武蔵野ステークス2015追い切り診断 | ノンコノユメ終い好時計!!

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

武蔵野ステークス2015の最終追い切り・調教診断をお届けします。

休み明けのノンコノユメゴールデンバローズもそれぞれに動けていましたー。

ノンコノユメは稽古では走らないタイプなのに終い好時計を出しました。ゴールデンバローズは相変わらずの迫力のある伸び脚。2頭ともなかなかよさそうに思います(*´ω`)

武蔵野ステークス2015の最終追い切り診断


■ 評価基準

A:イイネ!
B:なかなか
C:普通
D:微妙
E:イマイチ…

ノンコノユメ 評価:B

11/11(水) 美浦南W (重) 馬なり

【 5F69.0-53.6-40.1-12.5 】

Wコース3頭併せ。直線はパートナー2頭の真ん中に挟まれる形で競り合い。馬なり表記ですけどやや手綱を押しながらといったところで、ラストは3頭が綺麗に横に並んで同入でした。

基本的にこの馬は稽古では動かないタイプなので、Wコースでラスト1F12.5は優秀です。ザッと調べたところWコースでラスト1F12秒台は過去に1回だけ、これが二度目になります。パートナーに挟まれる形でしたので相乗効果もあるんでしょうけど、重馬場でもありますので時計的にはこれで十分。全体時計も前走ジャパンダートダービー時や前々走ユニコーンステークス時の最終よりも上なので、今回は稽古で動いているほうです。休み明けになりますけど乗り込み量も豊富なので、態勢は整っていると思います。

ゴールデンバローズ 評価:B

11/11(水) 美浦南W (重) G前仕掛け

【 4F54.1-40.2-12.8 】

Wコース2頭併せ。直線の途中までは手綱をガッチリと抑えて併走状態を維持。そのためクビを傾けて窮屈そうにしていました。手綱を開放して仕掛けられると即座に加速。大きなフットワークで力強い伸び脚を見せました。大きく先着。

これまで馬なり調整が主体で最終でも必ず馬なりだった馬が今回はしっかりと追ってきたことに違和感があるんですけど、休み明けの期間としては今までで一番長いので気にしなくていいのかなと。乗り込み量はなかなか豊富で、最終は迫力のある伸び脚。見た目は派手なのに時計がそれほど出ないのはだいたい毎度のことなので、時計もこの程度で問題ないと思います。今回もいい動きをしています。

グレープブランデー 評価:B

11/11(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 54.3-39.5-25.0-12.3 】

栗坂単走。ステッキが入るハードな内容で、終いに一杯に追われて力強い伸び脚。ずっと舌を出していましたけど、パワフルな脚捌きは健在です。

この馬は坂路で終い好時計を必ず出してくるんですけど、休み明けの今回は乗り込み量はなかなか豊富でも終い好時計が1本もありませんでした。ただ最終で出してきたのでとりあえずの態勢は整ったのかなと思います。二週前一週前は栗坂で52秒台を出していて、最終は豪快な伸び脚でラスト1F12.3。万全とまでは思いませんけど、力が出せる状態にあると思います。

C ⇒ (モーニンでした) 評価:A

11/11(水) 栗東坂路 (重) 馬なり

【 52.3-38.2-24.8-12.1 】

栗坂単走。馬なりのまま安定した走りで好時計。馬なり単走で後半にしっかりとギアをあげて見事な加速ラップですので、これといってケチの付けどころがないです。

この馬は攻め駆けするタイプではあるんですけど、馬なりでこの好時計は前走時の最終の栗坂馬なり【 52.2-25.0-12.2 】とほぼ同等。状態は高いレベルで安定していると思います。グッドです(*´ω`)

タガノトネール 評価:B

11/11(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 52.2-38.3-25.5-13.1 】

