【ダービー卿チャレンジT2016】最終追い切り・調教評価【サトノアラジン】

derbykyou02

閲覧ありがとうございます(。・ω・。)ノ

ダービー卿チャレンジトロフィー2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

サトノアラジンはCWで終い好時計。グイグイ伸びて1馬身先着しました。

ダッシングブレイズは栗坂で終い重点終い好時計。前走の落馬競走中止の影響は特に感じません。

キャンベルジュニアは南Wで終い好時計。併せ馬で反応よく抜け出し先着しました。

エキストラエンドはCWで終い好時計…も、併せ馬で遅れました。

評価基準

S:時計も動きも調教過程も文句なし!

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある

E:調子悪そう or 大きな不満がある

サトノアラジン 評価:B

3/30(水) 栗東CW (良) 一杯

【 6F84.8-68.9-54.4-39.2-11.7 】(8)

CW2頭併せの外。直線は先を行く併走馬を射程圏に入れてジワジワ加速。横並びになったところで一杯に追い出してグイグイ加速。1馬身ほど先着したところがゴール板で、その後もハードに追われました。

前走香港カップ11着から約三か月半ちょい、ノーザンファームしがらきから3/1(火)に帰厩して10本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

二週前はCW馬なり馬場の七分目で【 6F84.4-40.2-12.1 】の終い好時計。一週前はCW一杯馬場の大外で【 6F83.8-40.4-12.2 】の終い好時計。最終はCW一杯馬場の八分目で終い好時計

じっくりと乗り込んで終い好時計連発は好感で、最終のラスト1F11.7はこの馬らしい時計です。加速度の高い伸び脚にも見どころがありました。休み明けになりますけど、昨年の約四か月半ぶり富士ステークス2着時と同等の状態にはありそうです。

ダッシングブレイズ 評価:B

3/30(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 53.3-38.7-25.1-12.2 】

栗坂単走。開門直後の時間帯。道中は手綱を抑えられていたので窮屈そうな走り。ラスト1F過ぎから一杯に追い出してややモタれる仕草を見せたものの、安定してからは推進力のある伸び脚。ゴール直前は突き抜けるように伸びました。気合い乗りもよく、活気のある追い切りです。

前走東京新聞杯(落馬競走中止)から中7週、ノーザンファームしがらきから3/10(火)に帰厩して7本の時計を出しています。帰厩後は意欲的に時計を出しています。

二週前は栗坂強めで【 53.7-24.8-12.1 】の終い好時計。一週前はCW強め馬場の八分目で【 6F84.2-39.9-12.5 】のまずまずな時計。最終は栗坂終い重点で終い好時計

一週前の時計はこの馬にしては後半のラップがイマイチではありますけど、最終は終い重点とはいえゴール直前は鋭い伸び脚、ラップの上げ幅も大きいので状態はなかなかよさそうです。馬自身は元気一杯、前走の落馬競走中止の影響は特に感じません。

エキストラエンド 評価:C

3/30(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 6F84.3-67.9-53.3-38.9-12.0 】(9)

CW3頭併せの外。併走馬2頭に先行しながらコーナーを深く回り、直線は3頭横並びの状態からやや後退。気合いを入れられ差を詰めるも、内の併走馬には頭差遅れ、真ん中の併走馬にはハナ差先着しました。馬なり大外でこのラップなら悪くはないものの、行きっぷりが悪く内容的にも物足りないです。

前走東京新聞杯2着から中7週、山元トレーニングセンターから3/11(金)に帰厩して7本の時計を出しています。帰厩後は意欲的に時計を出しています。

二週前はCW強め馬場の七分目で【 5F67.0-38.2-12.2 】の終い好時計。一週前はCW馬なり馬場の大外で【 6F88.0-39.6-11.9 】の終い好時計。最終はCW馬なり馬場の大外で終い好時計

CWでいつも通りの終い好時計が出ているのは好感で、放牧明けでもまずまずの仕上がりだと思います。ただ年齢的なものなのかズブい印象で、いまひとつパッとしない追い切りです。

