金鯱賞2015の最終追い切り・調教評価 | クラレントが地味に好時計

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ゙

金鯱賞2015の最終追い切り・調教評価をお届けします。

G1の谷間のレースということで、本気でココを獲りにきた!!という稽古をしてきた馬はあまりいなかった印象です…。クラレントは地味に好時計を出していましたけどね(*´ω`)

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ディサイファ 評価:C

12/2(水) 美浦坂路 (良) 強め

【 57.1-41.6-27.5-13.5 】

美坂単走。相変わらずの前肢を大きく前に出したフットワークは健在で、終いに強めに追われて脚色鈍ることなく走りきりました。ただ時計はそれほど出ていませんね。

前走天皇賞秋時の最終は美坂馬なりで【 52.6-25.2-12.4 】の好時計、この日の8番時計でした。結果こそ伴いませんでしたけど陣営が思い描いた通りのデキだったと思い、それと比べると今回は物足りませんね…。中間の時計も平凡ですので、大レース後のデキという感じがアリアリです…。

レーヴミストラル 評価:B

12/2(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F84.0-68.1-53.3-39.5-12.6 】

Wコース2頭併せ。タガノカムイ(牡3歳500万・馬なり)に0.2秒先行して半馬身先着。軽い内容で、先行して1馬身ほどのリードを保って直線へ。軽くゴーサインを出して反応を確かめ、すぐに緩めて流しながらゴールしました。一応は半馬身先着。

叩き2戦目で中3週での出走になるので速い時計は必要ないと言わんばかりの内容です。中間にも速い時計は出していないです。ただ休み明けの前走時は乗り込み量も豊富で好時計も出していてなかなかの好仕上がりだったと思うので、好仕上がりの前走後ということでもう負荷をかける必要はないという判断なんでしょうね。なんというか好調だけどまだ完全には仕上げない、あくまで目標は次といったような調教過程に思えます。

ベルーフ 評価:C

12/2(水) 栗東CW (良) 稍一杯

【 4F54.8-39.3-12.6 】

Wコース2頭併せ。レヴィンインパクト(牡2歳500万・一杯)を0.4秒追走して頭差先着。直線の追い比べでジワジワと差を詰めて頭差先着したところがゴール板。ただゴール板を過ぎてから相手交わされステッキが1発入りました。

そんなに悪くはないですけど、一週前のWコース一杯【 6F87.0-40.6-12.8 】もこの最終も、前走菊花賞時には及ばない時計です。二週連続で一杯に追われているわりには後半のラップが出ませんね。もっともゴール板を過ぎてからが本番の池江厩舎なので時計はアテにはなりませんけど、前走以上ということもなさそうです。

D ⇒ (サトノノブレスでした) 評価:B

12/2(水) 栗東CW (良) 末一杯

【 6F86.2-69.2-53.1-39.4-12.1 】

Wコース2頭併せ。オリハルコン(牡4歳500万・稍一杯)を0.3秒追走して3/4先着。直線は1馬身後ろからじっくりと。馬なりのままピッチをあげていい伸び脚を見せ、一気に相手を交わしてゴール直前から一杯に追い出しを開始。こちらも池江厩舎、3/4馬身先着した後も一杯に追われていました。

長期休養明けの叩き3戦目で順等に上向いていると思わせる内容で、馬なりのまま相手を交わすときの脚はよかったです。時計も終い好時計でいいと思いますし、これなら前走以上にやれてもと思います。

ミトラ 評価:C

12/2(水) 美浦坂路 (良) 馬なり

【 57.0-42.0-28.1-14.5 】

美坂単走。軽く流す程度の内容で、まずまずの脚取りで坂を駆け上がりました。

この馬は攻め駆けするタイプで、やれば好時計が出せるんですけどね。前走福島記念から中2週のためか、この中間は控えめな内容です。一週前の土曜日に美坂馬なり【 54.5-27.4-14.1 】でまずまずの時計も、後半の失速がちょっとなーと。最終は流す程度。あくまで現状維持の内容で、前走以上ということはないと思います。

クラレント 評価:B

12/2(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 54.0-40.0-26.1-12.9 】

栗坂2頭併せ。ヴィンテージローズ(牝4歳500万・馬なり)を0.1秒追走して頭差先着。終いに一杯に追われて脚取りはしっかりと。しぶとく脚を伸ばして頭差先着しました。

この馬は坂路で好時計を出すようなタイプではなく、特にラスト1Fの時計が出ないことが多いんですけど、この最終は馬場が荒れた時間帯に追い切っているのでこの馬比較で好時計だと思います。一週前も栗坂一杯で同じ時間帯に【 53.1-26.1-13.6 】の好時計。これなら叩き3戦目でさらなる前進があってもよさそうです。

マジェスティハーツ 評価:C

12/2(水) 栗東CW (良) 末強め

【 6F82.3-66.8-52.2-38.6-12.4 】

栗坂2頭併せ。レントラー(牡3歳1000万・一杯)を0.4秒追走して大きく先着。直線では先に一杯に追い出した相手に対して馬なりのまま併走を維持。そこから強めに追い出すと、ややモタれる仕草を見せながらもエンジンがかかってからは大きなストライドで上々の伸び脚を見せました。

直線の伸び脚はいいですけど、約三ヶ月の休み明けでこの時計ではやや物足りずな印象も…。これまでに二ヶ月以上の間隔があいたときは最終で6F79秒~80秒台の時計が出たときに好走しているので、今回の6F82.3は悪くもないけど良くもなくな感じで。一週前も全体時計は平凡なので、伸び脚はよくても時計的にはあまり強気にはなれないかなと思います。

マイネルフロスト 評価:B

12/2(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F67.8-53.0-38.4-12.9 】

Wコース3頭併せ。マイネルイルミナル(牡5歳1600万・一杯)を0.4秒追走、サウンドトゥルー(セ5歳OP・馬なり・チャンピオンズカップに出走予定)を0.2秒追走して1馬身先着と同入。コーナーでは頭を上げる素振りを見せるも、直線に入ってからはスムーズな伸び脚。馬なりのまま軽快に駆けてサウンドトゥルーと同入しました。

最近は稽古でまったくよく思えなかったんですけど、この中間は一週前も最終も軽快に走れているので復調してきた感じがします。時計もまずまずで、これなら前走以上に走れてもよさそうです。

パッションダンス 評価:C

12/2(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 53.4-38.4-24.8-12.4 】

栗坂単走。終いに軽めに追われてしっかりとした伸び脚。ラップを落とすことなく軽快に走りました。

時計はこの馬比較でまずまずの好時計。坂路だとラスト1Fに甘くなることが多いんですけど、この最終は脚色が鈍ることはありませんでした。一週前のWコース強め【 6F81.5-39.7-12.8 】もまずまず…も、Wコースならもうワンランク上の時計が出せて当然の馬。約三ヶ月の休み明けでもありますので、長めから負荷をかける稽古で好時計が1本もないのは気になります。

評価まとめ

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・レーヴミストラル
Dサトノノブレス(3着)でした\(^o^)/
・クラレント
・マイネルフロスト

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・ディサイファ
・ベルーフ
・ミトラ
・マジェスティハーツ
・パッションダンス

以上、金鯱賞2015の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です