【京都記念2016】出走予定馬と一週前追い切り評価

kyoto01

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

京都記念2016の出走予定馬と一週前追い切り評価をお届けします。

京都記念は日曜京都11R、芝2200m外回りのG2別定戦です。

ダービー馬ワンアンドオンリー、重賞2連勝中のヤマカツエース、前走日経新春杯で最後方から豪快に差し切ったレーヴミストラル、ローズステークスの勝ち馬タッチングスピーチ、昨年のダービー3着のサトノクラウンなどが出走予定です(*´ω`)

出走予定馬

15頭がエントリーしています。全頭出走可能です。騎手は想定です。

馬 名 斤 量 騎 手
ワンアンドオンリー 57.0 内田博幸
ヤマカツエース 56.0 池添謙一
レーヴミストラル 56.0 川田将雅
トーセンレーヴ 56.0 フォーリー
ヒストリカル 56.0 田中勝春
サトノクラウン 56.0 ミルコ
アドマイヤデウス 57.0 岩田康誠
タッチングスピーチ 53.0 未 定
ショウナンバッハ 56.0 田辺裕信
ミュゼゴースト 55.0 和田竜二
スズカデヴィアス 56.0 藤岡佑介
トラストワン 56.0 ヴェロン
トウシンモンステラ 56.0 未 定
マイネルディーン 56.0 未 定
コスモロビン 56.0 未 定

一週前追い切り評価

S:時計も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、順調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 一週前は映像提供がないので某専門誌の時計を参考にしています。

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ワンアンドオンリー 評価:B

2/3(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 53.0-38.8-25.6-12.9 】

前走有馬記念9着から中5週で7本の時計、一週前は栗坂一杯でまずまずの時計を出しました。

坂路では後半に失速することが多いワンアンドオンリー。この中間は二週前栗坂馬なり【 53.9-26.0-12.8 】も一週前も、ラストの失速を最小限に抑えられているのは好材料です。もっとも前走有馬記念時の一週前は栗坂一杯で【 51.7-25.0-12.5 】と久しぶりに素晴らしい好時計好ラップを出していたので、それと比べると地味な時計ではあります。

まあでも決して悪くはないです。最終は坂路でラスト2F24秒台とか出るといいんですけどね。

レーヴミストラル 評価:C

2/3(水) 栗東CW (稍重) 馬なり

【 6F87.5-71.1-56.7-42.9-13.1 】(9)

前走日経新春杯1着から中2週でこれが1本の時計、2/6(土)にCW馬なり馬場の大外周回で【 6F88.3-41.8-12.6 】の2本目の時計を出しています。

間隔が詰まっているので本数に問題はないですけど、時計は2本ともゆるゆるなので本追い切り次第といったところです。

OPクラスになってからは最終CWでラスト1F11秒台なら好走、12秒台では凡走しているので、最終はCWでいつのも終い好時計、ラスト1F11秒台を出してくれればと思います。

A ⇒ (ヤマカツエースでした) 評価:A

2/4(木) 栗東CW (良) 一杯

【 6F83.4-67.6-52.7-38.4-11.9 】(5)

前走から中4週で4本の時計、一週前はCW一杯馬場の五分目周回で終い好時計を出しました。

二週前はCW稍一杯馬場の五分目周回で【 6F83.2-38.8-12.6 】の普通な時計。このときは速い時計が出やすい馬場状態でした。多少は時計が出にくくなった一週前は二週前よりも後半のラップが出ているので、ひと追いごとにピッチがあがってきたと言える内容です。

順調に稽古を消化しているので、最終も同等の終い好時計に期待です。

タッチングスピーチ 評価:B

2/3(水) 栗東坂路 (良) 末強め

【 53.1-38.6-24.9-12.4 】

前走エリザベス女王杯3着から約二か月半で4本の時計、一週前は栗坂末強めでまずまずの時計を出しました。

前走後はおそらくノーザンファームしがらきに放牧に出されていたと思われ、時計は4本だけでも1月初頭からじっくり乗り込んでいるので本数も問題ないです。全体53.1でラスト2F24.9ならこの馬比較で悪くなく、まずまず順調といった感じです。

今回は休み明けということもあって最終は栗坂で一杯に追ってくると思うので、過去最高級によかったローズステークス1着時の【 51.4-24.5-12.4 】ぐらいを出してくれれば。

サトノクラウン 評価:C

2/4(木) 美浦南W (良) 末一杯

【 6F83.9-69.2-53.7-38.7-13.1 】(5)

前走天皇賞秋17着から約三か月で5本の時計、一週前は南W稍一杯馬場の五分目周回でまずまずの時計を出しました。

前走後はおそらくノーザンファームしがらき?に放牧に出されていたと思われますけど、二週前の南W馬なり馬場の七分目で【 6F84.7-39.8-13.2 】も一週前もいまひとつ物足りない時計です。時計がアテにならない堀厩舎といえ前走天皇賞秋は体調が上がらずに惨敗、その後の休み明けなので、もう少し違いを見せてほしいですね…。

最終は南W併せ馬だと思うので、軽快な走りで余裕の先着ならと思います。

アドマイヤデウス 評価:A

2/3(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 50.8-37.1-24.8-12.9 】

前走有馬記念7着から中5週で7本の時計、一週前は栗坂一杯で好時計を出しました。

乗り込み量はなかなか豊富で一週前に昨年の日経賞1着時の一週前栗坂一杯【 50.8-24.7-12.6 】と同等の自己ベストタイが出たので問題なく順調でしょう。もっとも惨敗続きの近走もハードに攻めて好時計を出していたのでガラッと一変とまでは思わないものの、意欲的に攻めてこの時計なら一週前としては十分です。

最終は坂路で終い重点だと思うので、後半のラップがよければよいほどいいでしょうね。

トーセンレーヴ 評価:D

2/3(水) 栗東CW (稍重) 強め

【 6F87.8-70.3-55.0-41.0-12.7 】(8)

前走有馬記念6着から中5週で2本の時計、一週前はCW強め馬場の八分目周回でまずまずの時計を出しました。

連闘で挑んだ有馬記念後はノーザンファームしがらきに短期放牧に出して1/26(火)に帰厩。一週前は先週の東京新聞杯に出走したトーセンスターダム最終追い切りのパートナーを務めて0.5秒先行0.2秒遅れと、あまりパッとしない動きでした…。もっともトーセンスターダムを先着させる約束事があったと思うので強めに追ってる振りして大して追ってなかったりもするんですけど、使い詰めで短期放牧明けで本数不足で急仕上げなのでこれでは正直物足りず…。

最終は坂路でもCWでも活気のある動き、好時計が必要でしょうね。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、順調だと思う
A ⇒ ヤマカツエース(5着)でした。
アドマイヤデウス

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
ワンアンドオンリー
タッチングスピーチ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
レーヴミストラ
サトノクラウン

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
トーセンレーヴ

一週前の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。一週前はCWで終い好時計。二週前よりも後半のラップが出ていますので、追うごとに順調に上向いてると思います(*´ω`)

以上、京都記念2016の出走予定馬と一週前追い切り評価でしたー。

【 追記:2/11(木) 】

京都記念の最終追い切り評価更新しましたー。

【京都記念2016】最終追い切り・調教評価【レーヴミストラル】

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です