京都大賞典2015の出走予定馬と傾向 | 今年はスロー濃厚か?

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

京都大賞典2015の出走予定馬と傾向をお届けします。

今年の宝塚記念優勝馬ラブリーデイ、昨年のダービー馬ワンアンドオンリー、昨年のエリザベス女王杯を制したラキシスの3頭のG1ホースが出走予定です。

今週はG1ウィークではありませんけど、西の京都大賞典(G2)、東の毎日王冠(G2)と、秋の古馬G1に向けて重要な前哨戦が2つありますね。

土曜日には2歳馬の重賞サウジアラビアロイヤルカップもあります(*´ω`)

京都大賞典2015の出走予定馬

今年は11頭がエントリーしています。全頭出走可能です。


ラブリーデイ …58.0
ラキシス …55.0
ワンアンドオンリー …57.0
カレンミロティック …56.0
フーラブライド …54.0
サウンズオブアース …56.0
メイショウカンパク …56.0
レコンダイト …56.0
アンコイルド …56.0
ニューダイナスティ …56.0
フォントルロイ …56.0


前日の日曜日に行われる毎日王冠の出走予定馬が豪華ですからねぇ、こっちはちょっとだけ寂しい印象を受けます。頭数が少ないのもそう感じる要因でしょうか。とはいえG1馬が3頭いますので、例年と比べて劣るなんてことはないですね。

ちなみにこの中で重賞の勝ち馬は…

重賞の勝利実績


■ ラブリーデイ
 宝塚記念(G1)、京都記念(G2)、中山金杯(G3)、鳴尾記念(G3)

■ ラキシス
 エリザベス女王杯(G1)、産経大阪杯(G2)

■ ワンアンドオンリー
 日本ダービー(G1)、神戸新聞杯(G2)、ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)

■ カレンミロティック
 金鯱賞(G2)

■ フーラブライド
 愛知杯(G3)、中山牝馬S(G3)

■ メイショウカンパク
 京都大賞典(G2)


以上の6頭になります。

このメンバーだと今年になって宝塚記念を含む重賞を4勝したラブリーデイが1番人気になるでしょうか。2000m~2200mの中距離馬のイメージがありますけど、2400mは昨年にOP特別のメトロポリタンステークスを勝っています。

ラキシスは2400m以上のレースは有馬記念(2500m)の1回しか出走経験がないんですよねぇ。2400m戦は初出走になります。ココ2戦は流れとポジションが噛み合わずの敗戦でした。今回はどうでしょうか。

ワンアンドオンリーはダービー馬ですから格では圧倒的です。距離の不安はまったくないので、良かった頃の力が発揮できるかどうかですね。今年の初戦、初の海外遠征ドバイシーマクラシック3着は地味に評価できるのではないかと思います。

他にも重賞未勝利ながらも2着3回のサウンズオブアース、前走宝塚記念でポジション取りに失敗して力が発揮できなかったカレンミロティックあたりが人気になりそうです。


…ちなみに今週は三日間開催で京都大賞典は月曜日ですので、お間違えのないよう(*´ω`)

今週の重賞日程


10/10(土) サウジアラビアロイヤルカップ(重賞)
10/11(日) 毎日王冠(G2)
10/12(月) 京都大賞典(G2)


毎日王冠は日曜日に東京競馬場で、京都大賞典は月曜日(体育の日)に京都競馬場で行われます(。・ω・。)ノ 土曜日は2歳馬の重賞サウジアラビアロイヤルカップ(旧いちょうステークス:今年から名称が変更されました)も東京であります。

ちなみにサウジアラビアロイヤルカップは重賞ですけど、グレードの格付けはされていないレースです。名称変更前の昨年のいちょうステークスと同じです。

京都大賞典の傾向

さて、京都大賞典の傾向です。

舞台は京都芝2400m外回り。4角ポケット発走から最初の1角まではたっぷり600mほどありますので、1角に向けてテンから激しいポジション争い、なんてことにはならないコースです。逃げ馬が揃えばこの限りではありませんけど、基本はスローペースになりやすいコースです。

京都は3角に上って下る急坂がありますので、スローペースになった場合は坂の下りのラスト4Fから徐々にペースアップして4角でアクセル全開。その後の直線勝負になりやすいです。

京都大賞典の過去10年では、ザックリと分けてスローペース7回、平均ペース1回、ハイペース2回となっています。逃げ馬がガンガン行くと速くなりますけど、基本はスローからの上り勝負ですね。逃げ馬が不在だと猛烈なドスローになることもあります。

脚質は先行と差しがほぼ互角で、過去10年では逃げた馬が1頭も馬券になっていません。直線は平坦の京都でも、過去の傾向から逃げ馬は割引きになりますねぇ。

今年は逃げ馬が見当たらないよ…

まあ逃げ馬は割引きなんですけど、今年はこれといった逃げ馬が見当たりません。逃げ実績があるのはニューダイナスティとカレンミロティックぐらいですかねぇ。ただこの2頭は本来は番手で競馬したいタイプですよね。

ってことはスロー濃厚か?

京都芝2400m+少頭数+逃げ馬不在=スローペースと思っちゃいますよねぇ。私は今のところスローorドスローになりそうだと思っています。前でも後ろでも、スロー適正のある馬を狙いたいところです。

私の注目馬!!

そんなわけで私の注目馬はBになります。

 B ⇒ (ラブリーデイでした)

この馬はペースが上がりきってしまえば不安も残りますけど、スローならそうそう崩れないと思います。京都外回りコースのスローペース戦でラスト4Fからのペースアップにも問題なく対応して勝っていますので、今回も流れは合うと思います。とはいえ京都なのでキレ負けする可能性があること、2400mの距離がどうかなーといったところが不安要素になりますね。今回のメンバーはそこまで強力でもないので、完勝するぐらいのことをやってのけたら秋のG1が楽しみになるでしょうね(*´ω`)


以上、京都大賞典2015の出走予定馬と傾向でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です