チャンピオンズカップ2015の一週前追い切り・調教評価

(。・ω・。)ノ゙

チャンピオンズカップ2015の一週前追い切り・調教評価をお届けします。

映像提供があったのはコパノリッキーナムラビクターアウォーディーなどの6頭です。アノ馬が坂路で好時計を出しています(*´ω`)

【 追記12月3日(木曜日) 】

チャンピオンズカップの最終追い切り評価を更新しましたー。

チャンピオンズカップ2015の最終追い切り・調教評価

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

コパノリッキー 評価:B

11/26(木) 栗東CW (不良) G前仕掛け

【 6F85.9-68.8-53.1-39.0-12.7 】

Wコース2頭併せ。マウイノカオイ(牡5歳500万・馬なり)を1.3秒追走して3/4馬身先着。直線は相手の半馬身後ろからじっくりと。徐々にピッチをあげて横に並び、ゴール直前で強めに追ってスッと加速。3/4馬身先着したところがゴール板。その後もリードを広げました。

時計は平凡ですけど近走の一週前は馬なり主体で速い時計を出してこないことが多いです。動きは素軽く反応よく加速できているので順調だと思います。

ナムラビクター 評価:B

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 54.9-39.8-26.8-14.0 】

栗坂単走。レースでは走るのに坂路では動かないナムラビクター。ラストに失速してラップを盛大に落としました。ただラスト1Fまでは安定感があっていい走り。決して悪くはない印象です。

前走シリウスステークス後は坂路で入念な乗り込み、この一週前で20本目の時計になります。乗り込み量は超豊富です。もっともギリギリ計測されちゃうような遅い時計も含めての20本で、普段から本数は豊富なんですけどね、この中間も順調に乗り込んでいます。昨年のチャンピオンズカップ2着時の一週前が栗坂一杯で【 57.8-28.1-14.6 】、この日の栗坂は速い時計が出ない馬場ではありましたけど、かなり酷い時計でした…。坂路では動かないので時計云々で判断できる馬ではありませんけど、昨年との比較でも順調と言えるかと思います。

アウォーディー 評価:C

11/26(木) 栗東CW (不良) 一杯

【 6F84.0-67.8-53.4-39.6-12.1 】

Wコース2頭併せ。ロイカバード(牡2歳500万・一杯)に0.5秒先行してハナ差遅れ。直線での追い比べでやや見劣りして先着することはできませんでした。先行して見劣りしたので内容的にはあまりよくないです。

前走シリウスステークスから中7週で5本の時計、普段から本数は少なめなのでこの馬なりに順調です。二週前Wコース強め【 6F81.0-39.4-12.5 】は近走にはなかった好時計。この一週前も終い好時計で悪くないんですけど、格下相手に見劣ってハナ差遅れはよくはなく…。最終はもう少しピリッとした動きに期待です。

サウンドトゥルー 評価:C

11/26(木) 美浦南W (不良) 一杯

【 5F69.5-54.0-39.7-14.2 】

Wコース2頭併せ。マイネルフロスト(牡4歳OP・馬なり)に0.6秒先行して半馬身遅れ。先行して直線で一杯に追う内容も、馬なりのマイネルフロストが内から悠々と抜いていきました。マイネルフロストは今週の金鯱賞に登録がありますけど、この追い切りを見る限りまずまず復調している印象。

サウンドトゥルーは稽古で動くタイプでもないので、マイネルフロストに煽られたのは仕方ないにしても、馬場の四分目でこの時計はよくないですね。ただそこに目を瞑ればフットワークは軽快でよさそうです。最終はもう少しマシな時計を出してほしいところ。

ロワジャルダン 評価:B

11/26(木) 美浦南P (良) 馬なり

【 5F66.3-52.3-38.8-12.9 】

Wコース3頭併せ。ノンシュガー(2歳未勝利・馬なり)とファントムグレイ(2歳未勝利・馬なり)を0.6秒追走して2馬身ほど先着。ポリトラックではありますけど伸びやかなストライド。時計もまずまずです。

休み明けの2走前ブラジルカップ以降は中1週でみやこステークス、中3週でチャンピオンズカップになるので楽なローテではないにせよ、この一週前を見る限り特に問題はなさそうです。おそらく現状維持の調整になると思うので、最終も馬なりの予感…。

A ⇒ (ホッコータルマエでした) 評価:A

11/26(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 51.6-37.9-24.9-12.8 】

栗坂2頭併せ。ブルドッグボス(牡3歳1600万・馬なり)を0.6秒追走して同入。相手は馬なりのまま、こちらはステッキも入って一杯に追われ、ラストはラップを落としながらもなんとか踏ん張って同入に持ち込みました。内容的には相手に煽られた形も、稽古の中身としては濃くていいと思います。

ローテは昨年と同じ、休み明けのJBCクラシック→チャンピオンズカップになります。昨年の一週前は栗坂一杯で【 53.9-26.1-13.4 】でした。時計は今年のほうが断然よく、この一週前の時計は自己ベストタイの好時計です。一週前としてはいい稽古だと思います。グッドです(*´ω`)

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
A ⇒ ホッコータルマエでした(5着)

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
・コパノリッキー
・ナムラビクター
・ロワジャルダン

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
・アウォーディー
・サウンドトゥルー

一週前の時点での追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。併せ馬一杯でしっかり負荷をかけて自己ベストタイの好時計。一週前としてはいい稽古だと思います(*´ω`)

以上、チャンピオンズカップ2015の一週前追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です