【AJCC2016】最終追い切り・調教評価【アメリカジョッキークラブカップ】

ajcc2016-train

みなさま、こん××は(。・ω・。)ノ゙

アメリカジョッキークラブカップ2016の最終追い切り・調教評価をお届けします。

サトノラーゼンは坂路で終い好時計。ディサイファは坂路で安定感のある走り。マイネルフロストは南Wで平凡な時計…も、間隔が詰まっているので時計を出す意思がなかったのかなと。3頭とも力が出せる状態にありそうです(*´ω`)

評価基準

S:時計も内容も調教過程も文句なし!
A:ほぼ文句なく、好調だと思う
B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
D:あまり良くないと思う or 強調できる点がほぼなく、不満がある
E:調子悪そう or 大きな不満がある

※ 追い切り評価は私個人の判断によるものです。参考程度にお願いします。

サトノラーゼン 評価:B

1/20(水) 栗東坂路 (重) 一杯

【 53.9-40.1-25.2-12.1 】

栗坂2頭併せ。雪が降る中での追い切りで、終いに一杯に追われてグイッとひと伸び。力強い足捌きで1馬身半ほど先着しました。

前走菊花賞5着から約三か月、6本の時計で乗り込み量はまずまずです。菊花賞後はノーザンファームしがらきに放牧に出されていたと推測されます。この中間は一週前にCW末強め【 6F86.0-38.9-12.1 】の終い好時計、最終も坂路で終い好時計を出しているので悪くない印象も、休み明けなので長めからビッシリ感のある好時計が1本でもあればなーといったところ。もっとも最終の動きは雪の影響を感じさせない力強い伸び脚を見せてくれたので、万全とは言えないまでも態勢自体は整ったと見てよさそうです。ちなみに最終が坂路だったことはこれが初めてになります。おそらく雪の影響でいつものCWは取りやめたのでしょうね。

ディサイファ 評価:B

1/21(木) 美浦坂路 (良) 末強め

【 54.2-39.3-26.0-12.9 】

美坂単走。美浦は雪の影響はナシ。前肢を大きく前に出した力強い掻き込みで、多少馬場が荒れ出した時間帯でも軸がブレることのないしっかりとした走り。時計はまずまずといったところではありますけど、動き自体は安定感があっていいです。

前走金鯱賞2着から中6週で5本の時計を出しています。本数はまずまずです。中間に好時計が1本もないのは気になるものの、この最終の動きなら特に問題ないのかなと。前走金鯱賞時は平凡な時計で2着に好走しましたし、それと比べればまだ今回のほうがよさそう。最低限、前走と同等の状態にありそうです。

マイネルフロスト 評価:B

1/20(水) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F70.0-54.2-38.9-12.8 】

南W2頭併せの内。直線は僚馬の1馬身後ろから並びかけ、軽く仕掛けられてジワッと加速。ラストは同入でした。

前走中山金杯2着から中2週、2本の時計で本数は問題ないです。この最終はいつもの馬場内目で動き自体はまずまずよさそうな印象も、時計が出ていないのが気がかりです。2走前金鯱賞4着時も前走中山金杯2着時も最終で好時計を出していて、休み明けを2度叩かれて調子が上向いている感がありました。それと比べると物足りない時計も、間隔が詰まっているので速い時計を出す意思がなかったのかなと。5F66.3の好時計を出していた前走時ほどとは思いませんけど、まずまず動けているので変わらず力が出せる状態にはありそうです。

ライズトゥフェイム 評価:B

1/21(木) 美浦南W (良) 馬なり

【 5F70.3-54.9-40.2-13.8 】

南W2頭併せの内。軽く流す程度の内容で、直線は僚馬の1馬身後ろから徐々に加速。追い出されることはなく馬なりのまま差を詰めてラストは同入でした。

前走中山金杯4着から中2週、2本の時計で本数は問題ないです。この馬は休み明けでもなければ軽い稽古に徹することが多く、中2週の今回は当然の如くド軽い稽古内容です。全体も終いも緩すぎる時計なので他の馬だったら評価できないですけど、この馬の場合はこれが平常運転。変わらずに素軽い走りができているので特に評価を落とすことはなく、今回も展開ひとつで好走可能だと思います。

