菊花賞2015 最終追い切り診断 | リアルスティールの状態は?

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

菊花賞2015最終追い切り・調教診断をお届けします。

G1だけあって上位人気になりそうな馬たちの仕上がり具合は良さそうに思いましたー。リアルスティールリアファルも状態に問題はなさそうです。

ただジュンツバサは残念な内容になっていました。レースにいって力が出しきれるといいんですけど、どうなるでしょうか。

菊花賞2015の最終追い切り診断

■ 評価基準

A:イイネ!
B:なかなか
C:普通
D:微妙
E:イマイチ…

リアルスティール 評価:

10/21(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 53.6-39.0-25.2-12.6 】

栗坂2頭併せ。コーナーの出口ではパートナーの真後ろ。そこから右に出すと即座にパートナーに並んで前に出ようとしましたけど、鞍上の福永Jは手綱を抑えて併走を維持。ラスト1F過ぎから手綱を開放すると、気分良さそうに伸びて大きく先着しました。内容的には即座にパートナーを抜こうとして手綱を抑えられたのがよろしくないですけど(折り合いに若干の不安が)、余裕の走りからは状態の良さが伺えます。

前走神戸新聞杯2着から中3週、坂路とWコースで4本の時計+プールも多く取り入れて調整しています。順調な調教過程です。

休み明けの前走時は好時計を連発していてある程度仕上がっていた状態だと思うので、中3週での出走になるこの中間はそんなに速い時計が必要とは思わず、一週前Wコース馬なり【 6F81.5-37.8-12.1 】、そしてこの最終と、時計はこの程度で問題ないと思います。ビッシリと仕上げているわけではないですけど、今回は長丁場ですからね、無駄にテンションをあげるよりはこれぐらいでいいのではないかと思います。

リアファル 評価:

10/21(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 51.6-38.1-25.2-12.9 】

栗坂2頭併せ。前走時の最終と同じような内容で、終いに強めに追われてしぶとく脚を伸ばしました。脚元には力強さがあり、走りも安定していて良さそうな印象です。ハナ差先着。

前走神戸新聞杯1着から中3週、坂路で4本の時計を出しています。中3週で4本なので順調です。一週前の栗坂馬なり【 52.0-26.6-14.0 】は前後が逆のようなラップになったので個人的には最終に注目していたんですけど、この最終はキッチリとまともなラップ&好時計を出してきました。

時計は前走時の最終のほうがさらに良かったですけど、それは調教パートナーが攻め駆けするダノンリバティだったので否応無しにも速い時計になったと思われ、今回もこの馬比較でなかなかの好時計です。これなら前走時と同等の状態と言えるかと思います。

サトノラーゼン 評価:

10/21(水) 栗東CW (良) 強め

【 4F54.7-39.9-12.4 】

Wコース2頭併せ。手綱を抑えてコントロールしながら直線に入り、パートナーに並んだところで併走状態を維持。ゴール直前で2頭が強めに追い出され、どちらが前に出るわけでもなくラストは同入でした。そのままゴール後も追われ続け、結局パートナーを追い抜くには至りませんでした。

前走セントライト記念7着から中4週、Wコースと坂路で6本の時計を出しています。本数は十分です。一週前のWコース強め【 6F84.9-39.8-11.7 】はこの馬にしては上々の終い好時計で、叩き2戦目として上積みが期待できそうな追い切りを消化しています。

この最終はゴール板を過ぎてからが本番のような内容で、ゴール後も強めに追われてパートナーを抜くことができなかったのが不満ではあります。ただこの馬は併せ馬で遅れることも度々ありますからねぇ。今回は抜けず抜かれずの内容で互角でしたので、まあいいのかなと。大一番に向けて万全とまでは思いませんけど、仕上がりはなかなか良さそうに思います。

ただ序盤は手綱を抑えて制御しているように見えましたので(と言っても若干ですけど)、折り合い面で一抹の不安は残ります。

スティーグリッツ 評価:

10/21(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 53.6-39.3-26.0-13.0 】

栗坂単走。この馬の調教映像を見るのは初めて\(^o^)/なんですけど、少なくとも追い切りではいい馬だと思います。終いに強めに追われて伸び伸びと真っ直ぐにしっかりとした脚捌き。走りにはケチの付けどころがないですね。ただ時計はそれほどでもないですね…。これで後半のラップがもう少し速ければA評価にしていたと思います。

前走九十九里特別1000万下1着から中3週、坂路とWコースで4本の時計を出しています。一週前のWコース一杯【 6F80.0-37.3-12.0 】はなかなかの好時計。Wコースではそこそこ走るほうなんですけど、坂路ではまだ速い時計が出せないタイプです。

この最終は坂路で、この馬比較で時計は合格点(一応自身2番時計)。近4走の最終はWコースだった馬が今回は坂路に切り替えてきたことがやや引っかかりますけど、一週前は時計も良くしっかりと負荷をかけていますし、最終も上々の走り。好調だと思います。

ミュゼエイリアン 評価:

10/21(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F54.1-39.8-13.0 】

Wコース単走。強い稽古は必要ないと言わんばかりの馬なり調整で、半マイルから終いを伸ばす感じで軽快な伸び脚。仕掛けられてから即座に反応できていますし、体を上手に連動させて走れていますので、見た目の上では好印象の追い切りです。

前走セントライト記念2着から中4週、Wコースと坂路で6本の時計を出しています。本数は十分です。この中間は半マイルや3Fからの軽めの追い切りを繰り返していて、強めの追い切りも長めの追い切りも負荷のかかる追い切りも1本もないんですよね。ただ休み明けの前走は2着になったようにある程度仕上がっていたと思うので、叩き2戦目としてはこれでいいんでしょうね。

