【きさらぎ賞2016】最終追い切り・調教評価

kisaragi02

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

きさらぎ賞2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

サトノダイヤモンドはCWで反応のいい伸び脚。併せ馬で大きく先着しました。

ロイカバードはCWで終い好時計。ラスト1Fのラップは前走時よりも出ています。

レプランシュは坂路で余裕の1馬身先着。前走時と同等の状態にはありそうです。

ノガロも坂路で1馬身半先着。こちらも一定の状態をキープできていそうです。

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 追い切り評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

サトノダイヤモンド 評価:B

2/3(水) 栗東CW (稍重) 末強め

【 6F87.4-69.7-54.4-40.4-12.3 】(7)

CW2頭併せの内。直線は手綱を抑えてじっくりと。ゴール前で追い出されてスッと加速。併走馬を置き去りにして大きく先着しました。池江厩舎仕様でゴール後も暫く追われていました。

前走500万下1着から中5週、短期放牧(ノーザンファームしがらき)を挟んで5本の時計を出しています。本数は本題ないです。

一週前はCW稍一杯馬場の六分目周回で【 6F85.0-39.2-11.8 】の終い好時計。最終も終い重点で反応のいい伸び脚。ただ過去2走と同じ、この中間も全体時計が緩いので、ビッシリ仕上げてきた感じはそれほどしないです。もっともラブリーデイやミッキークイーンのようにビッシリやることが少ない池江厩舎でもありますし、目標はまだ先なのでこれでいいんでしょうね。

反応よく加速できているので調子自体はよさそうです。この動きなら前走以下なんてことはないと思います。

ロイカバード 評価:B

2/3(水) 栗東CW (稍重) 一杯

【 6F87.6-71.4-55.9-41.0-11.9 】(7)

CW2頭併せの内。直線で一杯に追われて反応よく加速。そのまま1馬身半ほどリードを広げるも、ほぼ馬なりの併走馬に徐々に差を詰められ半馬身先着したところがゴール板でした。

前走福寿草特別500万下1着から中3週で3本の時計を出しています。本数は問題ないです。

一週前はCW一杯馬場の大外周回で【 6F82.9-40.1-12.5 】のなかなかの好時計。長め大外周回で負荷もかかっているのでいい追い切りでした。最終は終い重点終い好時計で反応よく加速…も、手応えは劣勢だったのでもう少し余裕を持って先着してほしかったところ。もっとも前走時の最終は併せ馬で遅れていましたし、今回はラスト1Fのラップも出ました。この馬なりに前進していると思います。

レプランシュ 評価:B

2/3(水) 栗東坂路 (良) 末一杯

【 55.1-40.1-25.8-12.8 】

栗坂2頭併せ。ステッキを入れて一杯に追い出した併走馬を馬なりのまま可愛がる余裕を見せ、ゴール直前に一杯に追われてグイッと加速。1馬身ほど先着しました。

前走シクラメン賞500万下1着から約二か月、放牧(ノーザンファームしがらき)を挟んで6本の時計を出しています。本数は問題ないです。

一週前は栗坂一杯で【 53.0-25.1-12.7 】のこの馬比較で好時計…も、最終は速い時計を出す意思がなかったようで時計自体は平凡です。ただ一週前に時計を出して最終緩めなのは過去2走と同じパターン。状態は前走時と同等と見てよさそうです。

ノガロ 評価:B

2/3(水) 栗東坂路 (良) 末強め

【 55.1-39.8-25.6-12.6 】

栗坂2頭併せ。後肢が大股開きになるのはヒットザターゲットにそっくりで、まだまだ若いためか安定感に欠ける脚捌きの印象…も、終いに強めに追われてキッチリ抜け出し1馬身半ほど先着しました。

前走寒竹賞500万下3着から中3週で4本の時計を出しています。本数は問題ないです。

一週前は栗坂馬なりで【 53.2-25.9-12.9 】のまずまずの好時計。この馬は今のところ追い切りで動くタイプではないので、馬なり余力残しで53.2が出たのは成長している証かなと思います。最終は終い重点なのでもう少し後半のラップがよければと思いますけど、追い出されてからも加速はできているので悪くはないです。特に変わりなく一定の状態をキープできていそうです。

C ⇒ (ロワアブソリューでした) 評価:A

2/3(水) 栗東坂路 (良) 末強め

【 52.7-37.5-24.6-12.3 】

栗坂2頭併せ。終盤は2頭が馬体を併せて追い比べ。併走馬に寄られて体を離そうとしたことはよろしくないものの、末強めでキッチリ抜け出しクビ差先着しました。

前走から中7週、放牧(ノーザンファームしがらき)を挟んで5本の時計を出しています。本数は問題ないです。

一週前は栗坂一杯で【 52.0-25.0-12.8 】の好時計。最終も好時計で終い好ラップ。前走時の最終栗坂強め【 55.9-26.5-13.1 】や中間に出していた栗坂一杯【 53.9-25.3-12.4 】を大幅に上回る好時計を出しています。まあ前走時は余力残しの仕上げだったんでしょうね。今回はキッチリ仕上げてきたと言える時計で、これなら一度レースを使った上積みも大きいと思います。グッドです(*´ω`)

オウケンダイヤ 評価:D

2/3(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 56.8-39.9-26.1-13.4 】

栗坂2頭併せ。この馬なりにまずまず安定して走れているのは好印象も、終いに一杯に追われて伸びることができずに半馬身遅れました。400キロに満たない小柄な牝馬らしく、非力な印象を受けます。

前走500万下10着から中1週、2本の時計にプールも併用して調整しています。中1週でも稽古量は豊富です。

今のところまったく攻め駆けしないタイプではありますけど、一杯に追われてこの全体時計、このラップでは変わり身もなさそうで…。強調材料は前走から一週間後に時計を出しているので、特にダメージもなかったのではないかということぐらいです。

ウルトラバロック 評価:C

2/3(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 54.5-39.5-25.6-13.1 】

栗坂2頭併せ。終いに一杯に追われてしぶとく脚を出し切るも、併走馬に煽られ1馬身遅れでした。まあ今のところ坂路で走る馬ではないですし、0.6秒追走していたので遅れは仕方がないでしょうね。

前走新馬戦1着から中7週で9本の時計を出しています。本数は豊富です。

この最終は馬場が荒れた時間帯に追い切っているので時計も内容もそれほど悪いとは思いません。一週前の栗坂一杯【 53.8-26.3-13.5 】も後半失速していますけど全体時計はまずまずです。だからといっていいわけでもなく、良くも悪くも平行線。稽古ではまだまだこれからの馬といったところで、伸びしろはありそうです。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
C ⇒ ロワアブソリュー(7着)でした。

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
サトノダイヤモンド
ロイカバード
レプランシュ
ノガロ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
ウルトラバロック

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
オウケンダイヤ

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのCです。前走から大幅に時計を詰めてきました。上積みは大きそうですね(*´ω`)

以上、きさらぎ賞2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です