朝日杯フューチュリティステークス2015の一週前追い切り・調教評価

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

朝日杯フューチュリティステークス2015の一週前追い切り・調教評価をお届けします。

映像提供があったのはデイリー杯2歳ステークスの勝ち馬エアスピネルや小倉2歳ステークスの勝ち馬シュウジなどの9頭です(*´ω`)

【 追記:12月17日(木曜日) 】

朝日杯フューチュリティステークス2015の最終追い切り評価更新しましたー。

朝日杯フューチュリティステークス2015の最終追い切り・調教評価

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、順調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

エアスピネル 評価:A

12/9(水) 栗東坂路 (良) 末強め

【 52.2-38.3-24.5-12.3 】

栗坂2頭併せ。僚馬を1.1秒追走して同入。終盤はピッタリ馬体を併せて競らせる形。やや体が右に流れるところはあったものの、映像が終わる直前の伸び脚は素晴らしく、坂路で好時計を出しました。

この馬は坂路で動くタイプで、稽古でも素質の高さを示しています。中8週と間隔があいた前走時の一週前も栗坂一杯で【 50.8-24.5-12.2 】の好時計。今回の時計は前走時には及ばないものの、中3週で4本の時計でいい伸び脚。問題なく順調です。

シュウジ 評価:C

12/9(水) 栗東CW (良) 一杯

【 6F80.1-64.8-50.4-37.0-12.6 】

Wコース2頭併せ。僚馬の内を2.0秒追走して0.3秒先着。相手が遥か前方を走っていたこともあってコーナーでは内目を回すショートカット。直線で馬体が並んでからは一旦手綱を抑えて溜めを作り、一杯に追い出されて反応よく加速…も、抜け出してからはやや脚があがってステッキが数発入りました。それでもしぶとく伸びて2馬身ほど先着。

この馬はずーっと坂路で時計を出していたんですけど、この一週前はデビュー前以来2度目のWコースでの時計です。スタミナ強化のためのトラック調教なんでしょうかねー。違うかな。ラストの伸び脚がやや鈍ったのは一週前だからまったく問題なく、むしろ負荷が十分にかかっているのでいいと思います。全体時計も優秀…も、これは馬場の内目を通ってのもの。ちょっと気になるのは前走から中3週でこれがまだ2本目の時計ということ。負荷のかかる稽古内容は好印象も、最終でもういっちょの好時計が見たいかなーと思います。

A ⇒ (ボールライトニングでした) 評価:A

12/9(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.9-38.3-24.5-12.0 】

栗坂2頭併せ。僚馬を0.4秒追走して1.2秒先着。終いに一杯に追われてグイグイ伸びました。不甲斐ない相手を置き去りにして大きく先着。

一週前に一杯に追って負荷をかけて好時計はいいと思いますし、前走から中4週で5本の時計を出しているので順調そのものといった調教過程です。強いて言えばこの中間の初時計が前走から3週間後とちょっと遅めなことですけど、在厩でキャンターレベルの運動はしているので問題なさそうです。最終は馬なりでサクッと好時計に期待です。

アドマイヤモラール 評価:B

12/10(木) 美浦南W (良) G前仕掛け

【 6F83.7-68.7-54.0-39.5-12.9 】

Wコース2頭併せ。僚馬の外を0.9秒先行して0.8秒先着。今までの稽古では追走ばかりしていたのになんで先行してるの?という疑問があるんですけど、おそらく相手のクラリティシチー(今週日曜のディセンバーステークスに登録)がメインの追い切りなのかな。それはともかく、コーナーを深く回って直線で追いつかれてからも余裕の走り。クラリティシチーを馬なりのまま突き放し、ゴール前で強めに追われて大きく先着しました。フットワークが大きく伸び脚も十分です。

大きく先着したのは0.9秒先行していたのでともかくとして、時計はまずまずといったところです。前走から中4週で時計は2本だけですけど、普段から乗り込まない馬なのでこれまで通りの調教過程です。最終はおそらくWコース半マイル馬なりだと思うので、4F52秒台でラスト1F12秒台は見せてほしいところ。

イモータル 評価:D

12/9(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 53.0-38.5-25.2-12.9 】

栗坂2頭併せ。僚馬を0.3秒追走して0.2秒遅れ。僚馬は同じく朝日杯FSに出走予定のシャドウアプローチ。道中で1馬身ほどあった差はなかなか詰まらず、シャドウアプローチの鞍上が後ろを振り返る仕草。イモータルは一杯に追い出してなんとか並びかけるも、ラストは突き放され3/4馬身ほど遅れました。

