【阪神大賞典2016】出走予定馬と一週前追い切り評価

hanshindaisyouten01

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

阪神大賞典2016の出走予定馬と一週前追い切り評価をお届けします。

阪神大賞典は日曜阪神11R、芝3000m内回りのG2です。優勝馬には天皇賞春の優先出走権が与えられます。

昨年の札幌記念8着後は休養していた菊花賞馬トーホウジャッカルが久々に出走予定です。鞍上はこれまで主戦を務めてきた酒井学騎手ではなくミルコ・デムーロ騎手だそうで…。

一週前の時点では追い切りはイマイチだなーと思いますけど、デムーロ騎手が乗るなら当然人気になるでしょうね…。

トーホウジャッカルなど11頭がエントリー

全頭出走可能です。騎手は想定です。

馬 名 斤 量 騎 手
カレンミロティック 56.0 秋山真一郎
トーホウジャッカル 57.0 ミルコ
アドマイヤデウス 57.0 岩田康誠
シュヴァルグラン 55.0 福永祐一
マイネルメダリスト 56.0 未 定
タマモベストプレイ 56.0 未 定
カムフィー 56.0 川田将雅
タンタアレグリア 55.0 蛯名正義
アドマイヤフライト 56.0 藤岡佑介
サイモントルナーレ 56.0 未 定
ストロベリーキング 56.0 水口優也

一週前追い切り評価

S:時計も調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 一週前は映像提供がないので某専門誌の時計を参考にしています。

トーホウジャッカル 評価:D

3/9(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.4-37.8-24.9-12.9 】

前走札幌記念8着から約六か月半、宮崎ステーブルから2/13(土)に帰厩して5本の時計を出しています。休み期間が長いけどレースの一か月以上前に帰厩しているので乗り込み量はなかなか豊富、ただ時計は5本だけなので本数は少なめです。

昨年の阪神大賞典は爪を打撲したことで回避したけれど、その後の約七か月ぶり宝塚記念4着時は本数豊富で三週前栗坂一杯で【 51.7-25.1-12.8 】の好時計、二週前栗坂一杯で【 54.1-25.4-12.5 】のまずまずな時計、一週前栗坂一杯で【 51.7-25.3-12.8 】の好時計と、毎週ビシビシ攻めていました。

同様に休みが長いこの中間は三週前栗坂馬なりで【 56.4-26.7-12.8 】の平凡な時計、二週前栗坂馬なりで【 55.8-26.2-12.9 】の平凡な時計、一週前は栗坂一杯でなかなかの時計…も、宝塚記念4着時と比べるとまったくもって物足りない時計&稽古内容です。

最終追い切りは栗坂一杯で過去最高級の好時計好ラップを見せてほしいですね。

カレンミロティック 評価:C

3/9(水) 栗東CW (良) 一杯

【 6F83.9-67.3-53.1-39.5-12.8 】(6)

前走ジャパンカップ15着から約三か月半弱、ノーザンファームしがらきから2/18(木)に帰厩して5本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前は栗坂末強めで【 53.8-25.8-12.9 】のまずまずな時計。一週前はCW一杯馬場の六分目でまずまずな時計。ほぼ坂路調教オンリーの馬ではありますけど一週前にCWで時計を出すことはちょいちょいあり、3走前の京都大賞典の一週前がCW一杯馬場の六分目で【 6F82.6-39.5-13.3 】のまずまずな時計、5走前の天皇賞春3着時の一週前もCW強め馬場の七分目で【 6F84.4-40.7-12.5 】のまずまずな時計、6走前の阪神大賞典4着時の一週前もCW一杯馬場の大外で【 6F82.5-41.4-13.2 】のまずまずな時計でした。坂路ならともかくCWではそれほど時計が出ない馬なので、今回の一週前も決して悪くはないです。

ただこの馬らしい好時計は1本もないので、最終はいつもの坂路で好時計を、3走前の京都大賞典3着時の最終栗坂一杯【 52.2-24.8-12.3 】ぐらいを出してくれたらと思います。

シュヴァルグラン 評価:C

3/9(水) 栗東CW (良) 一杯

【 6F84.7-69.1-54.1-39.8-12.7 】(6)

前走日経新春杯2着から中7週、ノーザンファームしがらきから2/20(土)に帰厩して6本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前はCW一杯馬場の六分目で【 6F84.3-39.8-12.7 】のまずまずな時計。一週前もCW一杯馬場の六分目で同等の時計。いまひとつ時計が出ていないのは気になる材料で、放牧明けはもう少し意欲的に攻めて好時計を出すことが多いのでやや物足りないです。

