エリザベス女王杯2015一週前追い切り診断 | ルージュバック復帰戦

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

エリザベス女王杯2015の一週前追い切り・調教診断をお届けします。

夏場に体調を崩して休養してしたルージュバックがオークス2着以来の久々の出走を予定しています。稽古では相変わらずの素晴らしい走り。でもまだ万全と呼ぶには心許ないかなと。もっとももう一週ありますからね、最終も注目です(*´ω`)

【 追記:11/12(木) 】

エリザベス女王杯2015の最終追い切り診断を更新しましたー。

エリザベス女王杯2015最終追い切り診断 | ラキシスに異変が…

エリザベス女王杯2015の一週前追い切り診断


■ 評価基準

A:イイネ!
B:なかなか
C:普通
D:微妙
E:イマイチ…

ルージュバック 評価:B

11/4(水) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 6F83.2-67.6-51.8-37.6-13.0 】

Wコース単走。時計は馬場の内目を通ってのもの。相変わらず素晴らしい動きで、前肢を大きく出して弾むように走ります。柔軟性もあって美しいフォームです。

ただ個人的にこれまでで一番よく思えたきさらぎ賞時に比べると、直線の伸び脚はやや控えめに映りました。時計もラスト1Fはそれほど出ていませんね。桜花賞時は時計を出しすぎた失敗調教が話題になりましたし、夏場に体調を崩したこともありますので、細心の注意を払っているところもあるんでしょうけどね(*´ω`) 全身を大きく使った動きは素晴らしいですけど、これではまだ万全ではないと思うので、最終は軽めだったとしてもラスト1F12秒台の本来の伸び脚を見せてくれたらと思います。

ラキシス 評価:C

11/4(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F84.7-67.3-52.6-38.9-12.9 】

Wコース単走。手綱を抑えてコントロールしながらの追い切りで、そのためかラスト1Fの時計は出ませんでした。ただゴール板を過ぎたところで軽く仕掛けられてスッと加速。仕掛けられたのはごくごく短い間でしたけど、反応は悪くなさそうです。

最近は序盤はゆったり走らせて終いだけを伸ばす追い切りが主体で、昨年のエリザベス女王杯1着時のWコース馬なり【 6F81.5-37.8-11.9 】のような全体好時計は出していません。今年になってからテンから意欲的に攻めるような稽古はやらなくなりました。それでも産経大阪杯は勝っているので、終い重点の追い切りが悪いとも思わず。この一週前は終い重点にもなっていないので、もちろんこれだけでは物足りないです。最終はラキシス本来の終い好時計に期待です。

ヌーヴォレコルト 評価:B

11/4(水) 美浦南W (稍重) 一杯

【 6F81.6-66.6-51.8-38.1-13.2 】

Wコース3頭併せ。パートナーを2.2秒追走して直線で追い抜かせる内容。直線で馬体が並んでからは一度溜めを作って半馬身離されたところでゴーサイン。一杯に追い出されてジワジワ加速、ラストはクビ差遅れでした。ただゴール板を過ぎてから追い抜きました。

ラスト1Fにラップを落としているように直線でスパッとはキレませんでしたけど、全体時計はなかなか優秀で長めから負荷のかかる稽古でもあるので、一週前としてはこれで十分だと思います。この1本で上昇するでしょうから、最終はこの馬本来の伸び脚、直線でグイグイ伸びるところを見せてくれたらと思います。

クイーンズリング 評価:B

11/5(木) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 54.5-40.3-25.7-12.5 】

栗坂単走。終い重点というか、軽く流す程度の内容で、終始馬なりのまま安定感のある走り。時計はまずまずで、馬なりのまま後半に加速できているので調子自体はなかなかよさそうな印象です。

前走秋華賞時は一週前にWコースで馬なりのまま終い好時計を出していたので、叩き2戦目の上昇はあったと思います。今回は3戦目になりますけど、この一週前を見る限り大きく変わったところはなさそうで、軽快に動けているので変わらずによさそうに思います。この馬なりに順調だと思います。

フーラブライド 評価:B

11/4(水) 栗東CW (良) 一杯

【 7F98.0-81.4-65.7-51.3-37.9-11.7 】

Wコース単走。外ラチ沿いを走って直線に入り、終いに一杯に追われてなかなかの伸び脚。長めから負荷をかける稽古で好時計を出しました。

昨年も今年と同じく京都大賞典→エリザベス女王杯のローテで、昨年のエリザベス一週前がWコース一杯で【 6F81.2-38.7-11.8 】の好時計でした。今年のほうが後半のラップがいいので、これなら問題なく順調と言えるのではないかと思います。まあWコースでは走る馬ではありますけど、休み明けの前走時の一週前と比べても今回のほうが後半のラップがいいので好印象です。昨年のエリザベス最終はWコース一杯【 6F79.5-37.6-12.2 】で4着に好走しましたので、今年も同様の好時計に期待です。

