京都2歳ステークス2015追い切り診断 | アドマイヤエイカンは?

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2015の最終追い切り・調教診断をお届けします。

今回はなかなか良さそうな馬が多かったです。そんな中でも一際目を引く反応の良さや伸び脚を見せてくれた馬もいましたー。

京都2歳ステークス2015の最終追い切り診断


■ 評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

アドマイヤエイカン 評価:B

11/25(水) 栗東CW (良) 一杯

【 6F84.0-68.0-53.1-39.0-12.2 】

Wコース2頭併せ。オツウ(牝5歳OP・馬なり)を0.3秒追走して1馬身先着。コーナーではアドマイヤエイカンが内、オツウが外を回ったことで直線の入りでは内外の差で1馬身前に出る形。そこからオツウが差を詰め、馬体が並んだところでアドマイヤエイカンの鞍上岩田Jが一杯に追い出しを開始。馬なりのオツウが前に出そうになったのでオツウの鞍上がブレーキ(アドマイヤエイカンを先着させることが約束事だったと思われます)。岩田Jのステッキが2発入ってようやくエンジンがかかって1馬身先着しました。

相手がオツウなので煽られたのは仕方がないにしても、手綱を抑えてもらっての先着なので、見栄えの上では悪いです。ただ時計はまずまずの合格点。二週前にはWコースでゴールドシップと併せて0.5秒先行0.2秒先着。一週前には坂路でレッドリヴェールと併せて0.1秒先行クビ差遅れ。厩舎の偉大な馬たちと併せ馬ができているのはこの馬にとってプラスになりそうです。約三ヶ月弱の休み明けで7本の時計、内一杯に追う稽古を3本、併せ馬を3本、長めから負荷をかける稽古もあり、坂路で51秒台の優秀な時計もあり、やるべき稽古をしっかりやっています。この最終は反応がいまひとつだったのがマイナスですけど、態勢は整っていると思います。

ドレッドノータス 評価:B

11/25(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 53.1-38.7-25.0-12.6 】

栗坂2頭併せ。マイアベーア(牡3歳1000万・一杯)を0.3秒先行してハナ差先着。相手が頼りない走りなのでそれと比べれば幾分マシですけど、ドレッドノータスもヨレるところが見受けられて安定感に欠けます。ただ終いに一杯に追われてしぶとく脚を伸ばしてハナ差先着しました。

時計は前走新馬戦時の最終栗坂一杯【 53.7-26.3-13.6 】を上回ってきました。特に後半のラップの減速を抑えられているのがいいですね。一度レースを使ったことで着実に前進していると思います。

D ⇒ (リスペクトアースでした) 評価:A

11/25(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 6F84.9-68.1-52.9-38.9-13.5 】

Wコース2頭併せ。コラージェン(牡2歳未勝利・一杯)を0.6秒先行して2馬身ほど先着。コーナーで外に膨らむ幼さを見せたものの直線では即座に加速して遅れを挽回し、勢いがよすぎて相手を抜きそうになったので一旦ブレーキをかけて併走状態を維持。一杯に追い出した相手に頭差リードを許したところで軽く仕掛けると、反応よく伸びて2馬身ほど先着しました。

馬体重500キロをゆうに超える大きな馬ですけど雄大な走りができていて、この最終は0.6秒先行とはいえ反応も加速も十分。時計も一杯に追われていた前走新馬戦時の最終よりもいいぐらいなのでこの馬比較で合格点。グッドです(*´ω`)

ロライマ 評価:B

11/25(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F89.3-72.9-56.4-40.4-11.6 】

Wコース2頭併せ。ブルーフラッシュ(セ4歳500万・馬なり)を0.5秒追走して半馬身先着。馬場の外目を通って2頭並んで直線へ。鞍上の軽い仕掛けに反応よく加速して半馬身先着しました。

あくまで終い重点なので全体時計は評価できるものではありませんけど、そのぶん終いの伸び脚は十分。二ヶ月ほど間隔があきましたけど10月末から時計を出し始めてこの最終が9本目、内8本が併せ馬で実のある稽古を積んでいます。なかなかの好仕上がりだと思います。

