローラルウォーク賞500万下を逃げ勝ったアストラエンブレム、アーリントンカップ2着のダンツプリウスなどが出走予定です。

レインボーラインなど23頭がエントリー

フルゲートは16頭です。騎手は想定です。

賞 金 上 位 馬
レインボーライン 56.0 内田博幸
ボールライトニング 56.0 蛯名正義
ダンツプリウス 56.0 丸山元気
アストラエンブレム 56.0 田辺裕信
エクラミレネール 54.0 北村宏司
カイザーバル 54.0 未 定
カトルラポール 54.0 武士沢友治
カープストリーマー 56.0 岩田康誠
キャプテンペリー 56.0 大野拓弥
サーブルオール 56.0 柴山雄一
ショウナンライズ 56.0 横山典弘
ハレルヤボーイ 56.0 吉田豊
マディディ 56.0 三浦皇成
モンスターキング 56.0 石川裕紀人
抽 選 対 象 馬 (2/9)
カキツバタチグサ 56.0 未 定
グランリゲル 56.0 未 定
ジュンザワールド 56.0 未 定
ストーミーシー 56.0 未 定
ダノンスパーク 56.0 石橋脩
ディープエクシード 56.0 未 定
トーアライジン 56.0 未 定
マテラアリオン 56.0 未 定
モーゼス 56.0 江田照男

一週前追い切り評価

S:時計も調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

レインボーライン 評価:B

3/31(木) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 61.3-44.7-29.5-13.7 】

前走アーリントンカップ1着から中4週で3本の時計を出しています。前走後はノーザンファームしがらきに短期放牧に出しています。

一週前はキャンターレベルの軽い時計。その後の4/3(日)に栗坂一杯で【 51.2-24.9-12.7 】の好時計

基本は日曜日に速い時計を出す厩舎、4/3(日)の栗坂51.2はこの日の一番時計で自己ベストを0.6秒更新する好時計です。開門直後の時間帯なのでもう少し後半のラップがよければと思いますけど、意欲的に攻めるとラスト1Fに失速するのは毎度のこと。この時計なら前走以下ということはないと思います。

実質4/3(日)が本追い切りのはずなので、最終は軽い時計、前走1着時の栗坂馬なり【 58.4-26.9-12.7 】ぐらいでもいいのかもしれません。

ボールライトニング 評価:B

3/31(木) 栗東坂路 (良) 強め

【 52.5-37.7-23.7-11.6 】

前走アーリントンカップ8着から中4週で7本の時計にプールも併用しています。前走後はノーザンファームしがらきに短期放牧、帰厩後は随分と意欲的に時計を出しています。

二週前は開門から470頭ほどが走った馬場がボコボコの時間帯に栗坂末強めで【 52.8-25.2-12.2 】のなかなかの時計。一週前はハロー明け間もない時間帯に栗坂強めで終い猛時計

この馬は馬場がボコボコに荒れた時間帯に追い切ることがよくあり、前走時は荒れ馬場で一週前栗坂一杯【 51.1-24.9-12.6 】の好時計。最終栗坂馬なり【 50.9-24.5-12.1 】の好時計を出していました。この中間は前走時には劣る時計も、一週前はラスト2F23.7、ラスト1F11.6の凄めのラップ。なんだか調教番長の素質がアリアリな馬ではありますけど、この中間も一定以上の時計は出ているのでまずまず順調だと思います。

最終は馬場が荒れた時間帯に栗坂馬なりでサクッと好時計なら好調といえるでしょうね。

アストラエンブレム 評価:A

3/31(木) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F54.8-40.0-12.8 】(8)

前走フローラルウォーク賞500万下1着から中2週で3本の時計を出しています。

一週前は南W馬なり馬場の八分目でまずまずな時計。その後の4/3(日)に美坂馬なりで【 52.2-24.7-12.4 】の好時計

4/3(日)の美坂52.2は前走時の一週前に出していた美坂馬なり【 53.3-26.0-13.3 】を上回る自己ベストの好時計です。ハロー明け直後の時間帯に追い切っているので多少は割り引いて考える必要があるでしょうけど、日曜日とはいえこの日の一番時計を馬なりで出しているので叩き2戦目の上積みがありそうです。

