【アーリントンカップ2016】最終追い切り・調教評価

arlingtoncup02

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

アーリントンカップ2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

ボールライトニングは栗坂で好時計。馬場が荒れた時間帯にサクッと凄めの時計を出しました。

アーバンキッドは南Wで終い好時計。反応よくグイグイ伸びました。

ロワアブソリューは栗坂でなかなかの好時計。前走から中2週でもビッシリと攻めています。

ヒルノマゼランは栗坂でなかなかの好時計。中1週でも硬さはまったく感じません。

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 追い切り評価は個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

ボールライトニング 評価:A

2/24(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 50.9-37.3-24.5-12.1 】

栗坂2頭併せ。開門から40分後ぐらいの馬場が荒れた時間帯に馬なりのまま素晴らしい好時計好ラップ。荒れ馬場に苦戦して脚を取られながらも掻き込みは力強く、ラストまでしっかりと伸びて1馬身ほど先着しました。

前走朝日杯フューチュリティステークス11着から約二か月強、放牧先のノーザンファームしがらきから2/4(木)に帰厩して7本の時計にプールも併用しています。乗り込み量はまずまずです。

一週前は栗坂一杯で【 51.1-24.9-12.6 】の自己ベストを1.5秒更新する好時計。開門から50分後ぐらいの馬場が荒れた時間帯にこの時計は立派です。最終も馬場が荒れた時間帯に更に上の時計を馬なりでサクッと出してきました。ここまでの時計が出る馬ではなかったですし、昨年と比べれば随分とパワーアップしているのを感じます。グッドです(*´ω`)

アーバンキッド 評価:A

2/24(水) 美浦南W (稍重) 馬なり

【 6F85.5-69.4-54.6-39.7-12.3 】(6)

南W3頭併せの内。直線は馬体が並んだところで肩にステッキ一発。即座に反応してグイグイ伸びました。併走馬2頭をまったく問題にせず、力強く小気味いいフットワークで1馬身半ほど先着しました。

前走ジュニアカップ2着から中7週、放牧先のノーザンファーム天栄から2月上旬頃に帰厩して5本の時計を出しています。2走前の中8週ひいらぎ賞500万下2着時よりも1本多く時計を出しているので乗り込み量は問題ないです。

一週前は美坂一杯で【 54.5-25.6-12.7 】のまずまずな時計も併せ馬で1馬身遅れ。最終は一週前に一杯に追った効果が出たのか南Wで終い重点終い好時計。ラスト1F12.3はもちろん評価できる時計で、回転速度の速い四肢の動きも素晴らしく。これは好調だと思います。

ロワアブソリュー 評価:B

2/24(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.6-38.0-24.8-12.5 】

栗坂2頭併せ。前走きさらぎ賞時の追い切りと比べると頭が高くリズムの刻み方がイマイチかなーとは思いますけど、脚元にはいい意味で荒々しさがあります。終いに一杯に追われてしぶとく脚を伸ばし、併走馬を置き去りにして大きく先着しました。

前走きさらぎ賞7着から中2週で2本目の時計を出しています。前走後も緩めずに稽古を続けているので乗り込み量は問題ないです。

一週前は栗坂強めで【 52.9-25.4-12.8 】のまずまずの好時計も、併せ馬でクビ差遅れました。最終は栗坂一杯でなかなかの好時計、併せ馬で大きく先着も、ラップ的には前走時の最終栗坂末強め【 52.7-24.6-12.3 】のほうがよかったのかなと。ただ全体時計は出ていますし、中2週でもビッシリとやれているのは元気がある証拠。追い切りで動けていた前走時に引き続き一定の状態はキープできていそうです。