A ⇒ (ショウナンバッハでした) 評価:A

1/21(木) 美浦南W (良) 強め

【 5F68.5-51.4-37.2-12.3 】

南W単走。直線で強めに追われて鋭い伸び脚。馬場が綺麗に整地されているように見えるので時計が出やすい時間帯に追い切ったのだと思いますけど、それを差し引いても好時計、いい伸び脚を見せました。

前走から約二か月弱、6本の時計で乗り込み量は問題ないです。一週前は美浦南W一杯で【 6F80.3-38.0-13.1 】の好時計。馬場の四分目とはいえ長めからしっかり負荷をかけて全体好時計を出しました。最終も後半のラップが素晴らしいです。これなら好仕上がりと言えます。グッドです(*´ω`)

スーパームーン 評価:B

1/21(木) 美浦坂路 (良) 強め

【 54.5-39.1-24.9-12.4 】

美坂2頭併せ。僚馬は後述ルルーシュ。ラスト2Fからペースをあげてスピード感のある走り。強めに追われてしっかり脚を出し切りラストは同入でした。ハロー明け直後の時間帯とはいえラスト2F24.9はなかなかの好時計です。

前走ディセンバーステークス2着から中4週、4本の時計で乗り込み量はまずまずです。中間の時計はそれほど目立たないものの、この最終は強めに追われてグイグイといい伸び脚。これなら2戦連続の好走があってもよさそうです。

ルルーシュ 評価:B

1/21(木) 美浦坂路 (良) 馬なり

【 54.7-39.3-24.9-12.4 】

美坂2頭併せ。僚馬はスーパームーン。こちらは豪快なフットワークで馬なりのまま余裕の同入でした。0.2秒先行していたぶんもありますけど、見た目の上ではスーパームーン以上に動けています。迫力のある走りです。

前走札幌記念13着から約一年五か月、12月上旬に帰厩して12本の時計を出しています。休みが長いですけど一応の乗り込み量は豊富です。以前から稽古では動くタイプなのでこれぐらいの走りができて当然という感じもあるんですけど、長い休み明けでこれだけ動けていれば侮れない存在になるかもしれません。

ヤマニンボワラクテ 評価:A

1/21(木) 栗東坂路 (不良) 一杯

【 52.5-38.3-24.9-12.3 】

栗坂2頭併せ。僚馬を0.8秒追走する形でコースに入り、終いに一杯に追われてグイッとひと伸び。3/4馬身ほど先着しました。

前走迎春ステークス1着から中1週、時計はこの1本だけになります。その間にいったい何があったんだかわかりませんけど最終はこの馬比較で素晴らしい好時計で、これだけ見事な加速ラップを刻んできたことは過去に一度もありません。不良馬場で自己ベストを更新、追われてからの伸び脚もいいのでこれなら言うことなしです。グッドです(*´ω`)

スズカデヴィアス 評価:C

1/21(木) 栗東坂路 (不良) 末強め

【 52.6-38.6-25.3-12.6 】

栗坂2頭併せ。頭が高いのは気になるものの、末強めで1馬身ほど先着。安定感のある走りでまずまずの伸び脚を見せました。

前走ステイヤーズステークス8着から中6週、6本の時計で乗り込み量は問題ないです。1月5日に栗坂強めで【 52.0-25.1-12.6 】の好時計。最終も不良馬場にしてはまずまずの好時計も、近走は坂路で51秒台を出してくることが当たり前だったのに今回はそれがありません。ラスト2F24秒台も1本もありませんし、時計的にはやや物足りなさが残ります。

評価まとめ

A:ほぼ文句なく、好調だと思う
A ⇒ ショウナンバッハ(3着)でした
ヤマニンボワラクテ

B:やや不満な点もあるが、なかなか良いと思う
サトノラーゼン
ディサイファ
マイネルフロスト
ライズトゥフェイム
スーパームーン
ルルーシュ

C:至って普通な感じ or 良い点もあるが不満な点もある
スズカデヴィアス

今回の追い切り一番馬!は人気ブログランキングのAです。一週前も最終も南Wで好時計。これなら状態に不安はありません(*´ω`)

以上、アメリカJCC2016の最終追い切り・調教評価でしたー。

競馬のさんぽ道:追い切り予想ブログ

コメントをどうぞ(。・ω・。)ノ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です