朝日杯フューチュリティステークス2015の結果と配当、回顧

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ

朝日杯フューチュリティステークス2015の結果と配当と回顧をお届けします。

優勝馬は2番人気のリオンディーズでした。

父キングカメハメハ、母シーザリオ、母父スペシャルウィーク。栗東の角居勝彦厩舎の管理馬で、鞍上はミルコ・デムーロJ。

リオンディーズの通算成績は2戦2勝となり、新馬戦を勝ったばかりの1戦1勝馬が2歳王者になりましたー。ミルコJの今年のG1勝利は、ドゥラメンテの皐月賞、ダービー、サンビスタのチャンピオンズカップに続く4勝目。絶好調ですね(*´ω`)

レース結果

着順 馬番 馬 名 騎 手 着 差 人気
1着 15番 リオンディーズ ミルコ 1:34.4 2
2着 11番 エアスピネル 武豊 3/4 1
3着 13番 シャドウアプローチ 中谷雄太 4 11
4着 6番 ユウチェンジ 川田将雅 クビ 10
5着 12番 シュウジ 岩田康誠 ハナ 3
6着 8番 ツーエムレジェンド 太宰啓介 クビ 13
7着 10番 タイセイサミット アッゼニ ハナ 8
8着 3番 アドマイヤモラール 田辺裕信 1/2 9
9着 7番 イモータル 武幸四郎 クビ 5
10着 4番 コパノディール 小牧太 クビ 14
11着 9番 ボールライトニング 蛯名正義 2 4
12着 14番 ハレルヤボーイ 浜中俊 1 1/4 7
13着 16番 スリラーインマニラ 和田竜二 1 1/2 15
14着 2番 ショウナンライズ 池添謙一 2 1/2 6
15着 1番 サイモンゼーレ 幸英明 1 1/4 16
16着 5番 ウインオスカー 松山弘平 1/2 12

払い戻し

券 種 馬 番 配 当 人 気
単 勝 15 590円 2番人気
複 勝 15 180円 2番人気
11 110円 1番人気
13 780円 11番人気
枠 連 6-8 460円 1番人気
馬 連 11-15 520円 1番人気
馬 単 15-11 1,340円 5番人気
ワイド 11-15 260円 1番人気
13-15 5,170円 44番人気
11-13 1,610円 19番人気
三連複 11-13-15 8,160円 27番人気
三連単 15-11-13 38,560円 117番人気

ラップ

ハロンタイム 12.5 – 10.8 – 11.4 – 12.6 – 12.7 – 11.9 – 10.8 – 11.7
前半後半4F 47.3-47.1(平均ペース)

レース回顧

1勝馬の朝日杯勝利はグレード制導入後初の快挙、リオンディーズが後方から鮮やかな差し切り勝ちで2歳王者に!! …私の予想はエアスピネルを1着固定にして撃沈です。3着シャドウアプローチも無印でした。完敗です( ノД`)

前後のバランスでは綺麗な平均ペースです。ただ序盤は流れて縦長になって、中盤で大きく緩んでいます。緩んだことで4角までに後方集団が楽に先頭との差を詰めることができました。

4馬身千切られた3着以下の馬たちがリオンディーズやエアスピネルを破るためには、序盤からスローに落とすか最後までハイペースを貫くか、そういった極端な競馬だったりギャンブルが必要だったのかなと思います。ラスト2F目が最速の10.8でこれはほぼエアスピネルが出しているラップなので、少なくとも2着エアスピネルや1着リオンディーズにとっては追走で脚を使わされずに直線まで余力を十分に残すことができる流れでした。結果的に能力が抜けていた2頭を脅かすような展開には誰も持っていけなかった、強い馬が力を発揮しやすい展開だった、そんな競馬でした。

ミルコJがユタカJの偉業を打ち砕く…

4角ではエアスピネルが勝ったと思ったんですけど、リオンディーズが差し切っちゃいましたね…。エアスピネルの上り3Fはリオンディーズを除けば最速の34.0。リオンディーズは33.3。4角最後方大外ぶん回しから桁外れの末脚を使って差し切るとは恐れ入りました…。エアスピネルの母エアメサイアがリオンディーズの母シーザリオに勝てなかったように、これもまた血なんでしょうか。

強いていえばエアスピネルは先頭に立つのが早かったですね。ラスト2F過ぎから先頭で競る馬がいなかったので、これがユタカJの誤算といえば誤算なのかもしれません。もっとも先頭に立つのが早かったのはあくまで能力が抜けていたからであって、ケチの付け所のない騎乗をしてくれたと思います。エアスピネルを本命にした私としては、この騎乗で負けたのなら仕方がないといったところで…。まあ仮にリオンディーズがこれだけの末脚が使えるとわかっていたら、ユタカJもまた違った乗り方をしたでしょうね。

まだ2頭とも締まったキビシイ流れを経験していないので、真価が問われるのは先のことになりそうです。来年の本番前、トライアルレースはゆるゆるの競馬になりやすいですけど、皐月賞前に一度締まった一貫ペースの流れでそれぞれどんな競馬ができるのか見てみたいですね。

ユタカJのJRA平地G1レース完全制覇がお預けとなって残念ではありますけど、これは来年以降にまた期待です(*´ω`)

以上、朝日杯フューチュリティステークス2015の結果と配当と回顧でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です