京阪杯2015追い切り診断 | アノ穴馬が坂路で好時計!!

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

京阪杯2015の最終追い切り・調教診断をお届けします。

上位人気になりそうなビッグアーサーベルカントはそれぞれ坂路で好時計を出しています。それからおそらく人気にはならないであろうアノ穴馬も坂路で好時計を出しています(*´ω`)

京阪杯2015の最終追い切り診断


■ 評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ビッグアーサー 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 54.1-38.8-24.5-12.2 】

栗坂単走。馬場の荒れた時間帯に暴れ馬が登場。陣営は終い重点の稽古がしたかったようで、ラスト1Fまでは手綱を抑えていました。ビッグアーサーは行きたがったようで、頭を何度も上下左右に振って暴れ馬の如し。折り合いはバタバタでした。ただ終盤に鞍上が一杯に追い出してステッキも入れるとようやくまともに走っていい伸び脚。馬場の荒れた時間帯に終い好時計を出しました。

一週前には栗坂一杯で【 50.9-25.7-13.8 】の好時計。この日の一番時計を出しました。ただ短距離馬にありがちな途中で威勢よく走りすぎて後半失速のラップです。この馬は攻め駆けするタイプでこの中間も好時計が出せているので状態はよさそうですけど、一週前も最終も折り合いに不安が残る内容です。

ベルカント 評価:B

11/25(水) 栗東坂路 (良) 末強め

【 51.9-37.7-24.3-12.0 】

栗坂単走。馬場の荒れた時間帯にサクッと猛時計を出すベルカント。今回も馬場の荒れた時間帯に登場して末強めで好時計を出しました。力強い走りも相変わらずです。

ひとつ近走の追い切りと違う点をあげると、この馬は坂路で馬場の右ラチ沿いをひたすら走ることが定番化していました。ただこの最終はラスト1F過ぎまでは馬場の真ん中あたりを走り、終盤になって馬場の右ラチ沿いを走りました(基本的に馬場の右ラチ沿いを走る馬は少ないです。右ラチは中盤のコーナーのインコースにあたるため、経済コースの右ラチ沿いを走れば若干速い時計が出やすくなります)。まあ別段気にすることでもないんでしょうけど、近走とは小さな違いが見受けられました。

コーナーで右ラチ沿いを走らなかったためか、時計は猛時計を出してくるベルカントにしては少しだけ大人しめです。一週前栗坂一杯【 52.4-24.4-12.4 】も含めて絶好調だった夏場の時計にはちょっとだけ及ばないので、絶好調時と比べればやや割引きかなと思います。とはいえこの最終は綺麗な加速ラップで好時計。並の馬だったら十分すぎる好時計。万全とまではいかなくても態勢は整っていると思います。

エイシンブルズアイ 評価:C

11/26(木) 栗東CW (不良) 馬なり

【 5F67.3-52.3-38.2-12.1 】

Wコース2頭併せ。トウカイセンス(牝4歳1000万・馬なり)を0.5秒追走して1馬身遅れ。拍子抜けするような内容で、コーナーでエイシンブルズアイが内、相手が外を回ったので、直線の入りでエイシンブルズアイが早々に前に出る形。そこから1馬身後方の相手が馬なりのままスッと加速し、同じく馬なりのエイシンブルズアイをアッサリ抜き去っていきました。通常だと立場が逆なはずですけどね、アッサリ抜かれて1馬身遅れました。まあ時計が悪くないのが救いではあります。

この中間は一週前に栗坂一杯【 51.7-24.4-12.4 】の自身3番時計を出していて、叩き2戦目の上積みは大きそうだと思っていたんですけど、最終はアッサリ抜かれて1馬身遅れなので不安の残る内容です。時計は悪くないので遅れは気にすることもないのかもしれないですけど、内容的にはよろしくないです。

アースソニック 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 馬なり

【 58.6-41.6-25.7-13.0 】

栗坂単走。途中で同厩の馬に並ばれて併せ馬のような形になりましたけど、自身のゆったりとしたペースを乱すことなく馬なりのまま淡々とした走り。前走から中2週のためか軽い内容で時計はかなり控えめです。

この中間の時計はこの1本だけで、内容的には軽く流して現状維持に努めるといったところ。ただ堅さのない走りができているので変わらずによさそうな印象です。前走の状態をキープしていると思います。