C ⇒ (シゲルノコギリザメでした) 評価:A

2/24(水) 栗東坂路 (良) 一杯

【 52.8-37.9-24.9-12.7 】

栗坂単走。ハロー明けから300頭近くが走った後の馬場がボコボコに荒れた遅い時間帯。脚を取られながらも一杯に追われてしぶとく粘り、なかなかの好時計を出しました。

前走から中3週で3本の時計を出しています。使い詰め状態でも意欲的に時計を出しています。

一週前はハロー明けから350頭以上が走った後の遅い時間帯に栗坂稍一杯で【 51.8-25.2-13.0 】の全体好時計。最終も同じ時間帯にラスト2F24.9の好時計。一週前も最終も速い時計が出にくい時間帯に追い切って好時計が出ているので地味に高評価です。間隔が詰まっていても相変わらず好調だと思います。グッドです(*´ω`)

オデュッセウス 評価:B

2/24(水) 美浦南W (稍重) G前仕掛け

【 5F70.9-54.2-39.3-12.4 】(9)

南W単走。馬場の外ラチ沿いを走って直線に入り、ゴール前で強めに追われて軽快な伸び脚。終い重点で終い好時計が出ました。力強さには欠ける印象も、俊敏に動けているので悪くはないです。

前走クロッカスステークス2着から中3週で5本の時計を出しています。間隔が詰まっていても意欲的に時計を出しています。

二週前は美坂馬なりで【 55.8-25.3-11.8 】の終い好時計。一週前は南W強め馬場の八分目で【 6F84.0-39.8-13.1 】のまずまずな時計。最終は南Wで終い好時計と、悪くないこの中間です。中3週で叩き2戦目なので長めからビッシリと負荷をかけなくてもいいでしょうし、最終はこの馬なりに軽快に動けています。欲を言えばもう少しパワフルな走りができればとも思いますけど、まあ前走以下なんてことはないでしょうね。

ダンツプリウス 評価:C

2/24(水) 栗東CW (良) 一杯

【 4F51.4-37.5-12.6 】(8)

CW3頭併せの真ん中。直線は1馬身先を行く内の併走馬を目標に一杯に追い出されるも、反応が鈍く伸びを欠きました。ステッキを数発入れて相手に手加減してもらってようやく差を詰めクビ差遅れたところがゴール板。さらに鈍かった外の併走馬には1馬身先着しました。

前走ジュニアカップ1着から中7週、放牧先の宇治田原優駿ステーブルから1月末頃に帰厩して6本の時計を出しています。乗り込み量はなかなか豊富です。

一週前は栗坂一杯で【 52.1-24.2-12.4 】の好時計を出していたので最終もサクッと好時計を出してくるかと思っていたら、追っても追ってもモタモタしてピッチがあがりませんでした。直線の反応の鈍さは気になる材料です。ただ半マイルとはいえ4F51.4はなかなかの好時計。一週前も好時計なので悪くはないものの、最終追い切りからは体が重たそうな印象を受けます。

ヒルノマゼラン 評価:B

2/24(水) 栗東坂路 (良) 馬なり

【 52.2-37.8-24.6-12.5 】

栗坂単走。馬場が荒れ出した時間帯でも集中力を保った優等生な走り。終いに軽めに仕掛けられて脚色鈍ることなくなかなかの好時計を出しました。

前走こぶし賞500万下1着から中1週なので時計はこの1本だけです。

デビュー戦時から栗坂で51秒台を出していた馬で、CWでも好時計が出ていたのでおそらく攻め駆けするタイプだと思います。もちろん成績も伴っているので稽古だけ動くタイプではなく、地力があるから稽古でも動くタイプといったところでしょうかね。今回もなかなかの好時計で、中1週でも硬さはまったく感じません。むしろ力強さにはやや欠ける印象も、柔軟性は十分にありそうな脚捌き。中1週だからと割引く必要はなさそうで、一定の状態はキープできていそうです。

追い切り評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
ボールライトニング
アーバンキッド
C ⇒ シゲルノコギリザメ(12着)でした

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
ロワアブソリュー
オデュッセウス
ヒルノマゼラン

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
ダンツプリウス

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのCです。この中間も馬場が荒れた遅い時間帯に好時計が出ています。ボールライトニングも同様に好調でしょうけど、この馬も地味に好調だと思います(*´ω`)

以上、アーリントンカップ2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

【 追記2/26(金) 】

アーリントンカップの予想、更新しましたー。

【アーリントンカップ2016予想】追い切りと展開重視です

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です