【中山記念 2016 予想】追い切り好調馬から相手も3頭で

racing-tip01

閲覧ありがとうございます(。・ ω・)ノ゙

中山記念2016の予想です。

中山記念は日曜中山11R、芝1800m内回りのG2別定戦です。発走時刻は15:45です。

前日オッズでは単勝1番人気がドゥラメンテの2.4倍。2番人気がリアルスティールの4.1倍。3番人気がイスラボニータの5.3倍。以下、アンビシャスロゴタイプまでが単勝10倍未満になっています。

ドゥラメンテの単勝が2倍台つくのはお得?なんて声も聞こえてきそうですけど、ココは追い切り好調のアノ馬を軸にして相手も極力絞ることにしましたー。

※ 中山記念の最終追い切り評価は↓コチラです。

【中山記念2016】最終追い切り・調教評価【ドゥラメンテ】

印と見解です

A (イスラボニータでした)
2 リアルスティール
3 ロゴタイプ
9 ドゥラメンテ

ドゥラメンテの不安材料は…

骨折長期休養明けのドゥラメンテ。最終追い切りはよく動けていて態勢自体は整っていると思います…が、昨年の春は課題の折り合いを重視した軽めの稽古をやっていた馬。無駄にテンションをあげることのないよう、ハードに攻めることはほとんどありませんでした。今回はレースに使えるだけの状態に仕上げるために二週連続で強めの稽古をやりました。気性よりも状態を優先した結果で、共同通信杯で露呈した折り合い難が顔を出す可能性は無きにしも非ずだと思います。

またドゥラメンテの近4走は平均~ハイペースでした。未勝利戦勝利後はある程度流れる競馬、比較的折り合いをつけやすい流れで勝ち負けしてきたわけで、少頭数で逃げ馬不在、スローペース濃厚なココで我慢がきくかどうか。皐月賞やダービーのようにある程度流れたほうが競馬がしやすいことは確かでしょうし、緩いペースで他の馬たちも楽をしたときに皐月賞で見せたような1頭だけ次元の違う末脚が発揮できるのか、ドゥラメンテの不安材料は骨折長期休養明けだけではないように思います。

状態に不安はないと見ていますので能力の違いでアッサリ勝たれてもおかしくはないですけど、同じ中山でも皐月賞とはまた違った性質のレースになる予感…。盤石とは言い難いので、ココは他の馬から入ることにしましたー。

本命は追い切り好調のアノ馬

そんなわけで本命は人気ブログランキングのAにしましたー。

A ⇒ イスラボニータ(9着)でした

4走前は渋った馬場が合わず、3走前は休み明けで仕上げきれず、2走前は外枠が仇となり、前走は出遅れ…と、消化不良の近走は敗因がはっきりしています。今回は休み明けですけどじっくりと乗り込んで好時計連発。最終追い切りも南W強め馬場の七分目で【 6F82.3-38.8-12.8 】の好時計。大きなストライドでいい伸び脚を見せました。仕上がり良好だと思います。

ゲートさえまともなら前目のポジションを取りにいくはずで、追い出してからは反応よく加速して抜け出す脚のある馬。スローペースに乗じて後方の末脚自慢の馬たちにポジション差で優位に立てれば、そのまま出し抜き競馬が嵌るのではないかと思います。今年は一味違うところを見せてほしいですね。

買い目

■ 馬連流し3点

A – 02 03 09 = 3点 × 各1,000円

【 結果 】

出遅れ…( ノД`)

以上、中山記念2016の予想でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です