栗坂単走。ラスト2Fまでは軽快に、ラスト1Fから徐々に脚色が鈍って終いにステッキが3発。盛り返すことはできずに失速しながらゴールしました。時計の上でもラスト1Fが13.1なのでラップを落としていますけど、馬場が荒れた時間帯に追い切っていますので、失速は気にしないでいいと思います。この馬の場合はよくあることです。ただずっと舌を出していました。

前走時の最終は栗坂一杯で【 51.1-24.5-12.2 】の過去最高級の時計を出して2着に好走しましたけど、これは馬場が荒れていない時間帯にジョッキーが騎乗して出した好時計でした。直近の3勝、サマーチャンピオン、天保山ステークス、河原町ステークス1着時の最終は、いずれも馬場の荒れた時間帯に助手が騎乗してラスト1Fにラップを落としていました。それでも勝ちましたので、同じく馬場が荒れた時間帯に助手騎乗で追い切った今回もラスト1Fの失速は気にしないでいいと思います。重馬場で全体時計52.2はなかなかの好時計。変わらずに好調をキープしていると思います。

ベルゲンクライ 評価:B

11/11(水) 美浦南W (重) 強め

【 5F68.8-54.5-39.9-13.2 】

Wコース2頭併せ。パートナーに0.6秒先行して1馬身半ほど先着する内容。コーナーでパートナーが追いついて直線で馬体を併せる形。先に一杯に追われたパートナーと暫く併走状態を維持。溜めを作った後に強めに追って反応よく突き放し、力強いフットワークで1馬身半ほど先着しました。

初めは0.6秒先行しているので先着するのは当然としても、内容的には2着に好走した前走時と同じです。前走時の最終はWコース一杯【 5F70.6-41.0-13.8 】で、同様にパートナーに先行して先着する内容でした。時計は今回のほうがよく伸び脚も上々なので好調だと思います。

アドマイヤロイヤル 評価:C

11/11(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 52.6-39.2-26.3-13.6 】

栗坂単走。脚捌きには力強さがあってよかったんですけど、ラスト1F過ぎからしんどくなったのか徐々に減速。鞍上が一杯に追うも息を吹き返すことはなく、減速しながら走り終えました。

この追い切りはテンの1F目が13.4と速かったので最後まで脚が持たなかったのだと思いますけど、若い頃はテンが速くてもラストの失速を最小限に抑えられていたんですけどね、年を取るとそうはいきませんね…笑 全体時計は52.6なのでまずまずの好時計。ただラスト1F13.6はラップを落としすぎかなと思います。もっとも3走前のアハルテケステークス時の最終も栗坂一杯【 52.6-26.1-13.4 】で、同じくテンが速くてラストに失速する内容で3着に好走しました。なので悪いとも思いませんけど、良いとも思わず。可もなく不可もなくな感じです。

フィールザスマート 評価:B

11/11(水) 美浦南W (重) 馬なり

【 5F68.7-54.2-39.7-13.0 】

Wコース3頭併せ。直線は3頭横一線の競り合い…というよりは、3頭仲良く横一列で走ったという感じ。フィールザスマートは3頭の最内。淡々と走ってラストは同入でした。

今回は中1週での出走になるので、速い時計を出す気も先着する気もなかったと思います。あくまで流す程度ですね。ただ動き自体に堅さは見られず、スムーズに走れています。併せ馬で遅れていた前走時よりは状態は上向きだと思い、この追い切りを見る限り調子はよさそうに思います。

追い切り評価まとめ

A:イイネ!
C ⇒ (モーニンでした)

B:なかなか
・ノンコノユメ
・ゴールデンバローズ
・グレープブランデー
・タガノトネール
・ベルゲンクライ
・フィールザスマート

C:普通
・アドマイヤロイヤル

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのCです。ノンコノユメやゴールデンバローズは休み明けですけど、この馬は使われつつ馬なりで好時計。好調だと思います(*´ω`)

以上、武蔵野ステークス2015の最終追い切り・調教診断でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です