この最終は目立つ時計ではないにせよ、動きは軽快で良さそうに思います。仕上がり良好だと思います。

ブライトエンブレム 評価:

10/21(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F83.6-68.1-53.4-39.3-12.9 】

Wコース3頭併せ。序盤はパートナー2頭の後方を追走し、直線で馬体が並んでからは馬なりのままジワジワと。徐々に抜け出して1馬身先着しました。手綱はまったく押していないんですけど、ゴール板を過ぎてからも自ら伸び続けようとする姿勢に好気配を感じました。

前走セントライト記念10着から中4週、前走後は栗東に入って稽古を積んでいます。Wコースと坂路で5本の時計を出していますので、順調な調教過程です。2歳時に出走した朝日杯FSのときも栗東滞在で調整していたのよね。そのときは7着に負けちゃいましたけど、今回はどうでしょうか…ってこの馬は美浦所属馬です(*´ω`)

一週前のWコース一杯【 7F95.9-39.2-12.5 】はなかなかの好時計。休み明けの前走時にはなかった好時計で、最終の動きを見ても一度叩いた効果はありそうです。前走時は時計的にはあまりよろしくなかったですからね、今回は順等に上向いていると思います。

ベルーフ 評価:

10/21(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 4F53.2-39.1-11.8 】

Wコース2頭併せ。半マイルからの追い切りで、直線は内に入ってじっくりと溜めてからの仕掛け。パートナーと馬体が並んだところでスッと加速して頭差ほど前に出たまではよかったんですけど、即座に差し返されてハナ差遅れたところがゴール板でした。一週前も併せ馬でハナ差遅れてその後も追い抜くことができませんでしたし、どうにも詰めが甘い印象です。

前走セントライト記念5着から中4週、Wコースと坂路で6本の時計を出しています。本数は十分です。時計自体はなかなか良く、一週前のWコース一杯は【 6F85.0-39.8-12.1 】の終い好時計。この最終も終い好時計。この時計なら前走以下ということはないと思い、調子はまずまず良いのだと思います。ただ差し返された内容に不満が残ります。

⇒ (キタサンブラックでした) 評価:

10/21(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F84.9-67.8-52.2-38.0-11.8 】

Wコース2頭併せ。パートナーの後方をゆったりと追走して直線に入り、馬体が並んだところで併走を維持。一杯に追い出したパートナーに対して馬なりのまま悠々と走り、余裕の頭差先着でした。

前走から中4週、Wコースで4本の時計を出しています。一週前のWコース馬なり【 7F99.0-37.3-11.8 】は7Fからのい長めの追い切りで好時計で、この最終も終い好時計。

休み明けの前走時はWコースで一杯に追う追い切りを3本やりましたけど、ラスト1F11秒台の時計は1本もなく、この馬本来の時計や内容ではありませんでした。叩き2戦目のこの中間は余裕で後半の好時計が出せているので、一度レースを使ったことで状態は大きく上向きだと思います。これなら体調に不安はありません。グッドです(*´ω`)

ジュンツバサ 評価:

10/21(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F70.1-53.9-39.0-13.9 】

Wコース2頭併せ。なんとも評価のしづらい追い切りで、コーナーで内目を回ったジュンツバサと外目を回ったパートナーとの差が大きく開いて直線へ。ジュンツバサの鞍上は何度も後ろを振り返ってパートナーが来るのを待っているんですけど、なかなか差は詰まらずにゴールを迎えてしまいました。ラスト1Fの時計が出ていないのは併せ馬にならずにパートナーが追いつくのを待っていたからで、なんともまあ残念な内容です。これは予定通りの追い切りではなかったと思います。

前走セントライト記念3着から中4週、Wコースで5本の時計を出しています。すべて馬なりですけど近2走は馬なりの追い切りを繰り返しているのでこの中間も同じ感じ。ただ出している時計は強調できるものではなく、この最終も時計的にも内容的にも残念なことに…。

ジュンツバサ自身の動きは悪くなく元気がありそうですけど、大一番の最終がこれでは正直微妙です。レースにいって力が出しきれるといいんですけど、どうなるでしょうか。

ワンダーアツレッタ 評価:

10/21(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F86.0-70.6-55.6-40.6-13.3 】

Wコース単走。ゆったりとコーナーを回って直線に入り、ゴール前で軽く仕掛けられてまずまずの伸び脚。時計を出す気がないような軽い内容の追い切りです。

前走能勢特別1000万下1着から中4週、Wコースで3本の時計を出しています。本数は控えめな感じです。一週前のWコース一杯【 6F82.1-37.1-11.8 】は好時計…も、併せ馬で頭差遅れ。この最終は流す程度の軽めの時計。一週前にビッシリやって好時計なので最終はこの程度でもいいんでしょうけど、本数も多くなく動きも及第点レベルなので、やや物足りなさが残ります。

ただ前走時よりは今回のほうがマシかなーとも思います。前走時は最終がイマイチな時計&内容で、Wコース併せ馬一杯で【 6F85.1-40.1-13.1 】の平凡な時計、パートナーに大きく遅れました。ただレースでは3馬身差の圧勝でしたからねー。前走時のことを考えれば侮れないのかもしれません。

追い切り評価まとめ

A:イイネ!
⇒ (キタサンブラックでした)

B:なかなか
・リアルスティール
・リアファル
・サトノラーゼン
・スティーグリッツ
・ミュゼエイリアン
・ブライトエンブレム

C:普通
・ベルーフ
・ワンダーアツレッタ

D:微妙
・ジュンツバサ

さすがにG1だけあって状態の良さそうな馬たちが多かったですね。叩き2戦目の馬たちが多いのもその理由になるでしょうか。

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのです。前走時からの上昇度はこの馬が一番だと思います(*´ω`)


以上、菊花賞2015最終追い切り・調教診断でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です