京都大賞典2015の予想 | カレンミロティックの前残りに期待!!

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ

京都大賞典2015の予想をお届けします。

京都の馬場は高速馬場ですね。日曜メインのオパールステークス(3歳上オープン芝1200m)の勝ち馬ビッグアーサーの走破時計は1:06.7でしたー。前半3Fが32.9で後半3Fが33.8。通常の馬場ならビッグアーサー恐るべし…なんですけど、2着マコトナワラタナも1:07.2で走破しているので、相当速い時計が出る馬場だと思います。エアレーションとか特に意識することなさそうですね(*´ω`)

馬場も内が伸びますので、スローペースになれば逃げ先行馬がそうそう止まらないと思います。そんな馬場傾向を踏まえて京都大賞典の予想です

京都大賞典2015の予想

今年は逃げ馬がいませんねー。枠の並びではニューダイナスティが逃げることになるでしょうか。外からカレンミロティック、内からラブリーデイ。少頭数でもありますので、ラブリーデイはインベタの好ポジションが取れそうですね。

スローペースになりやすい京都芝2400m+少頭数+逃げ馬不在ということで、大方の予想通りにスローペースになると予想。明らかに場違いなフォントルロイの逃げもあるかもしれないですけど、大勢に影響はないのかなと思います。

予想の印はこんな感じになりましたー


◎ 07 カレンミロティック
A ⇒ (ラキシスでした)
△ 01 ラブリーデイ
△ 02 ワンアンドオンリー
△ 05 レコンダイト
△ 04 ニューダイナスティ
△ 10 サウンズオブアース


◎カレンミロティックは条件的に狙いやすいかなと思います。最近は主に阪神で走っていますけど、以前は京都の高速馬場でも勝ち負けしていたので、速い馬場の不安も小さいかなと。…といっても条件馬時代の話ではあるんですけどね(*´ω`) 前走宝塚記念13着大敗は言い訳可能な敗戦で、序盤のポジション取りに失敗して10番手前後からの競馬になった時点で終わりでした。番手に取り付くことで良さが出る馬で、スローペースからの後半の持続力はココでも見劣りしません。京都の3角坂の下り、ラスト4Fからのペースアップにも問題なく対応できますし、2走前の天皇賞春はスローペースを番手追走でしぶとく粘って3着でした。昨年の宝塚記念も同様にスローペースを番手追走からしぶとく粘って2着でした。同じくスロー濃厚なココで、開幕週で前もなかなか止まらない馬場なら何かと有利に競馬ができると立場だと思います。追い切りもなかなか良かったですので、早め先頭で持ち前のしぶとさを発揮してほしいですね(*´ω`)

○はポジション次第なところもありますけど、本来は好位ちょい差し競馬が身上の馬。初重賞制覇が京都外回りコースで、前半後半5Fが【 60.3-59.2 】のスローペース。好位追走から4角でエンジン全開。ゴール前で先頭をキッチリ捕らえる鮮やかな差しきり勝ちでしたー。スロー濃厚のココなら好位のポジションを取りに行くと思われ、相性のいい京都外回りコースのスローペース戦なら条件的には合っています。ポジションが後ろすぎると正直微妙ですので、スタートから積極的に行ってもらいたいですね。

買い目


■ 三連単軸2頭マルチ30点

◎○ – △ = 30点 × 100円


以上、京都大賞典2015の予想 でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です