ケルフロイデ 評価:B

11/25(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F70.4-53.8-39.5-13.1 】

Wコース2頭併せ。ケイアイダイチャン(牡2歳未勝利・馬なり)を0.4秒追走してハナ差遅れ。直線の入りでクビ差ほど前に出たので一旦ブレーキ。相手が横に並んだところで手綱を開放し、その後はお互い馬なりのまま競り合いに。若干勢いで劣ってハナ差ほど遅れました。

遅れはブレーキをかけたぶんなので気にすることはなく、この馬なりに軽快に動けています。時計は前走時の最終に劣るもののまずまずの合格点で、一週前に長めから追っているので最終はこの程度で問題ないのかなと。変わらずに力が出せる状態だと思います。

ウインクルサルーテ 評価:B

11/25(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 4F52.0-38.1-11.9 】

Wコース2頭併せ。メイショウサイジン(牝2歳未勝利・馬なり)を0.3秒追走してハナ差先着。映像はゴール直前からゴール後なので内容は不明も、軽快な走りで流しながらゴールしてハナ差先着しました。

半マイル追いですけど時計はこれまでで一番いいので、強めに追われて時計も平凡だった前走時よりは前進があってもよさそうです。ただ中4週で2本の時計しか出していないんですよね。2本とも馬なりなので控えめな仕上げだと思います。それでも時計がよく軽快な走りができているので前走以下ということはなさそうです。

ジョルジュサンク 評価:C

11/25(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 54.8-40.7-26.7-13.4 】

栗坂単走。馬場が荒れた時間帯にしっかりとした脚取り…も、終盤に強めに追われて徐々に頼りない走りに。加速することはできませんでした。

この馬は今までのところ坂路で好時計が出せるようなタイプではないので、時計はまずまずといったところではあります。中1週での出走でこれまで同様の時計を出してきたことは好印象。ただ7月から毎月レースに使われて11月はこれが2戦目。代わり映えのしない走り&時計からも状態は良くも悪くも平行線といったところだと思います。

ダンツプリウス 評価:A

11/25(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 53.4-39.0-24.7-12.4 】

栗坂2頭併せ。トウシンタイガー(牡2歳未勝利・一杯)を0.2秒追走して頭差先着。頭は高いが走りはキビキビと。終いに強めに追われてもうひと伸び。一杯に追う相手を交わしてキッチリ頭差先着しました。

既に5戦していますけど全体時計は自己ベストで、ラスト2F24.7は未勝利戦1着時の中間に出していた24.3に次ぐ好時計。決して時計が出やすい時間帯でもないのにこの時計&安定感のある走りは好印象で、さらなる上積みがあってもよさそうに思います。グッドです(*´ω`)

オンザロックス 評価:B

11/25(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 51.7-37.8-25.0-13.2 】

栗坂単走。体が左右にブレる安定感のない走り。その後に安定を取り戻したかと思ったら、終いにステッキも入って再び安定感のない走り。時計は出てますけど軸が安定しない若さを見せています。中盤で時計を出しすぎてラストに失速しました。

全体時計はこの日の5番時計で優秀なんですけど、この馬は新馬戦出走前の坂路一発目の稽古で50.1なんて好時計を叩きだした猛者なので、今回が特別いいなんてこともなく…。前走未勝利戦1着時の最終栗坂一杯【 52.2-25.1-12.4 】はキッチリ加速ラップだったので今回よりもよかった気も。ただラストに失速したとはいえ中1週でこれまで同様の好時計が出せているのは元気がある証拠。引き続き良さそうな印象です。

追い切り評価まとめ


A:ほぼ文句なく、好調だと思う
D ⇒ (リスペクトアースでした)
・ダンツプリウス

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・アドマイヤエイカン
・ドレッドノータス
・ロライマ
・ケルフロイデ
・ウインクルサルーテ
・オンザロックス

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・ジョルジュサンク

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのDです。反応よく加速して伸び脚も十分。グッドです(*´ω`)

以上、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2015の最終追い切り・調教診断でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です