前走から約二ヶ月、坂路で5本の時計を出していて本数はまずまずです。ただこの馬は前走時に2週連続で栗坂で51秒台を出していたように稽古で走るタイプだと思い、この中間の時計はいまひとつ物足りずな感じで…。これだと最終は好時計が必要かなーと思います。

シャドウアプローチ 評価:B

12/9(水) 栗東坂路 (良) 強め

【 53.1-38.5-25.2-12.9 】

シャドウアプローチは映像提供がないんですけど、上記のイモータルと併せた映像で時計もわかるので評価対象にします。イモータルに0.3秒先行して0.2秒先着。ゴール直前まではイモータルの走りに付き合って馬なりのまま手加減する形。最後に強めに追われて頭を高くあげる仕草。ただその後はグイッと伸びて3/4馬身ほど先着しました。

一週前の時計としてはまずまずで、もう少しイモータルが頑張ってくれればもっと時計は出たはず。乗り込み量も普段通りで、この馬なりに順調です。最終も強め程度には追ってくると思うので、2走前ききょうステークス1着時の栗坂強め【 51.4-24.0-12.2 】に匹敵する好時計に期待です。

ショウナンライズ 評価:A

12/9(水) 美浦南W (良) 一杯

【 5F66.2-51.9-38.9-13.3 】

Wコース2頭併せ。僚馬の内を0.6秒追走して0.6秒先着。他厩舎の集団と鉢合わせになって5頭の併せ馬状態。それでも映像の中では折り合いなどに問題はなく、直線は馬なりままいい手応えで先頭に踊り出る勢い。僚馬を交わしたところで一杯に追い出され、反応よく伸びて2馬身ほど先着しました。

この中間は乗り込み量が少ないですけど、それは前走時も同じだったので問題ないのかなと。時計は全体好時計で、馬場の外目で5F66.2は優秀です。負荷もかかっているので一週前としてはいい稽古だと思います。

ハレルヤボーイ 評価:B

12/10(木) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F65.9-51.2-37.6-12.8 】

Wコース2頭併せ。僚馬の外を0.4秒先行して同入。負荷をかける気はないような馬なり調整で、おそらく先行させたのも時計を出しすぎたくなかったからなのかなと。コーナーから馬体をピッタリ併せ、外を回ったぶんだけ直線の入りではクビ差ほど遅れる形。その後は馬なりのまま付かず離れずジワジワ伸びて、ラストは同入でした。

終始馬なりで馬場の真ん中あたりを走って速い時計が出ちゃうのがこの馬らしいなといったところで、控えめな内容でも時計は十分に好時計です。まあWコースでは走る馬です。前走から中2週で時計はこの1本だけですけど、軽快な走りで特に変わりない印象です。

キャプテンペリー 評価:B

12/10(木) 美浦南W (良) 強め

【 6F82.8-67.7-53.1-39.3-12.5 】

Wコース3頭併せ。僚馬の内を1.0秒追走して0.1秒先着。コーナーでは僚馬2頭が馬場の外目、追走していたキャプテンペリーが真ん中あたりを回ったので、直線では3頭が横一列に並ぶ形。追い出しもワンテンポ早かったこともあってそのまま頭差先着しました。前肢の捌きは鋭くていいと思います。

全体時計はまずまずで、ラスト1F12.5は終い好時計。これまでのところラスト1Fに好時計を出すようなタイプでもないので、時計が正確ならなかなかよさそうです。ただこの中間はこれまでに比べて乗り出しが若干遅いので、最終も好調を示す走りに期待です。

リオンディーズ 評価:C

12/9(水) 栗東CW (良) 馬なり

【 5F66.9-52.1-38.5-12.7 】

Wコース2頭併せ。僚馬の内を0.8秒追走して0.4秒遅れ。コーナーを深く回って直線に入り、直線で一旦馬体が並ぶも一杯に追った相手に突き放されて2馬身遅れました。もっとも0.8秒追走しているぶんもありますし、追い出すことはなく馬なりのままだったので特に先着する気もなかった様子。

時計はまずまずで、前走新馬戦時の一週前よりは全体時計が出ています。前走から中2週で2本の時計にプールも多く取り入れて調整しているので、特に問題のない調教過程です。もっとも中2週のためかこの一週前は時計を出す気がないような内容なので、最終はもう少し直線でいい伸び脚を見せてほしいかなと思います。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、順調だと思う
エアスピネル
A ⇒ ボールライトニング(11着)でした
ショウナンライズ

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
アドマイヤモラール
シャドウアプローチ
ハレルヤボーイ
キャプテンペリー

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
シュウジ
リオンディーズ

D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
イモータル

一週前の時点での追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。坂路でグイグイといい伸び脚。順調に稽古を消化しています(*´ω`)

以上、朝日杯フューチュリティステークス2015の一週前追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です