最終はもうワンランク上の時計を、CWで6F81秒台、ラスト1F12.5ぐらいは見せてほしいですね。

(アドマイヤフライトでした) 評価:A

3/9(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.1-37.8-24.3-11.8 】

前走から中5週、ノーザンファームしがらきから2/18(木)に帰厩して6本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

三週前は栗坂馬なりで【 51.8-24.4-12.2 】の好時計。二週前はCW馬なり馬場の三分目で【 6F84.0-37.7-12.2 】の終い好時計。一週前は栗坂一杯で終い好時計。稽古では動く馬とはいえ好時計終い好時計連発は好感で、しがらきに短期放牧に出したリフレッシュ効果もありそうです。

順調だと思うので、最終も馬なりサラッとで好時計に期待です。

アドマイヤデウス 評価:B

3/9(水) 栗東CW (良) 一杯

【 52.4-37.1-24.1-12.1 】

前走京都記念3着から中3週で3本の時計を出しています。いつも通りの乗り込み量です。

二週前は栗坂馬なりで【 53.7-24.9-12.6 】のまずまずな好時計。一週前は開門直後の時間帯に栗坂一杯で終い好時計。中6週前走時の一週前は栗坂一杯で【 50.8-24.8-12.9 】の過去最高級の時計を出していましたけど、前走よりは間隔が詰まっているのでビッシリと負荷をかける必要はないでしょうし、一週前の終い好時計はラップも上々で好印象です。何気に近4走はずっと在厩調整を続けていて放牧を挟んでいないので、これ以上ビシビシ攻めることもないと思います。

最終は前走時が栗坂強めで【 52.3-24.5-12.4 】の終い好時計、昨年の日経賞1着時が栗坂強めで【 53.3-24.8-12.2 】の終い好時計だったので、今回も終い重点終い好時計に期待です。

タンタアレグリア 評価:C

3/9(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F70.4-54.7-40.6-13.6 】(7)

前走ダイヤモンドステークス4着から中2週で2本の時計にプールも併用しています。いつも通りの稽古量です。

3/6(日)に南W馬なり馬場の五分目で【 4F57.5-42.3-14.2 】の軽い時計。一週前は南W馬なり馬場の七分目でまずまずな時計。間隔が詰まっていることもあり、長距離戦後でもあり、まだ流す程度の時計しか出していないです。本追い切り次第です。

最終は前走時が南Wゴール前仕掛け馬場の七分目で【 5F66.6-38.1-12.6 】の好時計だったので、今回も同等の時計は出してほしいですね。

カムフィー 評価:C

3/9(水) 美浦南W (良) 強め

【 5F70.8-55.9-40.6-14.3 】(7)

前走ダイヤモンドステークス11着から中2週で2本の時計を出しています。いつも通りの乗り込み量です。

3/6(日)に南ポリトラック馬なり馬場の六分目で【 5F71.9-41.2-14.7 】の軽い時計。一週前は南W強め馬場の七分目でまずまずな時計。直線で強めに追ったわりには後半のラップが出ていませんけど、この馬はだいたいこんな感じなので悪くはないです。ただラスト1F14.3はさすがに時計がかかりすぎな気も…。

最終は前走時が南W一杯馬場の八分目で【 5F67.9-38.9-13.3 】、2走前ステイヤーズステークス2着時が南W一杯馬場の七分目で【 5F68.0-39.4-13.8 】だったので、今回もこのあたりを目安に。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、順調だと思う

A ⇒ アドマイヤフライト(9着)でした

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・アドマイヤデウス

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・カレンミロティック

・シュヴァルグラン

・タンタアレグリア

・カムフィー

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

・トーホウジャッカル

休み明けの馬も間隔が詰まっている馬も、いまひとつ時計が出ていない、出していない馬が多いですね。

そんな中でも人気ブログランキングのAは好時計終い好時計連発で順調だと思います。

以上、阪神大賞典2016の出走予定馬と一週前追い切り評価でしたー。

【 追記:3/20(日) 】

阪神大賞典の最終追い切り評価と予想記事を更新しましたー。

【阪神大賞典2016】最終追い切り・調教評価【トーホウジャッカル】

【阪神大賞典2016予想】追い切り好調馬を本命に

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です