ジャパンカップ2015一週前追い切り診断 | ゴールドシップ好時計!!

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

ジャパンカップ2015の一週前追い切り・調教診断をお届けします。

映像提供があったのはゴールドシップラブリーデイミッキークイーンなどの8頭です。

ゴールドシップは坂路で好時計を出しましたー。ラブリーデイミッキークイーンの池江厩舎2頭もそれぞれに動けていましたー。

ジャパンカップ2015の一週前追い切り診断


■ 評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ゴールドシップ 評価:A

ゴールドシップについては別途に書きましたので、そちらをご覧ください(*´ω`)

ゴールドシップのジャパンカップ2015追い切り情報(一週前)

ラブリーデイ 評価:B

11/19(木) 栗東CW (不良) 馬なり

【 6F87.0-70.2-54.8-39.8-12.2 】

Wコース2頭併せ。プリンスダム(4歳1000万・末一杯)を0.3秒追走して3/4馬身先着。直線は半馬身後ろからジワジワと差を詰め、横に並んだところで相手が一杯に追い出しを開始。ラブリーデイは軽く手綱を押される程度で難なく交わし、3/4馬身先着したところがゴール板。その後も軽めに追われました。

ラブリーデイはゴール直前からゴール後暫くに重点を置いた稽古をする池江厩舎なので、直線の伸びがイマイチで正直よく思えないことも度々あるんですけど、この一週前は近走では一番と思える内容でした。ほぼ馬なりのまま楽に加速できているので、併せ馬で遅れていた前走天皇賞秋時よりも反応や体のキレが増している印象です。ただ時計はそれほど強調できるものでもなく…。もっとも時計云々では判断できない馬ですし、前走から中2週で2本目の時計なので本数も問題なく順調だと思います。

ミッキークイーン 評価:B

11/19(木) 栗東CW (不良) 馬なり

【 6F85.9-69.2-53.6-39.2-11.8 】

Wコース2頭併せ。エアカミュゼ(4歳1000万・強め)を0.4秒追走して半馬身先着。直線で馬体が並んでからは馬なりのままじっくりと。直線半ばで軽く合図を出されてスッと加速。1馬身前に出ました。その後は相手が強めに追ったのでやや盛り返されましたけど、抜かれることはなく半馬身しました。

こちらもラブリーデイと同じ池江厩舎で、ゴール後に相手が一杯に追っていましたけど、映像の中では抜かせずにいました。この中間は中4週でこれが2本目の時計。前走秋華賞後は短期放牧に出していることもあって、乗り込み量は少ないです。ただ普段から乗り込まない馬ではあります。これまでのパターンだと最終は終い重点で一杯に追ってくるので、短期放牧で一度緩めた影響を感じさせない好時計&好内容に期待です。

A ⇒ (ショウナンパンドラでした) 評価:A

11/18(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 54.1-38.5-24.4-12.0 】

栗坂2頭併せ。タイセイブルグ(2歳未勝利・一杯)を0.2秒追走して大きく先着。相変わらず坂路で強烈な伸び脚。力強い掻き込みでグイグイ駆け上がります。凄みを感じる走りで終い好時計です。グッドです(*´ω`)

今回は叩き3戦目で前走から中2週なのにこれだけビッシリやって終い好時計が出せているのは体質が強化されているからなんでしょうかね。前走後のダメージを微塵も感じさせません。前走時の一週前も栗坂一杯【 54.2-25.0-12.1 】のほぼ同タイム、ほぼ同じ時間帯に時計を出していましたけど、今回は重馬場で後半のラップもいいです。もう強い稽古は必要ないと思うので、最終は馬なりサラッとで十分だと思います。

ラストインパクト 評価:C

11/18(水) 美浦南W (重) 強め

【 6F83.5-67.6-52.3-37.8-11.7 】

Wコース単走。馬場の外ラチ沿いを通って直線へ。終いに強めに追われて終い好時計を出しました。全体時計はそれほど強調できるわけではないですけど、馬場の外ラチ沿いを通って終い好時計を出すのは本来のラストインパクトです。

ただひとつ気になったポイントは、前肢の出が若干小さく映ること。雄大な走りで好気配の稽古を見せてくれることが多いんですけど、今回はそれほどでもなく…。ただ前走天皇賞秋から中2週で2本の時計が出せていますし、後半の時計は出ていますので、それほど悪いとも思わず。最終で再確認したいと思います。

ヒットザターゲット 評価:C

11/18(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 53.0-38.1-25.0-12.6 】

栗坂単走。終いにステッキも入って最後までしぶとく脚を伸ばしました。相変わらず後肢が横に流れる嫌いがありますけど、まあこれは今に始まったことでもなく…。時計も合格点で、ようやく態勢が整ってきた印象です。

天皇賞秋はまさかの登録回避で、理由は「態勢が整わないため」と報道されていました。確かにこの中間に出していた時計はパッとしないです。ただ天皇賞秋を回避したことによって良くも悪くも乗り込み量は過去最高に豊富、前走札幌記念後は9月21日から時計を出し始めてこの一週前で16本目になります。もっとも本数が多くてもらしい時計がこの1本だけしかないので、最終はもういっちょに期待です。

ダービーフィズ 評価:C

11/18(水) 美浦坂路 (重) 強め

【 58.9-42.3-28.3-13.7 】

美坂単走。霧が濃い中ので追い切りです。表記は強めですけどそれほど追っていないので、ほぼ馬なりの様子。ラチ沿いを一定のリズムで、しっかりとした脚取りで駆け上がりました。

この日の美坂は時計が出ない重い馬場だったので、おそらく速い時計を出す意思はなく、終いを伸ばす程度の内容だと思います。ラスト1F13秒台なら合格点で、この馬なりに動けていると思います。前走天皇賞秋から中2週で3本の時計を出しているのも好印象ですけど、これだけではまだ物足りないので、最終はもうワンランク上の好時計に期待です。

ジャングルクルーズ 評価:B

11/18(水) 美浦南W (重) 強め

【 5F66.2-51.3-38.5-12.2 】

Wコース3頭併せ。エグゼビア(5歳500万・馬なり)を1.6秒追走、ダノンゴールド(6歳障害OP・末強め)を1.0秒追走してクビ差遅れ。直線は3頭の最内に入って半馬身後ろから強めに追われましたけど、2頭を交わすことはできずにクビ差遅れました。

遅れはしましたけど時計はなかなかの好時計で、自身5F一番時計で後半のラップも上々です。もっとも軽い稽古が主体の藤沢和雄厩舎なので強めに追うことはそれほどないんですけど、馬場の七分目の重馬場でこのラップは立派。これで先着すればなおのこと良しでしたけど、負荷もかかっているので一週前としてはいい稽古だと思います。

追い切り評価まとめ


A:ほぼ文句なく、好調だと思う
・ゴールドシップ
A ⇒ (ショウナンパンドラでした)

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・ラブリーデイ
・ミッキークイーン
・ジャングルクルーズ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・ラストインパクト
・ヒットザターゲット
・ダービーフィズ

一週前の時点での追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。前走から中2週でも坂路で凄みのある伸び脚。活気もあっていいと思います(*´ω`)

以上、ジャパンカップ2015の一週前追い切り・調教診断でしたー。

【 追記:11月27日(金曜日) 】

ゴールドシップラブリーデイミッキークイーンなど、ジャパンカップの最終追い切り診断も更新しましたー。参考程度にどうぞ(*´ω`)

ジャパンカップ2015追い切り診断 | アドマイヤデウス好時計連発!!

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です