キャンベルジュニア 評価:A

3/31(木) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F54.8-39.9-12.4 】(7)

南W3頭併せの真ん中。コーナーから直線の入りでは手綱を抑えてコントロールしながら。併走馬2頭に挟まれる形で軽く仕掛けると反応よく加速。スルスルと抜け出し内の併走馬には1馬身先着、外の併走馬には大きく先着しました。

前走関門橋ステークス1600万下1着から中4週で4本の時計を出しています。

一週前は南W強め馬場の五分目で【 5F70.1-39.8-13.0 】のまずまずな時計。最終は南W馬なり馬場の七分目で終い重点終い好時計

全体時計が緩いのはだいたい毎度のことで、最終は併走馬2頭にプレッシャーをかけられても動じることはなくスムーズに加速して後半好ラップ。前肢の出が大きく、軽快な走りができています。好調をキープしていると思います。

D ⇒ (ロゴタイプでした) 評価:A

3/30(水) 美浦南W (良) 末一杯

【 5F68.0-53.4-38.8-11.6 】(3)

南W単走。直線は軽いゴーサインにスッと反応して軽快な伸び脚。更に一杯に追われて豪快な伸び脚。大きなフットワークでバランスのいい走りができています。

前走中山記念7着から中4週で3本の時計を出しています。

一週前は南W馬場の八分目で【 5F66.7-38.0-12.6 】の好時計。最終は南W末一杯馬場の三分目で終い猛時計

ウッドチップで動く馬ですし、最終は馬場の内目ではありますけど、南Wでラスト1F11.6は凄めのラップ。叩き2戦目で順当に上向いていると思います。

マジックタイム 評価:B

3/30(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F53.0-39.5-12.9 】(6)

南W2頭併せの内。直線は半馬身後ろから馬なりのままスッと加速して頭差ほど前に出るも、徐々に差を詰められラストは同入でした。ただ素軽く軽快な走りができています。

前走京都牝馬ステークス2着から中5週、ノーザンファーム天栄から3/16(水)に帰厩して3本の時計を出しています。乗り込み量は少なめも、休み明けでも乗り込まない馬です。

一週前は南W馬なり馬場の五分目で【 5F66.0-38.0-12.9 】の好時計。最終は南W馬なり馬場の六分目でまずまずな時計

ウッドチップで動く馬とはいえ一週前の時計はなかなかよく、最終も馬なりで軽快に走れています。近走の最終は南W4F51秒台が出ていたので時計的にはやや物足りませんけど、この動きなら重賞で再度の好走も可能だと思います。

ダイワリベラル 評価:B

3/30(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 4F52.7-38.2-12.8 】(8)

南W2頭併せの内。直線は半馬身後ろからジワジワ加速。馬なりのまま徐々に差を詰めラストは同入でした。

前走東京新聞杯から中7週、山元トレーニングセンターから3/5(土)に帰厩して6本の時計にプールも併走しています。

一週前は南W強め馬場の六分目で【 6F80.6-37.9-12.6 】の好時計。最終は南W馬なり馬場の八分目でなかなかの時計

一週前は全体時計もラップも優秀で、負荷もかかっているので放牧明けの一週前としてはいい追い切りだと思います。最終は派手さこそないものの、半マイル馬なり馬場の八分目で52.7なら悪くなく。この馬なりに力が出せる状態にあると思います。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う

・キャンベルジュニア

D ⇒ ロゴタイプ(2着)でした

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う

・サトノアラジン

・ダッシングブレイズ

・マジックタイム

・ダイワリベラル

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある

・エキストラエンド

サトノアラジンはグイグイといい伸び脚。休み明けでも初戦から動けそうです。

キャンベルジュニアは前肢の出が大きく軽快な走り。変わらず好調だと思います。

人気ブログランキングのDは南Wでラスト1F11.6の終い猛時計。叩き2戦目の上積みがありそうです。

以上、ダービー卿チャレンジトロフィー2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

【 追記:4/3(日) 】

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想を更新しましたー。

【ダービー卿チャレンジトロフィー2016予想】追い切りと展開重視です

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です