【フェブラリーステークス2016オッズ】コパノリッキーの人気が落ち目…

february02

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

フェブラリーステークス2016の予想オッズをお届けします。

netkeibaさんの2月16日(火)現在のオッズは以下の通りです。騎手は想定です。

人 気 馬 名 騎 手 オッズ
1 ノンコノユメ ルメール 2.1倍
2 モーニン ミルコ 5.2倍
3 ベストウォーリア 戸崎圭太 7.1倍
4 コパノリッキー 武豊 7.6倍
5 ホワイトフーガ 大野拓弥 10.5倍
6 ロワジャルダン 横山典弘 16.1倍
7 アスカノロマン 太宰啓介 17.8倍
8 ホッコータルマエ(回避?) 幸英明 19.4倍
9 スーサンジョイ 和田竜二 31.5倍
10 タガノトネール 柴田大知 36.7倍
11 グレープブランデー ヴェロン 44.2倍
12 ゴールデンバローズ 未 定 73.9倍
13 コーリンベリー 松山弘平 84.5倍
14 モンドクラッセ 田辺裕信 95.2倍
15 ローマンレジェンド 内田博幸 114.4倍
16 パッションダンス 三浦皇成 217.5倍
17 マルカフリート 石橋脩 374.0倍
18 プロトコル 未 定 378.6倍
19 サージェントバッジ 柴山雄一 431.9倍
20 サノイチ 勝浦正樹 494.6倍

コパノリッキー4番人気…?

予想オッズでは4番人気に甘んじているコパノリッキー。現在フェブラリーステークス二連覇中。ココを勝てばJRA史上初の同一G1三連覇の偉業達成になります…が、近2走はチャンピオンズカップ7着、東京大賞典4着と結果が出ていないだけに人気も落ち目ですね。ドバイワールドカップの出走が叶わなければホッコータルマエも出走してくることになるので、更に人気を落とすことも考えられます。

近2走の敗因は明白

コパノリッキーの近2走の敗因は自らの競馬に持ち込むことができなかったことが最大の要因でしょうね。2走前の中京1800mチャンピオンズカップは前半後半4Fが【 48.0-50.2 】のハイペースをハナ。クリノスターオーに突っつかれたこともあってペースをコントロールできず、道中で息も入れられずに直線失速、7着に敗れました。3角から動いて4角でコパノリッキーに並びかけたホッコータルマエも後続に差されて5着でしたので、逃げ先行馬にはキビシイ展開になりました。

前走の大井2000m東京大賞典は前半後半5Fが【 61.3-61.7 】の平均ペースをハナ。前後のバランスでは平均ペースも、半馬身後方のホッコータルマエに終始突っつかれたことで一度緩めて息を入れてからの再加速戦に持ち込めずに直線失速、4着に敗れました。コパノリッキーを徹底マークしたホッコータルマエもゴール前で失速してサウンドトゥルーに差されたことからも、王者2頭が前でやりあってくれたことで展開がサウンドトゥルーに味方しました。まあサウンドトゥルーは成長著しく能力あっての勝利でもありますけど、コパノリッキーにとってキビシイ展開だったことに違いありません。

まだまだ出し抜く脚は健在…?

一方で3走前の大井2000mJBCクラシックは前半後半5Fが【 62.7-61.7 】のスローペースをハナ。しっかりとペースをコントロールしつつ3角から加速、得意の出し抜き競馬に持ち込んで2着サウンドトゥルーや3着ホッコータルマエを退け勝利。

昨年の府中1600mフェブラリーステークスは前半後半4Fが【 46.9-49.4 】のハイペースを2番手。前後のバランスでは超絶ハイペースも、このときは中盤のラップが猛烈に緩んだことで一度息を入れることができました。一度緩んでからの出し抜き競馬が嵌って勝利。

一昨年のフェブラリーステークスは前半後半4Fが【 48.0-48.0 】の綺麗な平均ペースを2番手。シンガリ16番人気だったこともあって完全にノーマーク。直線は見事に出し抜き2着ホッコータルマエの追撃を振り切り勝利。

今回は意外と買い時かも…?

コパノリッキーは逃げor番手なので展開に左右されるのは宿命ですし仕方がないにしても、得意の形に持ち込むことができればココでも地力は最上位の1頭でしょうね。今回は逃げ番手勢が揃っているので楽な展開に持ち込めない公算は高いものの、府中マイル戦なら昨年のフェブラリーステークスのような超絶ハイペースでもコーナーで息さえ入れられれば直線でスッと一脚、そのまま押し切るケースも考えられます。あくまで展開次第ではありますけど、人気が落ち目の今回は実力に対して妙味アリ、買い時の1頭であることに違いはないですし、天敵のホッコータルマエが不在ならと思いますけど、どうでしょうか。

近走はレースを支配することができていない武豊騎手、フェブラリーステークスは後方からズバッと末脚を炸裂させる差し馬よりも先行好位追走馬が有利なレースでもありますので、コパノリッキーが得意とする府中マイルで昨年のようなユタカマジックを見せてくれる?かもしれません。ま、最終的な取り捨ては出走メンバーと追い切りと枠順次第ではあるんですけどね(*´ω`)

以上、フェブラリーステークス2016のオッズとコパノリッキーでしたー。

【 追記:2/18(木) 】

フェブラリーステークスの最終追い切り評価更新しましたー。

【フェブラリーステークス2016】最終追い切り・調教評価【ノンコノユメ】

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です