最終は速い時計を出さないことが多いので、美坂馬なりで安定感のある伸び脚を見せてくれたらと思います。

ハレルヤボーイ 評価:C

3/31(木) 美浦坂路 (良) 馬なり

【 56.4-41.9-28.3-14.0 】

前走スプリングステークス8着から中1週なのでこれが1本目の時計です。軽く流す程度の時計です。

坂路はともかく南Wでは動く馬で、前走時の最終は南W強め馬場の四分目で【 5F64.8-36.3-12.8 】の好時計、バランスのいい軽快な走りをしていました。2走前500万下1着時の最終も南W一杯馬場の二分目で【 6F81.1-36.2-12.6 】の好時計、馬場の内目とはいえ好時計好ラップを出していました。

今回の最終も南Wだと思うので、これらと同等の好時計に期待です。

C ⇒ (カープストリーマーでした) 評価:A

3/31(木) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 50.7-37.3-24.6-12.5 】

前走から中1週なのでこれが1本目の時計です。開門間もない時間帯とはいえ馬なりでサクッと自己ベストを0.4秒更新&この日の1番時計を出しました。

近2走も栗坂51秒台は出していましたけど、中1週で更に上の時計が出たので叩き2戦目の上積みがありそうです。

最終はここまでの時計は必要ないでしょうから、終い重点終い好時計を出してくれたらと思います。

ダンツプリウス 評価:B

3/30(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 51.9-37.4-24.7-12.8 】

前走アーリントンカップ2着から中4週で4本の時計を出しています。

二週前は開門間もない時間帯に栗坂馬なりで【 53.1-24.4-12.5 】のまずまずな時計。一週前は開門から140頭ほどが走った馬場が荒れた時間帯に栗坂一杯で好時計

一週前の栗坂51.9は前走時の一週前に出していた栗坂一杯【 52.1-24.2-12.4 】を0.2秒上回る自己ベストの好時計で、2F目から意欲的に攻めて全体好時計が出ているのでなかなかよさそうです。もう少しラスト1Fのラップがよければとも思いますけど、3走前より2走前、2走前より1走前、1走前より今走と、着実に時計を詰めているので一戦ごとに前進していると思います。

最終は坂路でもCWでも終い好時計を、後半好ラップが見たいですね。

マディディ 評価:C

3/30(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F84.8-69.4-55.0-40.4-13.0 】(5)

前走ファルコンステークス4着から中1週で4本の時計を出しています。すべて軽めの時計も、随分と意欲的に乗り込んでいます

中1週で4本も時計を出すってそうそうないことで、おそらく前走後はダメージもなく間隔が詰まっていても問題ない状態だと思われます。もっとも時計は緩いので高評価にはできませんけど。

最終は前走時のCW一杯馬場の七分目【 6F81.3-38.8-12.6 】ほどの全体好時計は必要ないでしょうから、終い重点で後半好ラップに期待です。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

・アストラエンブレム

C ⇒ カープストリーマー(11着)でした

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・レインボーライン

・ボールライトニング

・ダンツプリウス

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・ハレルヤボーイ

・マディディ

アストラエンブレムは美坂馬なりで自己ベストの好時計。叩き2戦目の上積みがありそうです。

レインボーラインも栗坂一杯で自己ベストの好時計。相変わらずラスト1Fのラップは出ないものの、前走以下ということはなさそうです。

人気ブログランキングのCも栗坂馬なりで自己ベストの好時計。前走から中1週で1番時計を出してきました。

以上、ニュージーランドトロフィー2016の出走予定馬と一週前追い切り評価でしたー。

【 追記:4/8(金) 】

ニュージーランドトロフィーの最終追い切り評価更新しましたー。

【ニュージーランドトロフィー2016】最終追い切り・調教評価【アストラエンブレム】

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です