サトノルパン 評価:D

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 55.6-40.6-26.1-13.5 】

栗坂単走。中盤までは安定した走りでまずまずよさそうな印象…も、終盤に脚が鈍ってステッキが3発入り、減速しながら走り終えました。

まあこの馬はレースと違って坂路では動かないので、仮に坂路で53秒台が出せれば十分なタイプです。ただ今回は不良馬場とはいえ時計も出ていませんし、ステッキも入って追われたのに大きな減速ラップはよろしくないです。1600万下を勝利した前々走の最終が栗坂馬なり【 53.2-25.1-12.5 】。この馬比較で好時計が出せていたので、好調だったと思います。今回は中間の時計もこの最終も物足りず、これでは強調材料に欠けます。

サドンストーム 評価:C

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 52.8-38.2-24.6-12.4 】

栗坂単走。馬場が荒れた時間帯でも苦にする素振りは見せずにしっかりとした脚取り。終いにステッキも入ってもうひと伸び。脚色衰えることなく駆け上がりました。

時計はこの馬比較でまずまずといったところで、この最終だけを見るとよさそうに思います。ただ乗り込み量が少ないです。前走北九州記念から約三ヶ月で時計は4本だけ。一杯に追ったのはこの最終だけで、この馬らしい時計もこの1本だけ。急仕上げ感は否めず、これでは強気にはなれないかなと。動きはなかなかいいんですけど、本数不足が気になります。

コパノリチャード 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 馬なり

【 53.1-37.9-24.4-12.2 】

栗坂単走。鞍上の手が動くことはなく、終始馬なりのまま淡々と。見た目では軽く流す程度に映るのに、ラスト2Fが【 12.2-12.2 】と随分と速いラップが出ています。ハロー明け直後なので多少は割引いて考えたほうがいいんでしょうけど、鞍上に促されることなく馬なりのままこのラップは好印象です。

前走スワンステークスから中3週で4本の時計を出していて、一週前は栗坂馬なりで【 51.5-24.1-12.3 】の好時計(ハロー明け直後)。最近は稽古で好時計を出しても結果に繋がらないことが多いですけど、この中間は前走時以上の好時計が出せているので、久々の好走があってもよさそうではあります。

ワキノブレイブ 評価:C

11/25(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.9-38.0-24.5-12.5 】

栗坂単走。脚捌きは軽快でよさそうな印象も、終盤に口向きの悪さを見せて鞍上も追いづらそうな仕草。ややラップを落として走り終えました。

前走バーデンバーデンカップから約四ヵ月半、競走馬になってこんなに長く休んだのは初めてですね。この休みがいい方向に出ればといったところでしょうか。ただ時計が6本だけで好時計が最終の1本だけでは物足りず。万全の状態まで仕上げたという調教過程ではないです。最終はまずまず動けていますけど、中間にもう少しビッシリ感のある時計があればと思います。

E ⇒ (ウイングザムーンでした) 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 強め

【 51.8-38.2-25.1-12.9 】

栗坂単走。意外な馬が坂路で好時計。テンからそこそこ速いペースで走っているのでラストにラップを落としていますけど、終いに強めに追われてもうひと粘り。しぶとく脚を伸ばしました。

ハロー明け直後の時間帯とはいえ坂路でそれほど動かないタイプのこの馬が51秒台、自己二番時計を出してきたことは立派。この馬がもっとも得意とする叩き3戦目でもありますので、展開次第では大駆けがあってもよさそうです。

フミノムーン 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 強め

【 53.2-38.1-25.1-13.0 】

栗坂単走。馬場の荒れた遅い時間帯に1頭だけの追い切り。やや脚を取られるところもありましたけど、最後まで集中力を保ってしっかりとした走り。ラストにラップを落としていますけど、時計はこの馬比較で合格点です。

前走スワンステークスから中3週、乗り込み量は豊富で坂路で5本の時計を出しています。一週前は栗坂馬なり【 52.3-25.2-13.0 】の自己最速時計。これなら乗り込み量が少なかった休み明けの前走時からの上積みが見込めそうです。これでラストの失速をもう少し抑えられるとなおのこといいんですけど、春と比べればだいぶ稽古で動けるようになっています。

追い切り評価まとめ


B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・ビッグアーサー
・ベルカント
・アースソニック
・コパノリチャード
E ⇒ (ウイングザムーンでした)
・フミノムーン

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・エイシンブルズアイ
・サドンストーム
・ワキノブレイブ

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
・サトノルパン

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのEです。坂路でそれほど動かないタイプが自己二番時計。調子はなかなかよさそうです(*´ω`)

以上、京阪杯2015の最終追い切り・調教診断でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です