【中山金杯2016予想】着実に復調しているアノ馬を本命に

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ゙

中山金杯2016の予想をお届けします。

中山金杯は1月5日(火)の中山11R、芝2000m内回りのG3ハンデ戦です。

当ブログの今年の方針は追い切り重視ということで、ココは使われつつ着実に復調している馬を本命にすることにしましたー。

印はこんな感じになりましたー

ω (マイネルフロストでした)
12 バロンドゥフォール
3 ステラウインド
10 フルーキー
4 ネオリアリズム
14 ライズトゥフェイム
9 ベルーフ
5 ヤマカツエース

本命は人気ブログランキングのω

本命は人気ブログランキングのωにしましたー。

ω ⇒ マイネルフロスト(2着)でした\(^o^)/

昨年の秋は追い切り評価でイマイチにしたように明らかに状態が悪かったですけど、前走時の最終追い切りは本来の素軽さが戻ってきて復調を予感させる好内容。レースでもそこそこ好走したようにようやく良かった頃に戻ったなーといった印象を受けます。その上でこの中間は12月31日に美浦南W一杯で【 5F66.3-38.2-12.2 】の好時計。この時計ならさらなる前進に期待できそうです。

今回は逃げ先行馬が少ないことからスローペース濃厚で、内回りコースよろしく後半早仕掛けのスローロンスパ戦になると予想。差し馬だらけのこのメンバーならポジションで優位に立てる可能性が高く、後半早仕掛けの持続力勝負もこの馬向き。ココは期待です。

対抗はバロンドゥフォール

対抗はバロンドゥフォールにしましたー。

最終追い切りの映像を観て、時計以上に動けていると感じたのはこの馬。休み明けの前走福島記念後は在厩調整で順当な上積みが望めそうです。

12月の中山芝2000mはディープインパクト産駒が13頭出走して【 5.0.2.6 】、勝率38.5%、複勝率53.8%とよく走りました。もちろん今開催はAコースからCコースに替わるので差し競馬をしているこの馬向きとはいえず、外枠ということもあってポジション次第なところもありますけど、鞍上が読めない横山典騎手なので思い切った騎乗が見られる可能性も無きにしも非ずな感じで。状態が良さそうなことや忙しいマイルよりは1800m~2000mのほうが合うだろうということも含めて、穴馬からはこの馬を狙います。

買い目

■ 三連複フォーメーション15点+9点

◎ – ○▲☆ – ○▲☆△ = 15点 × 200円

○ – ▲☆ – ▲☆△ = 9点 × 100円

以上、中山金杯2016の予想でしたー。

【 結果 】

三連複当たったけど人気どころがきちゃったんで配当安かったですね( ノД`)

ベルーフ除外返還があったことでちょぴっとだけプラスでした…。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です