タッチングスピーチ 評価:C

11/4(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 57.6-42.7-27.9-13.8 】

栗坂2頭併せ。軽く流す程度の内容で、2頭仲良くゆったりと走りました。時計は平凡ですけど安定感があります。

この馬は普段から本数は少なめで、前走秋華賞から中2週でようやく1本目の時計がこの一週前になります。さすがに流す程度のこの1本だけでは足りないので、最終はしっかりめの時計を出してくると思います。ローズステークス時の最終が栗坂強め【 51.4-24.5-12.4 】の自己ベストで、このときは権利を獲るためにメイチ感がありました。次走の秋華賞時は栗坂馬なり【 53.6-25.9-12.9 】で、状態としてはローズステークスのほうがよかったのかなと。決してゆとりのあるローテではないですけど、最終は調子のよさを示す時計&動きに期待です。

A ⇒ (ノボリディアーナでした) 評価:A

11/4(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 52.6-38.4-25.1-12.5 】

栗坂単走。最初は「この馬が栗坂で馬なりのまま好時計!?しかも馬場の荒れた時間帯に!?」と思いました。まあクチ向きの悪さを見せたり終盤に体がラチ沿いに流れたりもしましたけど、この馬には坂路で走るイメージ(笑)がなかったので、ちょっとだけ驚きというか違和感がありました。気になったので過去のすべての時計を確認したところ、栗坂馬なりで52.6は自己ベストですね。強めや一杯ならさらに上の時計もありますけど、時計がかかる今の栗坂で馬なりのままこの時計を出してきたことは立派です。しかもキッチリ加速ラップ。ラスト1F12.5もこの馬比較で優秀です。

脚捌きにも鋭さがあっていいと思いますけど、クチ向きの悪さや体が流れたことが減点材料になりますかね。ただこれだけ動けているのだから上積みも大きいと思いますし、間隔が詰まっているので馬なりでいいと思います。一週前の時点では好感度大です。グッドです(*´ω`)

マリアライト 評価:B

11/4(水) 美浦南W (稍重) G前仕掛け

【 5F69.6-54.5-40.1-13.3 】

Wコース2頭併せ。パートナーを1.5秒追走して直線で追い抜く内容。並びかけて追い抜くまでの伸び脚はなかなかよく、この馬本来の走りができていると思います。ただ半馬身前に出たところでパートナーに盛り返され、頭差先着したところがゴール板でした。

パートナーの抵抗にあいましたけど動き自体は悪くはなく、むしろいいぐらいに感じます。時計はボチボチといったところですけど馬場の外目を周回してのもので、後半に好ラップを出すようなタイプでもないので悪くはないのかなと。この動きができているなら順調と言えるかと思います。ただ今回は輸送がありますからね、最終は軽めの予感。

パワースポット 評価:A

11/5(木) 美浦南W (良) 馬なり

【 6F84.0-68.0-52.9-38.9-12.3 】

Wコース2頭併せ。パートナーを0.4秒追走して直線で馬体を併せていく内容。直線でも追い出されることはなく、馬なりのまま馬体を併せてラストは頭差遅れでした。

遅れはしましたけど先着する意思はなかったようで、ラストは流す程度でした。にも関わらずラスト1F12.3は驚きです。美浦南Wは水曜日は稍重だったので時計が出にくかったんですけど、木曜日は良馬場に回復して時計が出やすくなりました。パワースポットは木曜日に追っているので時計が出やすかったとはいえ、ラスト1F12.3は先週の3番時計です。これを6Fの長めから追って馬場の外目を周回して馬なりのまま出しましたからね、調子はよさそうです。馬自身に先着する意思があればもっとよかったんですけど、時計的には上々。叩き2戦目の上積みは大きいと思います。

シュンドルボン 評価:B

11/5(木) 美浦南W (良) G前仕掛け

【 4F51.6-37.4-12.6 】

Wコース単走。活気のある走りで、直線に入ってからも伸び伸びと。ゴール前で軽めに追われて軽快な伸び脚。これといって問題点のない上々の追い切りです。

半マイルとはいえ時計も優秀で、前走から中1週でこれだけ動けているのは好材料です。ただこの馬は攻め駆けするタイプだと思い、前走時も好時計を出していました。それでも今回も好時計で走りもいいので、変わらずに好調をキープしていると思います。

追い切り評価まとめ


A:イイネ!
A ⇒ (ノボリディアーナでした)
・パワースポット

B:なかなか
・ルージュバック
・ヌーヴォレコルト
・クイーンズリング
・フーラブライド
・マリアライト
・シュンドルボン

C:普通
・ラキシス
・タッチングスピーチ

一週前の時点での追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。時計のかかる今の栗坂で馬なりのまま好時計。同じくA評価にしたパワースポットともども前走時からの上昇度が大きいと思います。

ルージュバックは相変わらずの大きなフットワークで素晴らしい走りですけど、直線での弾けっぷりは好調時に比べるとやや劣るかなと。もう一週見たいと思います。


以上、エリザベス女王杯2015一週前追い切り・調教診断でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です